きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

≫ EDIT

東京さくらトラムは紫陽花の季節

大阪を中心に大きな地震があり、死傷者が多数出ているようだ。まずは亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々へお見舞い申し上げたい。
地震の規模そのものは大したことなかったものの直下型だったために揺れが大きくなり、被害が拡大した。最大震度は6弱なので十分大地震と呼ぶべきものだろう。この地域は外人、中でも韓国人観光客の人気が高く、運悪く居合わせてしまった人も多かったのではないだろうか。彼らの国では驚くほど地震が少ない。昨年、浦項というところでM5.4の地震が起きて大騒ぎになった。かの国では観測史上最大級の地震で大きな被害が出たのだが、日本でいう震度にすると3か4程度だったらしい。日本だと「ああ揺れましたね」程度の出来事だが、これは世界の非常識だってことだ。昨今は政府もインバウンド呼び込みに躍起だが、日本にはこういう恐ろしいことがあるんだということを正直に伝えていく責任もあるはずだ。
そしてどうしても阪神大震災を思い出してしまうわな。今回の被害が当時より限られているのは地震の規模のみならず教訓が活かされているからだと思うが、まだまだ不十分だ。
かねがね思うんだが、もうインフラ拡大に走るより、現在あるものを維持・向上させるべき時期に来てるんじゃなかろうか。昭和の時代に野放図に造りまくったものが今になって重荷になり、危険の元になったりしている。維持・管理は建設より地味だから予算がつきにくいとかあるのかもしれないが、もうそういうゲスい考えはやめるときだ。大事なことは何なのか、みんなで考えなければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1130115.jpg

という時節でもあるので、今日の本編は言葉少なに地味なネタにした。恒例の梅雨と都電である。
紫陽花は好きな花だ。根暗な性格なので、雨に映える、特に青紫の花が好きだ。向日葵みたいな、日差しを燦々と浴びて元気一杯みたいな花は、見てると逆に鬱になる(-_-)
沿線にも多くの紫陽花があるが、意外と電車とは合わせにくい。写真は、今の都電で一番好きな7701号車だが、現在、ヘッドマークを付けて運行している。

P1130117.jpg

こんなやつだ('A`) おいてめー、さくらトラムへようこそとか言いつつ、身を飾ってるのは薔薇ぢゃねえのかよこら(←密かに背景もだ背景もw)。多分だが、沿線のことを最もよく知っている荒川車庫の中の人たち自身にやっちまった感が最もあり、それを踏まえたデザインなんじゃないかと思う。もちろんそれは彼らのせいじゃないし、ヘッドマークそのものはとっても綺麗にかわいくできているので、もっと天気のいい時に撮り直したいと思った。

P1130135.jpg

そして例によって大塚駅前に移動し、何枚か撮った。以前、過労で倒れて臥していた時、回復を試すために必死こいてやってきたのが梅雨のこの辺りだったっけ。「ああまだまだ全然ダメだ」とガラケーで1枚だけ撮って帰宅したもんだった(←重くて一眼レフが持てない)。そう考えると、だいぶ体調も良くなった。

P1130180.jpg

雨の日、慌ただしく行く人をぼんやり眺めるのが好きだ。以前も書いたと思うが、ぱっぴいえんどの「12月の雨の日」に出てくる「流れる人波を僕は見てる」っていうフレーズにすごく共感する。仲間はいるのかなと雨の日の都電を撮った動画をうpしたことがあるがさっぱり伸びなかった('A`) 一般的な感覚とは、やっぱりずれてるんだろうな。

P1130133.jpg

まあいいんだ。共感してもらいたいとか思うから疲れるし、自分の言いたいこともしたいことも自主規制してしまう。そんなのはつまらん。したいことをやらせてくれよ、君の邪魔はしないからさ。

P1130110.jpg

でも一方それはそれとして、ファインダーの中の人物がJKかなんかだったらより絵になっただろうなとか思ってしまったりはするわけだ |∀・) やれやれ、なんだかんだ言っても結局は俺も俗物だ。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】相模線北茅ヶ崎駅/野天湯元 湯快爽快 ちがさき

すっかり梅雨空だが、「ネトウヨ春のBAN祭り」はまだ続いてるみたいだな('A`)
某巨大掲示板の一部住人が、ヘイト認定したつべのチャンネルを潰して回っている。アカウントを停止されることを「BAN」と呼ぶんだそうだ。日頃見ていたチャンネルが次々とBANされていくのを見て、薄ら寒いものを感じている。
まあ確かに私が見ていた動画の中には余裕で地上波コードに引っかかるようなどぎつい表現もあった。ただし話の筋は通っており、単なる誹謗中傷ではなかった。
嫌いなものを嫌いと言う自由はあるべきだ。とはいえ、例えば「おまえの○○○なところが×××だから嫌いだ」などと具体的かつ理路整然と言い放つと、それが正しければ正しいほど言われた者の胸にグサリと突き刺さり、深く傷つけるのもまた事実だ。だがそれはヘイトスピーチだろうか?
世間でいうヘイトスピーチの中には、言われた側の主観によってそう認定されるものがあるように思う。一方、相手に改善を期待してする非難もある。忠言というやつだ。だがそれに反発することしかできない者にとって、「耳の痛い話」は「ヘイトスピーチ」でしかない。悲しいことだ。
もちろん、単なる罵詈雑言とか虚偽中傷とかの言葉が許されないことはいうまでもない。彼らが祭りの名前に銘打っている「ネトウヨ」なんかはその典型例だろう。誰であれ、いま自分が何をやってるのか、常に認識している必要はあるよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1120701.jpg

夕闇迫る北茅ヶ崎駅で下車した。天下の茅ヶ崎駅から相模線で1駅行くだけで雰囲気はすっかり郊外となり、一般的な「茅ヶ崎」のイメージは乏しい。

P1120707.jpg

電化の際に新製投入された205系500番台が現在も走り続けている。平成3(1991)年の電化以前はキハ30系列の気動車が走っていた。一挙にグレードアップされた当時は驚いたものだったが、現在でも単線のままでダイヤもゆるく、のどかさは残されている。

P1120711.jpg

さて、今回訪問した湘南茅ヶ崎温泉・野天湯元 湯快爽快 ちがさきだが、駅を出て線路沿いを歩いてすぐ。これこそ駅前温泉という至近っぷりだ。または茅ヶ崎駅との間を無料の送迎バスが結んでいるので、それを利用してもいい。

P1120715.jpg

線路から近すぎて建物の全景が撮れないw こうして見ると伝わらないが結構奥行きがあるので、普通のスーパー銭湯くらいの規模と考えていい。
ナトリウム-塩化物強塩温泉の湯はぬるめで、これが一般人の好みなんだろうな。銭湯の42度の湯に慣れているとどうも物足りない。とはいえ、この手の施設のウリである各種の風呂は1回行っただけでは回りきれないだろう。休日の夕方ということで最も高い時間帯だったがそれでも850円。地元の人なら平日とか夜間を狙えばもっとリーズナブルに楽しめるのだから羨ましい。

IMG_0656.jpg

食事コーナーがやけに賑わっていた。こういうところの飯はそこそこというイメージだが、ここのはいい素材を使い、美味いものが出るみたい。家系ラーメンがあれば試してみようかと思ったけどなかった |∀・) それでいてサンマー麺はあるんだから侮れない。
というわけで食事はしなかったが、代わりに売店で良選茶を買った(20パック入り1300円)。これ、1パックでたっぷり2リットル作れるから結構コスパはいいし、今まさに飲んでるけどうまいですわ。酒浸りで不健康の極みの私だが、これで健康になれるかな。お、今、焼酎割が美味いらしいという情報が入ってまいりました。よし試してみるか…ダメじゃん('A`) (イノテツ)

| 駅前温泉紀行 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大塚のれん街〜都電沿線で異色の再開発

P1120071_201805210118560ba.jpg

例の登山グループで大菩薩嶺に行ってきました♪
週間予報に反して好天に恵まれ、上日川峠〜唐松尾根〜大菩薩嶺〜大菩薩峠〜上日川峠という極めてオーソドックスかつ緩いコースではあったものの、2000m級の爽快な山行を楽しむことができました。トウゴクミツバツツジ(←メンバーの方に教えていただいたばかりの知ったかぶり)がまさに花期であり、笹と唐松の合間にぼんやり浮かび上がる赤紫には妖しさを感じるほど。また、ブナをはじめとする新緑も美しく、陽光に透ける様は絵葉書に出てくるような光景。ただ、この感動を写真にとバシャバシャ撮っても、例によってろくな絵にならんのでした。やっぱり現場で見るのが一番です。
大菩薩には過去にもう何度も訪れましたが、孤独癖の私は常に単独行。かつては、塩山駅から麓の裂石(さけいし)までバスで行き、そこから歩くしかありませんでした。裂石〜上日川峠は歩くと2時間ほどかかり、車道を行く車を眺めながらの行程にはいささか泣けるものがありました。近年は栄和交通が甲斐大和駅〜上日川峠間にバスを走らせており(不定期運行)、これを利用すると日帰りも十分可能です。それでも、上日川峠や赤い事件で有名な福ちゃん荘あたりでテントを張ってまったり一泊すれば、これからの季節、贅沢な週末の過ごし方になるでしょう。
前回来たのは何年前だったかの厳冬期、マイナス20度の福ちゃん荘でテントを張ったときで、結構本格的な冬山気分でした。ところが、今回来てみたらツアー客のゾロゾロっぷりに驚愕。この数年で時代が変わったのかな。確かに素晴らしい山なのですが、百名山ブランドに踊らされてねえかと内心思ったりもしたのでした(←おめーもだおめーもw)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_1531.jpg
P1120152.jpg
上・平成24(2012)年8月/下・平成30(2018)年5月

ここのところ凝ってる定点撮影。先日に引き続いて大塚駅前なのだが、今回は北口だ。先日は、撮影がうまくいかない理由を3つ挙げた。
1.思わぬところに構造物ができてしまう
2.定点に立てない
3.そもそも定点がどこだか分かんない('A`)
そしてここにもう一つ足さねばなるまい。
4.ていうかどうやって撮ったか忘れた\(^o^)/

デジタル時代になり、基本的なデータは画像ファイルに保存されている。だが、それだけでは分からないこともある。
年月を経るうちに使う機材が変わることも大きな原因だろう。以前にぶっちゃけたが、一眼レフを持ち歩くのが体力的にきつく、ミラーレスに持ち替えている。無駄口枠でも書いたように登山も趣味であり、ごつくデリケートなカメラは厳しいのだ。実際、一眼レフの頃は魂が怖気づき、山に行く回数が有意に減った('A`) 同じ場所で同じ画角で撮ったはずなのにこうも違う絵になるのはレンズの違いなんだと思う。

さて本筋に入ろう。旧景の都電7022は昨年引退したが、実は除籍されたわけではなく現在も荒川車庫にいる。新景のように7700形が後を引き継いでもいるし、往年の名車・7000形が消えた! というショックは意外と小さい。こうして昼間の写真を見る限り、最も目立つ変化は中央左のビルなわけだが、これはマンション(ba03)である。この辺り、山手線の駅に近いにも関わらず古民家が多く残っていた。空き家も増えており、地元・山口不動産による再開発が進行しているのだ。最も目立つのは、写真の左外側に建ったビル(ba01)で、飲食店のほか、星野リゾートのホテル「OMO5東京大塚」が入る。新景で左端のたこ焼き屋が影になっているのはこのビルによるものだ。
まあここまでは世間でよく聞くタイプの再開発である。

DSC_7698.jpg
P1120108.jpg
上・平成27(2015)年11月/下・平成30(2018)年5月

底辺の私が注目したのはもちろんそこではない。ba01のビルと都電の線路を挟んで整備された飲み屋街(ba02)である |∀・) 旧景はほんの3年前。定点写真というには「熟成」が足りないところではあるが、この変化をぜひご覧いただきたかった。路地の奥に都電が走っており、新景ではその向こうにOMO5東京大塚の明かりが見える。長らく営業していたコインランドリーはその後しばらくして閉店するのだが、そもそも建物そのものが老朽化していた。こりゃ近々取り壊して再開発だなと思い、旧景を撮影したのだ。夜を選んだのは侘しさを表現するためだったが、それが思わぬ形で奏功したわけである。
予想に反して取り壊しはなかなか行われず、それどころか一部に改装工事が施されてコーヒーショップになった。この店はまもなく撤退してしまうが、「取り壊さずに活かす」という発想がここで生まれていたことが分かる。ba01とba03の建設はそれ以前からとっくに進んでおり、それに挟まれたba02は後付けか、予定変更の産物だったのではないだろうか。
こうして改装は建物全体、さらに周囲の古民家にも及んだ。私が観察した限り、鉄骨を入れるなど建物の補強が施された一方、外壁の古びた味わいなどは極力残す方向で手が入れられたようだ。

P1120135.jpg

5月9日のオープン以来、入居した各店は若い層を中心に賑わっているようだ。もともとこの周辺は地味に飲み屋が多く、相乗効果を生んでいるように感じる。まあその一方で「やかましくなったわ(# ゚Д゚) 」というぼやきも漏れ聞こえてくるわけだが。

P1120140.jpg

こうして周辺で再開発が進む一方、立ち退かずに頑張っている家もある。ショーケースがあり、かつては商売をしていたのだろう。いい雰囲気の建物で、現在も人が住んでいて貴重だ。一方、この餃子屋の外壁に貼られたホーロー看板は中華の雰囲気を醸す目的だと思うが、その中華なのかという、なんか際どい意匠のものが多い。どうやらカオスな景色が形成されていきそうだ。これはこれで面白そうであり、工事の推移を見守っていきたいと思っている。



こちらが動画で、オープン当日の9日と、その最初の週末の12日に撮影した素材で編集している。チンドン屋や獅子舞が繰り出すなど、賑々しい様子と都電の絡みをご覧ください。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 09:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京さくらトラムは薔薇の季節

P1110705.jpg

以前もここに書いたことがあるかもしれませんが、「カルーアミルクのようなもの」です。以前のものはインスタントコーヒーを甲類焼酎と牛乳でシャカシャカ混ぜたものでした。前と何が違うのかというと、撮影時、カメラのホワイトバランスをいじりました |∀・) 自分ちの台所も、色合い次第でオサレに見えるもんですね。
あと、インスタントコーヒーを液体の濃縮コーヒーに替えました。これは最近各社からペットボトルのが出ていて、中でもジョージアブランドのものは6倍濃縮と他社のものより濃いため、より焼酎と牛乳の比率を上げられ、濃厚なカクテルに仕上げることができます。シャカシャカせずとも綺麗に混ざる上、なんといっても香りがいいです。
これ、本当に美味いのでつい何杯も飲んでしまいそうですが、6割は牛乳でできているわけで、飲みすぎれば当然太ります('A`) 牛乳を低脂肪乳とかに置き換えるのも一手ではあるのですが、やはりコクと香りはかないません。健康志向の向きには豆乳に置き換えるのもいいでしょう。何杯も飲もうとは思わなくなるので、むしろお薦めかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここのところは鬱の症状も安定、このGWは旅行にでもなどと思えるほどだったのだがやっぱりダメだった。前半こそ実家で野良仕事などしていたものの、中日は本業の仕事、そして後半は引きこもりという見事なダメっぷりを晒すのだった(-_-) とはいえ食料もなくなってきたし買い出しには行かねばと、6日の午後になってようやく外に出た。

DSC_3630.jpg
P1110708.jpg
上・平成21(2009)年6月/下・平成30(2018)年5月

この際、課題にしていた定点撮影が1組できたのでご覧いただきたい。
旧景は9年前。前回うpしたものより大塚駅南口の変貌ぶりが掴みやすいと思う。架線柱のほか、右下のガードレールは歪み具合まで変わっておらず絶好の目印になった。駅ビルが建ち、JRの高架や都電の電停入り口が大きく隠されてしまったのが最も目立つ点。旧景上部には、先日取り壊された大塚ビルが見える。中央左のバス停は移設され、地下駐輪場の出入口ができた。タクシーだまりも移設されベンチのある広場になったことは前回も書いた。あとはあれだな、左下に箱が設置されてしまったのは絵的に痛かった('A`) 変わったもの、変わらないものを対比でき、定点写真としてもなかなか面白いものになったと思う。
この撮影で最も苦労したのは実は高架を走る山手線。面白いほど都電とタイミングが合わないのだ。手前の貨物線の列車でもいいってことにしたのだが、それでも2時間以上粘って一度もタイミングが合わず断念。今回の新景は再挑戦してやっと撮ったものだ。今度はポイントに立って最初に来た電車でタイミングが合った。不思議なもんである。

P1110723.jpg

さて、沿線は今、薔薇の見頃を迎えている。儚く散る桜と違い、薔薇は種類を入れ替えながら1ヶ月ほど見頃が続く。秋に咲くものもあるので、沿線をイメージする花というとまずはやっぱり薔薇が思い浮かぶ。誰だよ愛称を「東京さくらトラム」とかに決めたのはw

P1110712.jpg

地道な管理の賜物だろう、見事に咲き乱れており、気が沈んでいても目を奪われるものがあった。ただ、電車と合わせて撮るのが難しいのだった。うまく構図に収めることができない。

P1110724.jpg

困り果てて、結局電車の入らない写真を撮ってみた。これは動画向きだなと思ったがあいにく風が強く、穏やかな雰囲気が出せそうになかったので日を改めることにした。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 01:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松戸浅間神社と常磐線

JR市川駅と松戸駅間を走るバスに乗ったとき、こんもり繁る森と、その下を走る常磐線を見下ろせる跨線橋があるのが目に留まった。そこで、次にそのバスに乗る機会があったときに立ち寄ってみることにした。
こんもり繁る森は松戸浅間(せんげん)神社だった。
掲示されたご由緒によれば、創建は天保4(1647)年。木花開耶姫命と源義家をご祭神に祀るとあるが、源義家は近くにあった白旗神社を合祀した際に、この神社に祀られるようになったということだ。
山全体が富士塚で、拝殿に向かう石段のわきに1合目から9合目までを示す号目石が建てられている。

丁石

以前行った富士浅間神社ほどではないにしても、ここもかなりの段数の石段を登った
先に拝殿があった。

松戸浅間神社拝殿

以前、イノテツ氏が九州の宇美八幡宮(だったと思うが記憶が定かではない)のご神木であるクスノキを紹介されていて、その圧倒的な迫力に息を飲む思いをしたものだったが、ここのご神木もクスノキだ。

ご神木

その九州の神社ほどの迫力はないにしても、それでも樹齢100年は超えているだろう。
ご神木にクスノキが多いのは、これも受け売りながら、その常緑が命の永遠性を象徴すると同時に、しっかりと地面に根を張ったクスノキは、防風林として神域を守るものとされてきたためだそうだ。あわせて、クスノキは空気を浄化するとされているので、神域に相応しい木と言えるかもしれない。
山を降りた後、バスから見えた跨線橋に向かう。
跨線橋は絶好の俯瞰ポイントなのだが、高いフェンスに阻まれて撮影が難しかったので、少し下がったあたりから撮ってみた。

常磐線1

常磐線2

向こうの森が浅間神社だ。
この小高い森は、元々は市川国府台から続く下総台地とつながっていたそうだが、江戸川によって断ち切られて独立した小山となったとか。
またこの森は、「極相林」として県の天然記念物に指定されている。
「極相林」とは、変遷を繰り返した後、樹種の構成がこれ以上変化しない状態となった森林のことを言うと、案内板に記されていた。
ここから松戸駅まではバスでも行けるが、歩いても30分くらいだというので、歩いて向かうことにする。
松戸は千住を起点とした水戸街道の最初の宿場町であっただけに、木造の古い構えの和菓子屋さんや呉服店、酒屋さんなども多く、馬頭観音も祀られていた。

馬頭観音

途中、松戸神社があった。松戸の名前が冠されているくらいだから、松戸の総鎮守かもしれない。そう思って、市民に混ぜてもらうご挨拶をしてきた。
今年3月に閉店した伊勢丹は建物がまだそのまま残っていて、その前から駅まで続く道の「伊勢丹通り」という名もそのままだ。
いささか疲れたので、その「伊勢丹通り」沿いにあった「サンマルクカフェ」で休んだ後、松戸駅から新松戸経由武蔵野線、さらに西船橋で総武線に乗り換えて、無事、家に帰り着いた。最近はちょっとしたお出かけでもなんだか疲れてしまう(タラ坊)。

| 未分類 | 11:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT