きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(続)長瀞七草寺霊場巡拝記

葛花の寺である遍照寺から野上駅方向へ向かい、また踏切を渡って、次に朝貌(桔梗)の寺である多宝寺(真言宗智山派、本尊は十一面観世音菩薩)、藤袴(フジバカマ)の寺である法善寺(臨済宗妙心寺派、本尊は阿弥陀如来)を参拝したが、桔梗も藤袴もあまり咲いていなかった。
藤袴の寺で思い出したのだが、取材時、この寺でちょっとしたトラブルがあった。取材に当たっては予め霊場会に断りをいれてあったのだが、この寺で「お宅が商売で本をつくるのは勝手だけれど、なんでうちがそれに協力しないといけないの」と取材拒否にあったのだ。言い分はもっともなような気もするが、それでは取材にならないので、霊場会に連絡し、霊場会から話を通してもらって、やっと取材が叶った。
私もこれまで取材等で数多くの寺を訪ね、住職にもお会いしてきたけれど、愛想の良いお坊さんもいれば、こういうヘンクツというか融通の利かないお坊さんもいる。けれど、それは、お坊さんに限らず、どの世界でもそうだろう。
それはともかく、藤袴の咲いていなかった藤袴の寺である法善寺から長瀞駅方向へ進み、次に女郎花(オミナエシ)の寺である真性寺(真言宗智山派、本尊は不動明王)を訪ねた。

女郎花咲く真性寺

藤袴の寺の法善寺の、いかにもやる気のなさそうなのに比べて、ここの女郎花は見事だった。庫裏で自家製の梅干しなどいろいろなものも販売していて、せっかく足を運んでくれた参拝者に楽しんでもらおうというサービス精神が旺盛だ。
いろいろな考え方があるから、一概にどちらが良いとか悪いとかの問題ではないけれど、いつまでも檀家制度に依存していられる時代ではないのだから、お寺も時代に合わせた意識改革が必要なのではないだろうかと思った。
と、そんなことはどうでもいいのだが、お彼岸まではまだ間があるけれど、その境内で、早くも彼岸花(曼珠沙華)が咲いていた。

彼岸花

この花を見るといつも、羯諦 羯諦(ギャーティ ギャーティ)という気分になる。
最後に、蠟梅で有名な宝登山の麓にある撫子(ナデシコ)の寺である不動寺(真言宗醍醐派、本尊は不動明王)を参拝し、ここを結願寺とした。

不動寺

この寺に霊場会の事務局がある。
7か寺全部巡れてよかったものの、この後、荒川橋梁に行く予定にしていたのだけれど、いさかか遅くなってしまった。これから行ったのでは暗くなってしまってダメかと思ったけれど、行くだけ行ってみようと、長瀞駅から1駅乗って上長瀞駅で降り、荒川の河原に下りた。
日暮れ間近の河原は、川面から靄が湧き出して幻想的な風景を見せていたが、やはりいさかか暗く、写真がモノトーンになってしまった。

荒川橋梁

さて、完全に暗くならないうちに河原を抜け出さなくては。
薄暗くなりはじめた観光地というのは、シーズンオフのときもそうだけれど、店もほとんど閉まってしまい、人通りも絶えて、なんだか寂しいものがある。
駅で列車を待つ間に完全に真っ暗になってしまったけれど、久しぶりに気持ちのよい1日を過ごせた巡礼行だった(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長瀞七草寺霊場巡拝記

9月9日の土曜日に、長瀞七草霊場を巡って来た。
以前、霊場関係の本をつくったときに取材しており、本は2000年11月1日付の発行だから、取材はその前年の1999年の9月初め頃にしているはずだ。したがって18年ぶりの再訪ということになる。
その霊場のことも、取材したこともすっかり記憶の彼方にあったのだが、NHKのニュースで季節の話題としてこの霊場のことが紹介されていて、それを観ながら、ちょうど季節だし、行って見ようかという気になったのだ。
七草寺の七草とは、言うまでもなく、山上憶良が「万葉集」で、秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふればと挙げた、萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、朝貌の七種(ななくさ)の花のことで、次第に少なくなってきている日本古来からのこれらの花を守り育てて行こうと、長瀞町内に七か寺を選び、それぞれの花を植え育てていったのが始まりとされている。
今では、長瀞駅前から七か寺を結んで巡回バスも出ているようだが、取材したときと同じコースをたどり歩いて廻ろうと、まず、秩父鉄道の樋口駅で降り、そこからほど近い、尾花の寺である道光寺をスタート寺にした。ここは臨済宗妙心寺派の寺で、本尊は釈迦如来だ。

道光寺

道々、西武鉄道ハイキングと書かれた道標がいたるところに掲示されていて、おかげで、道に迷うことなく巡れた。
そのハイキングの参加者と思われる、そのほとんどは私と同年配のおじさん、おばさんたちだが、その人たちと後になり先になりして以後、進むことになる。
リーダーと思しき人が山上憶良の歌を詠んだうえで、朝貌(あさがお)というのは間違いで、実は桔梗のことなんですよ、というような説明をしていたが、桔梗であるというのはその通りなのだが、あの時代は朝咲きの花を総称して朝貌と呼んでいたというのが通説なので、間違いと言ってしまうのはいかがなものかと思ったが、そういう指摘をするとリーダーとしての権威が失墜してしまうだろうから、余計なことは言わないでおいた。
次に、線路を挟んで反対側にある萩の寺である洞昌院を訪ねる。

洞昌院

ここは真言宗智山派の寺で、本尊は不動明王だ。
次に、葛花の寺である遍照寺へ向かう。ここも真言宗智山派の寺だ。本尊は木製寄木づくり等身大の神変大菩薩像で、さすが、役行者を本尊とする寺だけあって、途中から完全な山道になってしまう。

遍照寺 (2)

葛は繁殖力が旺盛で、他の植物を駆逐してしまうことから嫌われもので、公園などに植栽されることはまずない、と言うより、出てきたら引き抜かれてしまう。そういうこともあってか、葛花の寺と言いながら、本堂前に咲いていたのは黄花コスモスで、葛は1か所にまとめられていた。
これが葛の花だ。

葛の花

山寺という趣のこの遍照寺へ向かう道以外はほぼコンクリートで舗装されたところを歩くのだが、車の通行も少なく、折から金木犀が香り始めており、山々を眺めながら歩く道は、いささか日差しが強く暑かったものの気持ちよかった。
途中の踏切の傍らにも黄花コスモスが咲いていた。

黄花コスモス咲く踏切

やっと、鉄道にからむ写真が出せてよかった(タラ坊)。※以降は次回につづけます。

| 未分類 | 17:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晩夏

8月20日の日曜日に、所要があって千葉県の富津漁港近くまで行って来た。
と言っても、漁港はもとよりどこにも寄らず、ただ行って、用件を済ませて帰って来ただけだ。
千葉駅から乗った内房線の普通列車は木更津止まりで、ここで館山行きの普通列車に乗り換える。
3月のダイヤ改正で内房線は木更津乃至君津止まりになってしまい、館山まで直通する列車はなくなってしまったそうだ。
君津より先に住んでいて千葉駅や、あるいは蘇我で京葉線に乗り換えて東京方面に通勤、通学している人は不便このうえないだろう。
JR各社はこのところ豪華列車の開発に熱心のようだけれど、一部の人しか乗れないような豪華列車を走らせるより、日常使いの列車をこそ大事にしてほしいと思う。そのあたりにも、JRがどこを向いて商売しているのかがわかるような気がする。
それはともかく、五井駅で車窓から小湊鐡道のキハ200系(多分)の気動車が見えた。

小湊

やはり気動車はいいなぁ、乗りたいなぁと思いながら、五井駅を出た列車は、続いて姉ヶ崎、長浦に停まって行く。
長浦で、つげさんの「やなぎ屋主人」という漫画を思い出す。
網走番外地の唄を聞いて急に海が見たくなり、新宿から房総行きの列車に飛び乗って、N浦という寂しい駅で降りた、というところからはじまる話だったが、N浦は多分長浦だろう。駅舎も含めてその漫画に描かれていたような寂しげな風情は、今は何もない。
やがて、終点木更津駅に到着する。そのホームから久留里線の車庫が見えた。

久留里線

久留里線も1回乗っただけだ。
ここで乗り換えた館山行きの普通列車は次に君津に停まり、その次が青堀という駅で、ここで降りる。
木造瓦屋根のなかなか雰囲気のよい駅だったが、スマホのカメラはまだ慣れないせいか、構図のとりかたがもうひとつうまくいかず、ボツにした。
その駅前から富津公園行のバスに乗り、終点の少し手前の停留所で降りる。
このバスは木更津駅から青堀駅経由で富津公園まで走っているので、帰りは青堀駅で降りず、そのまま木更津駅まで乗ってしまった。
用件自体は特に気が重いというものではなかったけれど、格別心弾むような類のものでもなく、それでも、車窓からとはいえ、久しぶりに田園風景や両側がコンクリートで護岸されていない川などが眺められて、気持ちが和んだ。
それにしても木更津というのは、このあたりの中核都市だろうが、その駅前は人通りも少なく閑散としていた。
地方都市の衰退というのは、日本中に見られることだろうが、やはり、少し寂しい気分になってしまう(タラ坊)。

| 未分類 | 13:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

盛夏の鎌倉海RUN再び

10日から16日までパート先が休みになったけれど、お天気がどうもはっきりしない。そのなかで唯一晴のマークが付いていたのは13日の日曜日だけだったので、その日、鎌倉に走りに行ってきた。
最近そのパターンが多くなった大船から湘南モノレールでのアプローチで今回も鎌倉入りしたが、腰越に出るには、終点の湘南江ノ島駅より、ひとつ手前の目白山下駅のほうが近いのではないかと思い、今回、はじめて目白山下駅で降りてみた。
住宅街のなか(この辺の住所表示はすでに腰越になっている)を続く細い坂道を下りて行き、下り切ったところを右に曲がりしばらく行くと、江ノ電が走る道に出た。
いつものように龍口寺、満福寺をお詣りする。

満福寺

性懲りもなく、またお地蔵さん越しに撮る。今回は鐘楼台の上に登ってみたけれど、やはりダメだ。もっと近くで脚立に上がらないと、ああいう写真は撮れないだろう。けれど、何か悔しい思いが残る。

お地蔵さま

その後小動の浜に下りて江ノ電を撮ってみたけれど、一眼レフと違ってスマホのカメラは、撮りたい対象をズームするには対象に近づけるしかなく、こういう写真には向かないと思った。だから、花の写真なんか撮るのにはいいのではないだろうか。

小動の浜

こちらへ来ると、いつも片瀬の東屋というお寿司屋さんで昼をとっていたけれど、他に何かないかと歩いて行くと、海へ出る少し手前の店の前に、刺身定食やらぶりカマ定食などと書かれてあったので、今回はそこで昼をとることにし、刺身定食を頼む。

刺身

生シラスの小鉢にもう一品小鉢がつき、それに漬物、味噌汁、ご飯がついて1,480円だった。
お腹ができて満足したところで、腰越から江ノ電に乗って、鎌倉へ。その日も江ノ電は超満員だった。
これもいつものように妙本寺やぼたもち寺、安国論寺をお詣りする。
妙本寺では、もう花時期は過ぎていたけれど、凌霄花(ノウゼンカズラ)が少し咲き残っていた。中国原産の植物だけれど、平安時代にはもう日本に渡ってきていたそうだ。萩をはじめ、この凌霄花などのような蔓性の花が私は好きだ。

凌霄花

安国論寺の山を背にして建つ御堂の手前にキンミズヒキが咲いていた。

キンミズヒキ

材木座の海に近い八百屋さんの店先で、買い物に来ていた上品なご婦人と店の人が「夏は、この辺でも水着姿で歩いている人がいて嫌ですね」などと話していた。
海に近いとはいえ、街中を水着姿で歩くのははしたないと思うのだろう。
今回も腰越海岸まで走ったけれど、前回もそうだったけれど、行きはいいとしても、戻って来るときは疲れてしまって、途中、ところどころ歩いてしまった。もう10㎞走るだけの足の筋力がないのかもしれない。
と言っても、80歳過ぎてフルマラソン走っている人もいるのだから、これは齢と言うよりトレーニングの差かもしれない。だから、しばらく走っていなかったけれど、また、週1の皇居ランを再開しようかと思う(タラ坊)。

| 未分類 | 14:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏と言えば…

浅草でうなぎを食べようと、8月初めの日曜日、当ブログのメンバー3人が久しぶりに顔をそろえた。
当ブログの夏の恒例行事のひとつにもなっている、「うな重を食べる会」だ。
いつものように、浅草「小柳」という老舗のうなぎ屋で、「松」を味わう。
つい先日引退した棋士の加藤一二三さんは、対局中によくうな重を食べたそうだが、私にとっては1年ぶりのうなぎだ。う~む、やはり旨い。
吉野家やファミレスにもうな重はあるけれど、どうせ食べるのなら、老舗の、この道何十年の職人さんが捌き、創業以来継ぎ足しされてきたタレで、やはりこの道何十年の職人さんが焼いたものを食べたいと思う。ちょっと高いけれど。
「ああ、旨かった」と満足したところで、これもいつものように、吾妻橋の袂にあるアサヒビール吾妻橋ビル最上階の「スカイルーム」という喫茶室でくつろぐ。
ここでキリンビールが出てくると面白いのだが、アホキ氏とイノテツ氏が頼んだビールは当然ながらアサヒビールだ。
泡がクリーミーで見るからに美味しそうだったが、残念ながら私はアルコールは体質的に受け付けない。
22階にあるこの「スカイルーム」からは、眼下に隅田川を渡る東武電車が見下ろせる。

浅草アサヒビール

買ったばかりでまだ操作も覚束ないxperiaで撮ってみた。風景写真としてはきれいに撮れていると思うけれど、鉄道俯瞰写真として見ると、肝心の鉄道が小さくなり過ぎてしまう。
ところで、このカメラ、それまでいろいろ試してみたものの、全部ピンボケになってしまって上手く撮れなかった。これは機械上の問題ではないかと、ショップにクレームを付けに行こうかと思っていると話したところ、アホキ氏がシールが貼ったままになっていると、そのシールを剥がしてくれた。
なるほど、これならきれいに撮れる。しかし、ショップでもそんな説明はなかったし、ネット上に公開されている使い方ガイドにも、そんなことは書いてなかった。もっとも、そんなことは「説明するまでもないレベル」のことなのかもしれない。
なんにしても、ショップで、これだから年寄りはと、バカにされずにすんだ。
その帰りに京成小岩で途中下車し、その駅前にある「地蔵湯」という銭湯で汗を流してきた。

地蔵湯 (2)

ここは以前は、それこそ崩れかけた古色蒼然たる佇まいで、それはそれでいい雰囲気だったのだが、改装されていくらかきれいになった。
ここのお湯はいささか熱い。鎌倉材木座の清水湯よりやや熱く、池之端の六龍鉱泉よりややぬるいという感じで、湯温計を見ると、43℃から44℃の間くらいをさしていた。
銭湯に不慣れそうな若者たちが来ていたけれど、案の定、熱くて湯船に入れずにいた。
湯船に浸かりながら、スマホはうまく扱えなくても、ここのお湯には平気で入れるんだぜ、と、少し優越感を味わった。
毎年桜を見るたび、後何回桜を見られるだろうかと思うのと同様、この恒例のうな重も、後何回食べられるだろうかと思う(タラ坊)。

| 未分類 | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT