きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】相模線北茅ヶ崎駅/野天湯元 湯快爽快 ちがさき

すっかり梅雨空だが、「ネトウヨ春のBAN祭り」はまだ続いてるみたいだな('A`)
某巨大掲示板の一部住人が、ヘイト認定したつべのチャンネルを潰して回っている。アカウントを停止されることを「BAN」と呼ぶんだそうだ。日頃見ていたチャンネルが次々とBANされていくのを見て、薄ら寒いものを感じている。
まあ確かに私が見ていた動画の中には余裕で地上波コードに引っかかるようなどぎつい表現もあった。ただし話の筋は通っており、単なる誹謗中傷ではなかった。
嫌いなものを嫌いと言う自由はあるべきだ。とはいえ、例えば「おまえの○○○なところが×××だから嫌いだ」などと具体的かつ理路整然と言い放つと、それが正しければ正しいほど言われた者の胸にグサリと突き刺さり、深く傷つけるのもまた事実だ。だがそれはヘイトスピーチだろうか?
世間でいうヘイトスピーチの中には、言われた側の主観によってそう認定されるものがあるように思う。一方、相手に改善を期待してする非難もある。忠言というやつだ。だがそれに反発することしかできない者にとって、「耳の痛い話」は「ヘイトスピーチ」でしかない。悲しいことだ。
もちろん、単なる罵詈雑言とか虚偽中傷とかの言葉が許されないことはいうまでもない。彼らが祭りの名前に銘打っている「ネトウヨ」なんかはその典型例だろう。誰であれ、いま自分が何をやってるのか、常に認識している必要はあるよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1120701.jpg

夕闇迫る北茅ヶ崎駅で下車した。天下の茅ヶ崎駅から相模線で1駅行くだけで雰囲気はすっかり郊外となり、一般的な「茅ヶ崎」のイメージは乏しい。

P1120707.jpg

電化の際に新製投入された205系500番台が現在も走り続けている。平成3(1991)年の電化以前はキハ30系列の気動車が走っていた。一挙にグレードアップされた当時は驚いたものだったが、現在でも単線のままでダイヤもゆるく、のどかさは残されている。

P1120711.jpg

さて、今回訪問した湘南茅ヶ崎温泉・野天湯元 湯快爽快 ちがさきだが、駅を出て線路沿いを歩いてすぐ。これこそ駅前温泉という至近っぷりだ。または茅ヶ崎駅との間を無料の送迎バスが結んでいるので、それを利用してもいい。

P1120715.jpg

線路から近すぎて建物の全景が撮れないw こうして見ると伝わらないが結構奥行きがあるので、普通のスーパー銭湯くらいの規模と考えていい。
ナトリウム-塩化物強塩温泉の湯はぬるめで、これが一般人の好みなんだろうな。銭湯の42度の湯に慣れているとどうも物足りない。とはいえ、この手の施設のウリである各種の風呂は1回行っただけでは回りきれないだろう。休日の夕方ということで最も高い時間帯だったがそれでも850円。地元の人なら平日とか夜間を狙えばもっとリーズナブルに楽しめるのだから羨ましい。

IMG_0656.jpg

食事コーナーがやけに賑わっていた。こういうところの飯はそこそこというイメージだが、ここのはいい素材を使い、美味いものが出るみたい。家系ラーメンがあれば試してみようかと思ったけどなかった |∀・) それでいてサンマー麺はあるんだから侮れない。
というわけで食事はしなかったが、代わりに売店で良選茶を買った(20パック入り1300円)。これ、1パックでたっぷり2リットル作れるから結構コスパはいいし、今まさに飲んでるけどうまいですわ。酒浸りで不健康の極みの私だが、これで健康になれるかな。お、今、焼酎割が美味いらしいという情報が入ってまいりました。よし試してみるか…ダメじゃん('A`) (イノテツ)
スポンサーサイト

| 駅前温泉紀行 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】東海道本線平塚駅・天然温泉湘南ひらつか太古の湯

えー、宣伝の時間がやってまいりました |∀・)
このブログではあんまり商売っ気は出したくないし、ていうかなんかもらえるわけでもないので、基本的には鉄道関係の仕事をさせていただいたとき、そうでなくてもいいデザインができたんぢゃねえかと自惚れたときに気まぐれにやらせてもらってます。今回は2冊。
まずは『ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎2020』(実業之日本社)です。この本では本文のデザインと組版、及び写真の一部を担当しました。都電の写真はいうまでもなく私 |∀・) 既刊本の改訂新版という位置付けで、「新駅の設置工事が始まった。でも駅名は未定」というこの微妙な時期での刊行は、後で見るとなかなか味わい深いものがあるのではないかと思っています。
もう一冊は『おにぎりと日本人』(洋泉社)。こちらは本文だけでなく、装丁も担当させていただきました。シンプルかつかっこ良い装丁というのは結構難しいもので、この本ではそれがうまくいったなと感じています。なお、写真のおにぎりは母に握ってもらったもの。おにぎりが食文化として認知されているのは日本だけ? という話は、韓流ドラマとか見ちゃってる層にとっても納得のいくものじゃないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1100170.jpg

東海道本線の平塚駅である。「平塚駅である」といってこの写真が出てくれば、この駅を知っている人は一様に「なんでわざわざ裏口やねん(#゚Д゚)ゴルァ!! 」と思われるだろうが、今回は風呂ネタだ。目的地へはこちら、西口を利用するのが近い。
平塚駅には東口と西口があり、そのそれぞれが北口と南口を伴っている。なんぢゃそりゃ∵。Д・゚∴・゛ヒデブ!と脳みそが破裂しそうだが、平塚の場合、街に行きたければ北、海に行きたければ南と概ね見当がつくので、こんな案内でなんとかなっているのだろう。

P1100200.jpg

というわけで西口の北口で街に出るとそこはすでに場末の雰囲気を醸しており、線路沿いに営業してない屋台が並んでるのを見ると、つい白黒写真にしたくなってしまうではないか。背景に過ぎていくのは貨物列車だ。

P1100206.jpg

そこから間近のところに天然温泉湘南ひらつか太古の湯はある。一部ネオンが消えているあたりに哀愁が漂う。とはいえ西口の北口から徒歩2分と案内されているように、まさに駅前の温泉である。

雰囲気は良くいえば大人向け、正直言ってちょっと怪しげw 実際客層は中高年中心で私(氷河期世代)なんかは最年少なんじゃないかと思われた。だがこの雰囲気は私にとってすごく馴染めるもので、おお、これは穴場を発見したぞと内心喜んでしまったのであった。
湯は全体にぬるく、こちとら江戸っ子で熱い湯が好みでい(←でも本当は江戸っ子じゃない)とか思ってしまった。まあ宿泊もできてまったりする施設なので、ぬるくしといてゆっくり何度も入るのが流儀なのだろう。今回は一時間以内の立ち寄りコース(1030円)を選択したのだが、ケチらずゆっくりしていくべきだったと痛切に思った('A`)
一方、店を出るとき、ランナーの一団に出くわした。これは銭湯ランナー(EX)ってやつだな。荷物を預けてジョギングに行くわけだ。立ち寄りコースはこういう人向けなのだろう。HPを見たら江ノ島まで行って帰ってくる31kmなんていうコースも案内されている。常人だと五時間くらいかかるだろこれ。普通の銭湯だと二時間くらいで帰ってこなきゃみたいな空気があるが、ここは24時間営業なのでそうした心配もなくのびのび走れるわけだ。いいなこれ。

P1100209.jpg

風呂上がりに東口方面へ歩き、繁華街の中にある菜幸で、辛タンメンと半炒飯のセットを楽しんだ(980円)。実は麺大盛を頼んだのだが提供されたのは並盛で、後で大盛分が別皿で出てきた。もちろん店員のミスなのだが、この別皿の麺に餃子用の味噌だれやとんがらし、酢を少々垂らしてみたら別世界の味を楽しめた。気分は井之頭五郎だw また、この店のウリは具材の野菜の豊富さで、キャッチフレーズは「野菜足りてる?」。私はラーメンを食うとき、とにかく野菜がいっぱい欲しいので、この店のスタイルは大いに気に入った。また来たいけど、日常的に通うのに平塚はちと遠いわな('A`)

P1100154.jpg

というわけで、表口である東口の北口は地方都市の風格すらたたえた堂々たる雰囲気。風呂ネタということで夜の訪問になってしまったが、見どころの多い場所なので、また改めて明るい時間帯に来てゆっくり歩いてみたい。
そして今回の風呂には宿泊するくらいの勢いで来て、31km(は無理だろうけど)走ってみたいなあと思った。(イノテツ)

| 駅前温泉紀行 | 04:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】高尾山口駅/京王高尾山温泉

朝から晩まで森友学園、もうとっくにうんざりだ。だが、久々に政府を叩けるネタを得られたとばかり、野党もマスゴミも延々これで引っ張り続けて1ヶ月以上。この間、テロ等準備罪をはじめ、もっと深く議論しなきゃいけない問題があったはずなのに事実上国会は空転状態だ。重要法案の議論をしたくないという野党の邪心が透けて見えて気持ち悪い。
これは要するに、籠池さんという怪しいオサーンが、数々の嘘とハッタリで無関係の人まで含めて振り回している迷惑な話である。そもそも国有地払い下げ問題にしても、政治家が絡んでいたら逆にあんな露骨な値下げはできないという評論がある。
彼は、自らの権威づけのために、安倍首相のみならず昭和天皇まで利用していた。つまるところ、「保守」や「教育」を看板に利用して私利私欲に走るサイコパスなのだろう。関わりたくないタイプだ。
その他登場する嫁さんやら自称作家やらの胡散臭さ。さすがにこの問題に首を突っ込みすぎると自分がやばいと野党側も気付き始めたらしい。事情聴取のために籠池氏を訪れ、退出するときの小池(共産党)、福島(社民党)両議員のなんともいえない表情が印象的だった。民進党にいたっては、あわよくばこの問題をテコに倒閣、さらには政権奪取とか目論んでたらしく噴飯ものであるが、23日の証人喚問を機に幕引きを図った方が身のためだぞ |∀・)
もっとも、籠池氏は証人喚問でもなんのためらいもなく嘘をつくだろうから騒ぎは続く。そもそも貴重な時間を割いて国会で議論するような話ではなかったわけで、騒ぎを持ち込み、国会を空転させた野党の責任は追及されなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1010129.jpg

高尾駅前でタラ坊さんと待ち合わせ、梅を見物しながら高尾山を越え、高尾山口駅まで歩いた。平日に出かけたので、薬王院あたりの喧騒も大したことはなく、好天に恵まれて快適な山歩きができた。
この辺の話はタラ坊さんにお願いして端折り、私は久々の風呂ネタへ移行するのだった |∀・)

IMG_0376.jpg

高尾山はとにかく人気のある山だが、近くに風呂が乏しいという弱点を抱えていた。それを解決すべく2015(平成27)年に開業したのがここ、京王高尾山温泉である。高尾山口駅の駅前どころか駅直結、線路の高架をくりぬいてこのような通路が造られている。これでもかという至便っぷり。京王自らの運営だからこそできる荒技だといえるだろう。

IMG_0377.jpg

通路を抜けた駅の裏に施設がある。施設そのものは極楽湯のチェーンなので、既視感みたいなものがあったりなかったりする |∀・)

IMG_0381.jpg

高尾山口駅との位置関係。まさに直結なのが分かる。
Wikipediaでは「温泉街はない」と紹介されているが、まあ当たり前だわな。だが駅周辺はとっくに観光地化されているわけで、充分代用になるだろう。加えて施設内の飲食店も充実しているみたいだった。食ってないけど |∀・)

風呂そのものはやっぱり極楽湯w 無色透明の湯はいわゆる「美肌の湯」で、浴後は化粧水なしでもお肌スベスベ♪ 真新しい施設は快適なのだが規模はそれほど大きくないので、週末やハイシーズンなどは芋洗い必至だろう。平日に来て正解だった。

IMG_0380.jpg

特徴的なのは、施設内に駅仕様の時刻表が掲示されていること。フルカラーLEDで、接続案内とかもスクロールで表示されるぜ。さすが京王運営。普通こういう施設の場合、地元商工会とかが配布してくれる広告だらけの時刻表が貼ってあるのが相場で、あれはあれで味があるのだが、湯じゃない部分にも鉄分が含まれているここはなかなか気に入った。(イノテツ)

| 駅前温泉紀行 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駅前温泉紀行(11)/南海本線春木駅・だんぢり湯

「駅前温泉紀行」シリーズには個人的な思い入れがある。だが、しれっと(11)なんてタイトルに入れてはいるけれど、実に三年ぶりの新ネタだったりする |∀・) 確かにこの間、身の回りに不幸が絶えず、暢気に旅行だの温泉だのと言ってられない状況ではあった。
しかしてこの夏は蕁麻疹に悩まされた('A`) 毎日、気まぐれに発疹が大量発生してすこぶる痒いのだった。キンカンの120ml瓶がたちまち空いてしまった。例によって過労が引き起こす症状のひとつではあったのだろうが、1ヶ月も続いた頃、「どうやら体に毒がたまってるな」と思い当たった。暑いのに任せて日々シャワーで済ましていた。病的な汗かきなので、それでデトックスはできてるだろうなどと自分の体を信じていたのだが、そんなことは全くなかった。ただただ、ひたすら無駄な汗だったのである。「この世に無駄なものなどない」などと言う人もいるが、嘘八百だと断言しよう |∀・)
やっぱり湯舟につかり、じっくり汗をかくことで、初めて毒は流れるのだろう。

DSC_9934_2014120701431388a.jpg

南海本線・春木駅、いかにもな私鉄駅の雰囲気を持っている。母の故郷・岸和田に来たのは初めてでもあり、どれ、ここで一泊していくかというとき、温泉はないかと調べた結果、下車したのがここだった。

DSC_9960_20141207022149bb4.jpg

なんというか、知らない駅で初めて降りたときのあのワクワク感がないのだった。駅の佇まいが普通過ぎるというのもあるのだろうが、そもそも岸和田という街そのものに不思議な既視感があった。激しい方向音痴なので、北へ向かって歩いているつもりがいつの間にか南を向いていることくらいざらなのだが、ここではそういうこともなかった。

駅の西口を出る。もっとも、「西口」ではなく、「なんば方面のりば」と案内されるのは関西ならではか。東口(これも「関空方面のりば」と案内される)とは構内で行き来ができない。全く別個の駅が線路を挟んで対面しているといっていい極めていけずな構造だ。

駅前の商店街をしかとして右へ行く。広い道路に出るのでこれに導かれて左へ折れる。沿道に長崎屋の看板が見える。おお、長崎屋ってまだあったんだ♪ と懐かしくて店内に入るとなぜかドン・キホーテだった。経営破綻した後、ドン・キホーテの子会社になることで名前は残っているという状況のようだ。世は無常である。

DSC_9955.jpg

やがてロードサイド店の並ぶ府道(旧国道26号)に出て、だんぢり湯も、その一角にあるのだった。建物があからさまにだんじりをイメージしている。ロードサイド店なので駐車場が広く、大方の客は車で来るのだろう。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉がここのウリだが、大きな特徴は、レギュラーコースとロイヤルコースに分かれていることだろう。レギュラーコースだと大阪府の公衆浴場料金(平成26年現在440円)で利用できる。しかしまあ、せっかく東京からはるばる来たのだから、ここはロイヤルコースを選択。それでも750円だ。ロイヤルの扉を開けると、源泉かけ流しの岩風呂と、湿式・乾式のサウナがある。加えて珍しいのがペンギンサウナで、ここは氷点下に冷やされた空間だ。私は心臓を病んでいて、サウナの後、水風呂に入るのが危険な体だ。だがペンギンサウナなら空気で冷やすので、水風呂ほど心臓に負担がかからない。これは気持ちよかった。他にも普及すればいいのに。また、タオルやシャンプー、ボディソープなんかはロイヤルコースのみのサービスになるので、旅行者が立ち寄るならロイヤルにしといた方がいいと思う。
山から遠い平地で温泉が多い街というと、ぶっちゃけ東京くらいしか思いつかないが、ここ岸和田でこれだけの温泉が出たことはやっぱり奇跡なんだそうだ。どうも岸和田市は、だんじりと城という2つだけでイメージを固定されるのがイヤであるらしい。なので、こうして温泉もあることを宣伝しておきましょう |∀・)
なお、当世珍しくHPがない。「だんぢり湯」で検索して、調べてみてください。サイトによっては春木駅徒歩3分とか書いてあるけれど、明らかに3分では行けません。ゆっくり歩いて10分弱といったところかな。

そして、悩まされていた蕁麻疹がぱったり治まった。それに加えて、両腋に色濃く出ていたシミの色が明らかに薄くなってきた。もちろん、他にも各所行っているので、ここの効能だけではあるまい。だが、じっくり温泉や広い湯舟につかることは、思った以上に健康にいいんだなと実感している。(イノテツ)

| 駅前温泉紀行 | 03:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】常磐線・湯本駅/いわき湯本温泉・さはこの湯

節電の夏には欠かせなかった水風呂も、さすがにもう寒いわな。どれ、今日はお湯を…という絶妙なタイミングで給湯器が壊れた('A`)
表示されるエラーコード、平たくいえば「寿命だ、買い替えろ」という意味らしい。大家さんに言うと、早速手配してくれた。翌朝にはガス屋さんが来て、その日のうちに新しいのと交換してくれた。ああよかった。
給湯器って、けっこう高いんだよね。だが、私は店子なので一切負担はない。よく、家賃を払い続ける無駄を言われるが、こんなときには店子の気楽さを感じたりもする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久之浜で行った清掃ボランティア。実際、ボランティアなどと呼ぶには値しないしょぼいものではあったが、それでもいっちょまえに疲れた_ノ乙(、ン、)_ 汗もかきまくったし風呂に入っていきたいぞ。いわきで温泉といえば、いわき湯本温泉である。久ノ浜からの車内で眠りこけ、ぶっちゃけ途中下車も億劫になっていたが、被災地に金を落とす意味もあるので、頑張って湯本駅で降りた。

DSC_4157.jpg

この駅には初めて降りた。なーんの変哲もない「昭和中期のちょっと大きな地方駅舎」だ。
実は、母が一時期いわき市に住んでいた。だが、話を聞くと「平の頃」と言う。引っ越してきた時は平市で、途中で合併していわき市になったらしい。ここ湯本も、現在はいわき市だが、その当時は常磐市という市だった。駅舎が立派なのは、常磐市の中心だったからだろう。
駅前にはそこそこ大きな市街地が広がっており、かつて独立した市だったことが分かる。だがそれはやはり昭和の匂いを強く残し、かつ震災によって傷ついていた。合併は行政の効率化をもたらすだろうが、周辺市街地の衰退を招く。うちの実家辺りも、合併前は村の中心だったのにすっかり寂れてしまった('A`)

温泉があるからといって復興に楽観などできないのが福島の現実だ。先日も新聞で、原発事故の打撃を受けて廃業する温泉宿の記事を見た。
この辺りは3.11の本震の後も、連日烈しい余震に襲われた。街を歩いていると、地震による被害がそこかしこに見えた。
今回入浴した「さはこの湯」、その建物が湯本温泉の象徴のようになっているのだが、

DSC_4160.jpg

こんな状態だった('A`)
それでも、こうやって修繕工事をしているだけマシで、湯本では、崩れた瓦礫をとりあえず脇にのけただけというところもある。「忘れられた被災地」の悲哀がここにもあった。被災地としては忘れられながら、原発事故のために悪役となり叩かれる地元を思うと胸が潰れる。せめて、ここで金を落としていかなければ。
220円。安っ! 援助になってなくねえか。一方で、この安さに胸を撫で下ろすもう一人の自分がいた…やだやだ、貧乏は本当にイヤだね。

脱衣所が暑く、いつまでも汗が引かず泣いた。だが、さすがに千年以上の歴史を持つ名湯・湯本温泉、風呂の気持ちよさは間違いない。220円は相当安いと感じた。休日ということもあってか、そこそこの混みようではあったが、地元民が多く、余所者は少ないようだった。やっぱり観光客が来てないんだろう。清掃用具を持った観光客なんて、通常いないよね。でも、ここではあくまでもそれを装うことにした。

外に出ると日はとっぷり暮れ、涼しい風が吹いていた。駅までは歩いて10分以上かかるが、新たに汗をかくこともなく、気持ちよかった。途中、高台に鎮座する温泉神社は由緒ある式内社(※)でありお参りしたかったが、すでに閉門していたのでやむなくスルー。ゆっくり歩いて駅に着くと、水戸行きは5分後。うわ、すげえナイスタイミングですぅ♪

常磐線乗りこなしテクを駆使すれば、ここは水戸まで乗らず、勝田で降りるが吉。接続列車は概ね勝田が始発だからだ。このように接続列車の運行区間が重なるのは不思議に思えるが、車両基地が勝田にあること、水戸が県都であること、加えて双方の往来が多いことがその理由だろう。これを押さえておくと、勝田でさくっと弁当や酒を買い、上野までの道のりをマターリ過ごすことができる。まあ、酒は取手に着くまでに飲み終え、あとは都会人ぶった方がいい。「だから常磐線は」といわれる原因をたどれば、通勤電車と中距離列車が同じ線路を混在して走る特殊性にあるんだろうと思う。(イノテツ)

※式内社…平安時代(10世紀頃)成立の「延喜式」でリストアップされている神社。つまり、平安時代には既にあった神社なわけで、格式の高さの目安になるといえる。

| 駅前温泉紀行 | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT