FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

≫ EDIT

夏の恒例、東武伊勢崎線隅田川橋梁を見に行く

またしばらく更新が滞ってしまったのですが、宣伝の時間です |∀・)
『電気機関車の100年』(交通新聞社)、これはすでに2週間ほど前に出たものなので、すでに手に取っていただいた方もおられるかもしれません。今回も、本文カラーページの全てのデザインとDTPを担当させていただきました。
もう今となっては機関車といえば貨物列車を牽引するものというイメージになってしまいましたが、かつては多くの旅客列車を牽引し、特に優等列車ではヘッドマークを掲げて疾走する、列車の顔のような存在だったわけです。
今回も、貴重な写真満載で内容もギチギチ詰め込んでますので、見た目以上に読みごたえのある一冊になっていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、もともと体が弱いこともあり、とにかく夏が苦手だ。雨が多く気温が低かった7月は助かったけど、梅雨が明けた途端例年通り生ける屍と化しており、人と会う機会以外はなるべく引きこもっている。ああ早く涼しくなんねえかな('A`)

P1210480.jpg

そんな中、ブログのメンバー3人で浅草に集い、恒例となったうな重を食う会を催した。うなぎは年々高くなっており、いよいよ普通には食えないものとなってきた。せめて年一回、イベントとして堪能するのである。
浅草に来たのは去年のこの集まり以来だったように思うが、名物の人力車が以前に増して盛況だった。内外の認知が進んできたのだろう。日本発祥ともいわれるこの乗り物がこうして現役なのはなんだか嬉しい。もっとも現在の人力車は純粋な交通機関ではなく、観光用のアトラクションに近い。車夫はガイドを兼ねているので、黙々と車を引いていればいいわけではない。

P1210482.jpg

このカオスな景観。でも、スカイツリーと人力車の取り合わせはミスマッチながら悪くない。
我々は例によって右端の金色のビルに向かった。隅田川を渡ると、水上バスや屋形船などの水運が健在であり、あらゆる乗り物に出会える街としても楽しめることだろう。

P1210399.jpg

金色のビル(アサヒビール本社)ぼ22階にある「展望ラウンジ アサヒスカイルーム」。東武伊勢崎線の浅草〜とうきょうスカイツリー間をバッチリ俯瞰できる。今年は夏の割に空気も澄んでおり、綺麗な絵が撮れた。中でも、隅田川橋梁をゆるゆる行く列車を見るなら、ここがベストスポットなんじゃなかろうか。
橋の手前になんかできつつあることにお気付きだろうか。歩道を増設しているのだ。これができると、浅草とスカイツリーを歩いて行き来する近道になる。電車を間近に感じられると思うが、多分撮影には不向きかな。

P1210407.jpg

どっかの国では不買運動だとかいってアサヒスーパードライの輸入がほぼ停止したとか。全くのとばっちりであるアサヒの受難を思ったわけでもなかったが、直営店ならではのうまいスーパードライを堪能した。

P1210390.jpg

我々が俯瞰の本を作った頃にはスカイツリーはまだ建設中で、無理やり電車と一枚の絵に収めることができた。しかし今となっては不可能であり、こうやって足元だけを入れて、その巨大さを強調するのが吉かもしれない。



今回は天気が良く、空気も澄んでいたので動画にまとめた。本当はスカイツリーの根元まで行こうかとも思ったのだが、暑くて萎えたので隅田川橋梁にフォーカスした編集にした。また、スカイルーム店内のカットは店のBGMなどが録音されておりやばいかなと思ったので音を絞り、私が若い頃書いたオリジナル曲をかぶせた。短い動画ですが、ゆったり眺めるようにご覧ください。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 23:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ことのついでの小湊鐡道

お盆休み初日の8月10日、また例によって富津まで行ったので、今回はその帰路、五井駅で途中下車し、小湊鐡道に乗ってきた。
小湊鐡道に乗るのも久しぶりだったけれど、その振動や警笛の音、匂いなど、やはり気動車はいいなぁと思った。
事前にネットで、「小湊鐡道ひまわり」で検索していて、五井駅から2つ目の海士有木(あまありき)駅近くにある西広堰農村公園がひまわり畑になっていることがわかった。以前、中井精也先生も、そこのひまわりと小湊鐡道の写真を「1日1鉄」に載せているらしいので、そこに行ってみることにして、海士有木駅で降りた。

海士有木駅

ネットでは駅から歩1分となっていたけれど、駅前に掲示された周辺案内を見ると、駅から2.3㎞となっている。取り敢えず行ってみようと歩き始めてはみたものの、市原は千葉でも格別暑いところだ。西日に照らされたアスファルトの道は、ゆうに40℃近くはあるのではないかと思われる暑さで、こんなところを2.3㎞も歩いたら、熱中症で倒れること必定だ。
そう思って行くのは止めて駅に戻った。
じっとしていても吹き出る汗を拭いながら、駅のベンチで列車が来るのを待っていると、やがて遠くに警笛の音が聞こえてきた。

海士有木駅ホームから

1両編成の列車は、一応冷房が入っているものの効きが悪く、暑い。
ことのついでにというのは、ビジネスの世界では「ついで商法」と言うけれど、何かを撮ろうと思ったら、それだけを目的にしないとやはりダメだなと思った。
台風は西にずれて、関東は直接の影響はなさそうなので、休み中に、これも久しぶりに皇居走りに行き、千鳥ヶ淵の戦没者墓苑にもお参りしてこようと思っている(タラ坊)。

| 未分類 | 11:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【鉄ヲタとアウトドア】西沢渓谷から三塩軌道廃線跡を歩く

P1200668.jpg

ダイエットしてるつもりなのに、痩せるどころかじわじわデブるわけです('A`)
あらゆる方法が一切効果を見せない中、今回、有意に体重が減りつつあるのが「自炊を増やすダイエット」です。フリーランスで1日の大半を自宅で過ごす私にとって、これはハードルの低いもの。イタ飯屋で働いてたこともありフライパンが振れるのもアドバンテージ。
そんなわけで作ったのがこのギトギトとんこつラーメン(的なもの)。いかにも濃厚な白濁スープ、表面に浮かぶ油、こんなもん食ってたらますますデブるわm9(^Д^)プギャー と思われがちですが、このスープの主成分は豆乳です。
実はこの豆乳を使ったとんこつラーメン(的なもの)は結構有名らしく、私もようやく試してみたわけです。作り方は簡単で、豆乳に和風のだし汁や味覇といった中華調味料、ニンニクやショウガなどの香味野菜をぶっ込んで数分煮込むだけ(詳しいレシピはググってね)。私の場合はその前段階で豚ひき肉をごま油で炒めました。そう、スープの表面に浮かんでいるのはごま油なのです。
で、味なんですけど、ズバリ美味いです。つべの某動画では「言われなきゃ豆乳だと分からない」と評されてましたが、私に言わせれば言われても分かりません |∀・) チェーン店で出てくるようなとんこつラーメンの味そのものです。ていうかチェーン店のとんこつラーメンはこうやって作ってるんじゃないのかと思っちゃうくらいです。チェーン店はケツまくってこれをメニュー化したら売れると思うよ多分だけど |∀・) その他、ヘルシーかつ美味そうなレシピがネット上には大量に転がっており、これらを真似っこしてればそのうち本当に痩せられるかもと希望を持った次第です。
具は先述のひき肉と、もやし、ニラとキクラゲ、干し椎茸。ニラはベランダで育てている自家製、干し椎茸も国産椎茸をベランダで干したもの、キクラゲはさすがに買ったものだけどやっぱり国産にこだわりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

強行軍で進めていたムックの件は、じきここで紹介させてもらえると思う。その間に中学校教科書2点の装丁や、カテゴライズし難い本の制作も進行中ではあるのだけれど、昨年後半から続いていた繁忙期にようやくひと段落ついた。これからはまた鉄分のある生活ができそうだ。でもネタゲットはこれからなので、まだペースは上がってこないかな('A`)

P1200046.jpg

登山に興味のない人でも上高地という響きに覚えがあるだろう。上高地はいわば北アルプスの玄関口である。登山者はさっさと立ち去ってしまうけれど大変魅力あるところだから、内外から多くの観光客が訪れる。私も一度ここで幕営をしたことがあるが、観光客が押し寄せる前の早朝、梓川と残雪の穂高連峰が見せる景色は生涯忘れ難いものだった。
同じく南アルプスの玄関口といえば広河原になると思うが思いっきり地味だ。観光目的で広河原を訪れる人は少ないだろう。いいところなんだけどな。
で、今回訪れた西沢渓谷なのだが、奥秩父の玄関口といえばここじゃなかろうか。奥秩父は主峰・金峰山(2599m)を擁し、「東アルプス」とも俗称される大きな山塊になる。
ここも多くの登山者はさっさと通り過ぎてしまう。以前の私もそうだった。だがそれはもったいないと今回初めて知った。

P1200085.jpg

ひたすら高みを目指すばかりが登山ではない。ときにはこうして渓谷に沿って岩場を登ったり下りたりを繰り返すのも登山だ。今回も一つも山頂を踏んでいないのだが、これも立派な登山だ。わざわざこう書くのは、上高地と違って一般観光客には危ないからだ。基本的な登山の装備と技術を備えてから踏み込んでほしい。
西沢渓谷のみを楽しみたいなら一方通行の周回コースが用意されており、今回は私もこれに従った。前半は渓谷沿いの岩場を行く道であり、そのどん詰まりにこの七ツ釜五段の滝が構えている。日本の滝百選に数えられるこの名瀑のみならず、道すがらにはいくつもの心奪う景色があり飽きさせない。青緑に透き通る水はどうしてこんなに美しいんだろうと考えたが、いいや、まずは楽しもうと思い直した。私はいつも考えすぎるのがいかんのだ。

P1200093.jpg

渓谷を渡り、対岸を登ると、この黒金山の登山口を目にする。30歳の頃だからすげえ昔だが、私は疲れ果ててここに下りてきたはずなのだが記憶が定かでない。あのときは乾徳山で一泊し、黒金山を経由して西沢渓谷に下りたのだが、途中で外人の夫婦に出会った。全く日本語が通じない。日本語が分かんねえでこんなところに来てんぢゃねえ(←当時は私も登山初心者)と思いつつ、遭難されても困るので、付いたり離れたり距離感に気を遣いながら、結局西沢渓谷のバス停まで案内した(←私も来たのは初めてだったけど)。
自慢じゃないが私はコミュ障だ。コミュ障だから会社勤めができない。そういう人間が他人に気を遣うと、もうそれでいっぱいになってしまう。現にこのときどんな景色だったかをほとんど覚えていない。「あの二人を無事に下山させなきゃ」。そればかりを思ってたことだけを覚えている。訪日外国人が思う日本人像の典型じゃないのか俺は('A`)
ゆえに、足元にこうして線路が敷かれていたことも全く覚えていないのだ。

P1200104.jpg

もちろん、このナローの線路に列車は来ない。三塩軌道という森林鉄道の廃線跡である。この山の中が今は山梨市になったが三富村、ここの木材を運ぶために中央本線の塩山までを結んでいた。廃止されたのは昭和43(1968)だというから50年以上前になるが、意外とレールは錆びきっていない。西沢渓谷周回コースの後半はこの廃線跡を辿る道となっており、現在でも多くの人が踏むからなのかもしれない。
鉄道としては廃止されても、こうして遺構が現役の登山道として生きているのは嬉しいものだ。ただ、登山道としても外れた区間の痕跡は希薄になりつつあり、朽ちていくのを保存しようという動きもない。そういうところを探訪している人もいるのでググってみてね。
というわけで、今回歩いたのは登山道として転用されている区間のみだ。線路が残ってるだけで充分貴重だったが、車両も遺っていた。

P1200123.jpg

これである |∀・) 車両といっても木材を積むトロッコであり、馬や機関車で引き上げると、下りは転がるだけだったのでブレーキしか付いていない。実際に歩いてみるとわかるのだが、実際にここを列車が走っていたのかと思うと実に危ない道で、下手にスピードを出しすぎると脱線し、谷底へ転落するようなこともあったらしい。

このような森林鉄道はかつて日本全国に敷設されていたが、道路網の発達や林業の衰退によって廃れ、現在は屋久島に残るのみとなっている。ただ、遺構はこのように各地に残るほか、保存鉄道として観光目的で運行されている例もあるので、調べて訪れてみるのも面白いだろう。例えば長野県の赤沢森林鉄道はこれから11月上旬まで運行してるみたいだよ(運休日もあるので注意)。



で、こちらがまとめ動画です。まあ、半分以上登山趣味に寄っているので鉄道趣味的には少々退屈かもね。でも、綺麗な景色が撮れているので結構癒されますよ。(イノテツ)

| 鉄ヲタとアウトドア | 03:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中央線に130周年記念ラッピングトレイン

P1200170.jpg

おかげさまで公私ともに多忙で、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。今後もうしばらくこんな状態が続くかと思われます。
いきおい引きこもりがちになる中、私が最近よく見ているのはつべのお料理動画。これで酒のつまみのレシピなどを学習して作ってみるのもなかなか楽しいものです。
写真は冷奴に「壺ニラ」をのせたもの。これはいいつまみになります。で、壺ニラとはなんぞやというと、まあ漬物ですね。某有名ラーメンチェーン店とかに置いてあるあれですよ。豆板醤・醤油・ごま油におろしニンニクやすりごまを加えた合わせ調味料に、ざく切りのニラを和えて、冷蔵庫でしばらく放置すれば出来上がり。火を使わないので、手軽にできる一品だといえるでしょう。
各動画ではボウルなどで材料を和えてますけど、私はめんどくさいので冷蔵庫にしまう容器の中で直接やってしまいます。市販のピクルスの空き瓶なんかちょうどいいですね。瓶の中で合わせ調味料を作り、さらにニラをぶっ込み、蓋をしてシャカシャカ振れば十分混ざります。
飯にのせたり焼肉で巻いたり、また本来の使い方であるラーメンの薬味として、幅広く使えるのが嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1190617.jpg

中央本線の新宿〜八王子間が明治22(1889)年に開業してから今年で130年を迎えた。記念のイベントがいろいろ企画されていたらしいのだが前述の通りひきこもりがちであり、そのほとんどを知らなかった。そんな中、唯一激写できたのがこの記念ラッピングトレインということになる。正面にはヘッドマークが装着され、

P1190623.jpg

側面は201系をイメージしたオレンジのラッピングが施されている。余談だが大阪環状線でもとうとう201系が引退し、オレンジの201系が姿を消したタイミング。201系といえばやっぱりオレンジというイメージだった。

P1190626.jpg

私はこの電車に西国分寺駅で偶然出くわしたのだが、一駅乗ったところで中央特快が追いついてきたのでこれに乗り換え、先回りして御茶ノ水で走行写真を撮ることにした。天気がもう一つで絵的には残念なのだが、この場所は晴れていればど逆光になるのでむしろ良かったと思うことにした。
橋の上には他にも何人かの撮り鉄がおり、通りかかった外人観光客が、何かあるのかと尋ねてきた。「記念列車が来るよ」「あとどれくらい?」「すぐ来るよ」これらの会話をポケトークなしでできたんだから大したもんじゃね俺 |∀・) でもやっぱり英語は苦手だ。
ラッピングトレインはすぐやってきた。だがこれ、日本の鉄ヲタでないと何が珍しいやらさっぱり分からん代物だろうなと、彼女の表情を見て思った。

P1190629.jpg

御茶ノ水駅は工事真っ盛りで、昔、さだまさしの「檸檬」のジャケットにも描かれた神田川と聖橋のこの風景が完全に隠されてしまっている。この工事はバリアフリー化と12両編成対応のため、駅機能をホーム上の人工地盤に移すのが大きな目的だ。写真右側に、新駅舎の骨組みが姿を見せ始めている。工事が終われば川を覆う桟橋は撤去され、概ね元の景観に戻る予定だ。

P1190638.jpg

どれついでにと少し場所を変え、丸ノ内線と交差する辺りでE353系と2000系のコラボを激写♪ どちらも最新の車両であり、2000系の増備が進めば特に珍しくもない図になると思うが、時代の移り変わりを感じさせる光景だ。それにしても丸ノ内線に赤い車体とサインウェーブが復活したのは嬉しいなあ。(イノテツ)

| 都会の鉄道 | 03:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関東鉄道常総線〜取手から下妻・大宝・騰波ノ江〜平成最後の旅(2)

天皇皇后両陛下におかれましては御即位お祝い申し上げます。
また皆様、令和改元おめでとうございます。この新しい時代が、誰にとっても良いものになることを祈るばかりです。

P1190007.jpg

地元の巣鴨地蔵通商店街、街路灯に掲示されていた「祝・令和」が日が変わった時点で「慶祝御即位」に代わっています。仕事が早いなw 平成改元時の重苦しい雰囲気と違い、御即位も改元も素直に祝うことができるのは素晴らしいことです。上皇陛下には良き前例を作っていただきました。今後、これが慣例になっていくといいな。
とはいえひたすら雨なわけです。おかげさまで一泊して秩父鉄道でSLを撮りまくる計画は中止にしました('A`)
もっともこの雨、優しく降り続いており、慈雨、または清めの雨のように感じます。時代の転換を明るくも静かに迎えろという八百万の神のご意志なのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前回のあらすじ】
取手から関東鉄道常総線に乗り、下妻で下車。大宝駅まで歩いた。

P1180693.jpg

平成最後の旅と銘打っといて、うpが時代をまたいでしまった。なんかちょっとかっこがつかないけど、まあいいか |∀・)
前回、最後にあげた写真が大宝駅であり、ここが大宝城址、またその一角に鎮座する大宝八幡宮の最寄駅になる。駅徒歩数分、坂道を上っていくと大きな鳥居が見える。境内は広く、新緑が美しい。常総線の線路が近いので時折ジョイント音が聞こえてくるが、単行列車なのでさほどやかましいとは感じない。

P1180695.jpg

ここにお参りするのは3度目だったかと思うが、初めて御朱印をいただいた。

P1180714.jpg

時折日は差すものの曇り空。なかなか綺麗な写真にはならないが、この辺りは梨園が多く、桜に少し遅れて今まさに白い花が満開を迎えていた。

P1180727.jpg

梨の花は明らかに桜よりマイナーだが、その美しさは勝るとも劣らない。まあ、梨園は当然私有地でありブルーシート敷いて宴会というわけにはいかないのだが、列車と絡めて撮ることができれば、桜とはまた違った味わいの絵になる。

P1180736.jpg

騰波ノ江駅まで歩き着いた。駅舎は往年の名駅舎を模して建て替えられたもの。前回訪問時には工事中だったトロッコ体験用の「とばのえ支線」が「運行」しているのだった(毎月第3土曜日曜)。合わせて駅舎内のステーションギャラリーも解放され、模型や資料が所狭しと並べられていた。
さて、今回の最大の目的である改元記念入場券を買おうではないか。

P1180757.jpg

売り切れてた('A`) こんなローカル駅にまでわざわざ足を運ぶ好き者は多くなかろうと、売り切れるという想定を全くしていなかった。疲れがどっと出た_ノ乙(、ン、)_
なめてたなあ。計画を逆にして騰波ノ江から下妻に向けて歩くべきだったと後悔したがもう遅い。
まあ、改元や御即位に関する記念切符類の発売は、今日(令和元年5月1日)がピークになる。雨の中、大きな動きはできないわけだが、あまりお金のかからない範囲で蒐集鉄に励もうかと思っている。



まとめ動画をつけときました。むしろ動画の方が詳しく、かつ濃いかも。(イノテツ)

| 沿線散歩 | 04:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT