きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよなら三江線〜乗って歩く或る一日(2)

浅間山⑦

昨年に続き、三月上旬の軽井沢に一泊し、周辺の山に登ってきました。鬱になって以来、単独登山ができなくなっている私にとって、こうして外に引きずり出してくれる仕事関係の登山グループに入れていただけたのはありがたいことだったりします。まあ、鬱がバレると仕事に差し障るのでメンバーには言えませんがね(-_-)
雪山をやる人は限られてしまうので、今回は元重役と現重役と一業者という3人編成。なんかすごく気を遣いそうなラインナップですが二人とも大変気さくな方だし、私も元々目上の人に気を遣わない典型的一人っ子タイプなので、意外となんとかなってしまうのでした。この写真は(いつの間にか)撮っていただいたもの。写真を趣味にされているだけあって、本当にうまいよね。許可を得ずここに載っけてますが、「年賀状に使え」とのことなので、ブログに使っても問題ないよね |∀・) ワカンを背負った私が見ているのは浅間山。なんか、山頂を目指しそうに見える絵でしょ? ここは小浅間山の山頂。でも浅間山そのものは登山禁止なので、当然この後はさっくり下山しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前回のあらすじ】
昨年末、三次駅から三江線の424D列車に乗り、石見川本駅に着いた。

424Dを降りると、石見川本の駅前は賑わっていた。地元の人が地元商店街に人を引き込もうと躍起だった。確かに、この場所にこれほど外の人が集まる機会はもう二度とないだろうな。私はしばらく滞在すると駅を後にし、下り方面へ線路沿いを歩き始めた。

P1090644.jpg

鉄道が廃止される沿線とはどういうものなのか、自分の足で歩いて見てみたかったのだ。山間をゆったり流れる江の川の景色は美しかったが、なるほど田舎だ。三江線に並行する地元のバス停が見えたが平日のみ1往復半のみという絶望的なダイヤ。三江線廃止後は、このバス路線を拡充するのだろうか。

P1090660.jpg

自分が乗ってきた424Dが化けた426Dを沿線で撮りたかったが見事に失敗。本番に弱いのは変わらんな('A`)
やがて因原駅に歩き着いた。渋い駅舎が残っているが、実質駅舎としては機能しておらず、地元運送会社の事務所になっていた。まあなんでもいいから、残っていてほしい佇まいだった。
で、この写真だ。因原駅の副本線はすでに剥がされており、冬だというのに路盤は草ぼうぼう。地方鉄道の衰えを見せつけてくれる絵だ。その一方、画像の左上に真新しい屋根が見えるだろうか。

P1090671_20180330073847b7e.jpg

道の駅インフォメーションセンターかわもとである。そう、時代はやっぱり車だよね('A`) 一応「駅」を名乗っているから、こうして鉄道を引き継ぐかのようなD型硬券が販売されている。これを収集してる人も多いようだ。蒐集鉄の私だが、でもなんだかこういうのは複雑な気分だ。鉄道の敗北を認めるようなもんだからね。でもここでお茶っぱとか酒とかを買った。これで一応、川本町に金を落としたことになるのかな。

P1090736_2018033007384884a.jpg

さらに次の鹿賀駅まで歩いてしばらく佇み、やってきた429Dに乗って乙原駅まで戻った。行きの列車で初めて見て魅力的な駅だったからだ。山間の日没は早く、下車して間もなく山の向こうに陽が落ちていった。孤独癖な上に鬱の私にとって、廃止を直前に控えながら他に誰もいないこの駅は快適だった。

P1090739_20180330073850604.jpg

小さな待合室には駅ノートがしつらえてあり、私もこう書き込んだ。
>H29.12.30
>いつか来たいと思っていた三江線
>結局こんな時期になってしまいました。
>乙原駅には気まぐれに下りてみました。
>山間の素晴らしい景色。まさに夕日が落ちていきます。
>静か、本当に静かです。 イノテツ

駅ノートっていうのは、ここに来た人たちが、自分が来たということを顕示するために用意されている。昨今は手の込んだイラストを遺していく人も多い。かつては漫画家を目指した私だが、描けば描くほど自分の下手くそっぷりを思い知り、こうしたところに絵を遺すことはなくなった。年をとるということは自分の才能の限界を知ることでもある(;´Д⊂)

P1090773_20180330073851aef.jpg

やってきた430Dに乗り、江津に着いた。出雲市方面の山陰本線普通列車にはまだ時間があるので、駅に近いラーメン屋を検索し、ここ、喜楽で夕食をとることにした。店頭に鎮座するプロパンガスボンベが哀愁を誘う店構えながら、味は確かだった。チャーシュー麺大盛り(950円)。これはまた来て食ってみたい逸品だった。でもまあゆかりのない者にとって島根は遠いわな。



で、実はこの動画がメインで、今回の記事は補完するような内容になっているので、合わせてご覧いただけると幸いです。
三江線はいよいよ明日が最終日となる。線形が悪く、需要に応えられなかったために、開業以来一度も黒字を得られなかったローカル線の中のローカル線だが、100kmを超える長大路線の一括廃止は地方公共交通機関の衰退を象徴していることに間違いない。
地方の衰退は文化の多様性の衰退であり、活性化への施策は待った無しだ…と、都区内から書いても説得力はないだろうけど。(イノテツ)
スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 09:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよなら三江線〜乗って歩く或る一日(1)

朝日新聞が蒸し返し、野党が煽る森友問題。だが今回の文書改竄疑惑はガセではなく、事実であることが分かった。公文書偽造は犯罪であり、あってはならない。当時の佐川理財局局長の国会答弁に合わせて、あったことをなかったことにしようとしたことは問題であり、佐川氏の辞任・退職は当然だ。
ただぶっちゃけ、政局に響くような話ではない。例えば子会社の社員が不祥事を起こす度に親会社の社長の首が飛ぶだろうか。これが許されるなら、政治的思惑から役人の自爆テロによって気に入らない政権を倒せるようになってしまう。すなわちそれは国民主権の崩壊だ。これを、朝日や野党は率先して推進しようとしている。
では、なぜ国民主権を破壊しようとするのだろうか。日本はいま、朝鮮半島情勢や憲法改正に向けて真剣な議論をしなければならないときだ。これを阻みたいからである。日本の国益を毀損するのが彼らの目的だ。森友問題は、それに利用されているに過ぎないということに改めて留意しておきたい。
で、あんまり森友にこだわるなら、より黒い野田中央公園問題や関西生コン問題に切り込んでいかねばなるまい。森友に土地が格安で払い下げられたことが問題なら、豊中市にその隣接地がほぼ無料で譲渡されたことは無問題なのか。この辺は闇が深くてマスゴミはだんまりを決め込むし、このくらいにしとくかな。ああ怖い怖い |∀・)
だが、なるべく多くの人に知ってほしい。本当の闇がどこにあるのかを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1090537.jpg

芸備線三次駅の3番線に停車中の424D石見川本行き列車である。キハ120はともかくかっこ悪いので鉄ヲタに嫌われているが、木次線で女子高生が×××が××××××××××ために、×××××××××、問題になった事件もあり、沿線民からも不評な車両だ。JR西日本があえてこういうへぼい車両を作ったのは、なにせ客が乗らんからであり、ある意味意趣返しみたいなもんだったんだろうが、この車両が入った路線は、案の定その後、さらに利用客を減らした。
三江線もかくして今月いっぱいでの廃止の運びとなったのだが、皮肉なことに廃止のアナウンスとともに葬式鉄の客が増え、3両連ねての運転となった。私はどうにか座れたが、立ち客もかなり出ていた。

P1090596.jpg

宇都井駅は谷間に築かれた高い高架上にある名物駅である。見下ろせば、「三江線ありがとう」「天空の駅ありがとう」の旗を振ってアピールする人の姿が見えた。周囲に人も多く、いつもこの勢いなら廃止もされなかったろうにと、葬式鉄のたびに同じことを思うのだった。だから葬式鉄は嫌いだ。嫌いならもっと早く来とけよ。だってキハ120なんだもんと、しょうもない自問自答を繰り返していた。

P1090601.jpg

三江線は江の川に沿って走り、沿線風景も江の川を中心としたのどかな山間の田舎である。鉄道が失われたここにもう二度と来ることはないだろう。そう思うと、初めて来たところではあるけれど、寂しさに胸が締め付けられた。

P1090633.jpg

石見川本駅に到着。江津方面へはここが最後の交換駅であり、この先30km以上も行き違いのできない細道が続く。そんなんで間に合ってしまう程度のダイヤなのだ。
424Dは石見川本で終点となるが、ここで1時間半ほど停車した後、同じ車両が接続列車426D江津行きとなって出発する。だからまあ引き続き車内で寝ててもいいんだと思うが、せっかく三江線の最も深いところまで来たのだから下車しない手はない。

P1090612.jpg

駅で、地元・川本町の人が地元の散策マップを配っていた。「三江線出発までの1時間20分にできること」と銘打たれている。つまり、424Dを下車した人のためだけに作られたものなのだ。廃止まで後わずかだけど、このマップを見て「お、川本に行ってみてえ」と思った人がいたなら、うp主としてこれほど嬉しいことはない。

P1090635.jpg

正直、鉄道関係に萌えキャラを持ち込む昨今の風潮には苦々しく思ってるクチなのだが、こちらは三江線のPRキャラである「石見みえ」ちゃん。力及ばず、彼女の運命もまたカウントダウンを迎えることとなった。(つづく・イノテツ)

| ローカル線紀行 | 22:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タラコが走る芸備線〜蘇る国鉄末期の象徴・朱色5号

藪から棒に、テキサス親父ことトニー・マラーノ氏の動画を紹介したいと思う。
またも韓国の慰安婦マフィアの嘘を暴いてやったぜ!

韓国では3月1日を三一節と称して盛大に祝う。1919年のこの日に端を発する朝鮮の独立運動を記念するわけだが、この動画では、今年の三一節を機に、「日本軍による慰安婦蛮行の証拠」と称し、ソウル市が公開した映像を紹介している。曰く、「日本軍が惨殺した慰安婦たちの遺体を片付けようと待機する中国軍の様子を米軍が撮影したもの」だとかいうんだが、少しでも第2次大戦を勉強すれば、まずこの時期、この3者がこういう形で居合わせる構図自体が有り得ないと光の速さで分かる。
そしてフィルムには撮影時の説明資料がついていた。実際には「殺された日本兵たちの持ち物を中国軍が物色している様子を米軍が撮影したもの」だった。そう、また韓国側の真っ赤な嘘だったのである。遺体の性別からして嘘なのだから恐れ入る。
まず「日本軍は暴虐非道」という不動の設定があり、それに合わせたストーリーを作っていくというのがこの手合いの考え方だ。なので、都合の悪い説明資料や証拠は当然ガン無視。嘘は大声でつくのがコツだ。バレてもしらを切るか、「嘘でした」と目立たないように訂正すればOK。嘘が周知され、独り歩きを始めれば成功だ。そう、どっかの新聞と同じ手法である。
日本人は馬鹿正直な国民性なので、「あんなに真顔で訴えるんだから」と彼らの主張を信じて自虐史観にとらわれてしまった。だがぼちぼち、真っ赤な嘘を真顔で訴えられる人たちがいることを知らなければならない。
そして今回、何より情けないのが、この嘘を見破ったのが米国人ってことである。国や先祖たちの名誉が不当に傷つけられているのに日本人は何をやっているのか。彼らが嘘をつく度に逐一論破し、嘘の芽を一つ一つ摘んでいく努力が必要だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR西日本の経営が意外と苦しいのは、多くのローカル線を抱えているからだ。それらの多くは山陽と山陰を結ぶいわゆる陰陽連絡線を構成する路線群である。平成15(2003)年の可部線非電化区間に続き、今月末をもって三江線全線が廃止されることになっている。
今回乗車した芸備線もまたそうしたローカル線のひとつである。ただし、広島〜三次間は広島の都市圏にあり、比較的列車本数も多い。ここで活躍するのは国鉄型のキハ40系列。民営化後、いわゆる「広島色」に塗り替えられていたが、経費節減のため、再び国鉄時代の朱色5号1色に戻されている。そもそもこの塗色は国鉄末期、やはり経費節減のために採用されたもので、「首都圏色」とか「タラコ」とかいわれて評判が悪かった。だが国鉄時代が遠くなった今となっては、そういう陰気なイメージよりも懐かしさや渋さが先に立つ。そもそもキハ40にとってはタラコこそがオリジナル塗色であり、私なんかは正直、心が沸き立ってしまう。

広島始発の1806Dは5両編成で出発した。きょうび、5両編成で運転される普通ディーゼル列車は稀有。しかもそれが国鉄色で統一されたキハ40ならより一層だ。山間に入る芸備線は美しい沿線風景に恵まれており、また改めて撮影に出かけたいものだと強く思った。

P1090481.jpg

もっとも、5両連ねて走る区間は短く、営業距離14.2kmの下深川駅で後ろ3両が切り離されて広島へ戻っていく。短編成化が進むローカル線では分割併合を見る機会が減っているので、一連の作業を興味深く観察してしまった。

P1090510.jpg

快速みよしライナーである。今回、唯一駅間で撮ったかのように見える写真だが、交換待ち合わせ中の吉田口駅ホームから撮影したもの |∀・) 民家の屋根の太陽光パネルがちと残念だが、昭和の頃と大差ないであろう沿線風景に心癒された。

P1090553.jpg

三次は立ち込める霧で有名なところ。この日も列車は幻想的な霧の中を行き、定刻に終点・三次に着いた。その頃には霧も晴れ、日差しと青空が戻ってきた。今回の旅行3日目にしてようやくの晴天。これは幸いだった。何しろ、ここからが今回のメインイベントなのである。

P1090560.jpg

三次で次の列車に乗り換え、尾関山方面へ向かう。

P1090520.jpg

廃止間近となった三江線葬式鉄の旅が始まるのである。
乗車拒否してるかのような絶望的な過疎ダイヤに加え、使用車両が鉄ヲタよけなんじゃないかと疑われるキハ120であり、訪問を後回しにしているうちに廃止が決まってしまった。今回が最初で最後の訪問になるだろう。たっぷり1日かけて沿線を堪能する予定だ。



で、これがまとめ動画だが、乗り鉄動画の常として視聴回数が伸びない(毎度言ってねえか)。確かにこれという物珍しさはないが、スチルよりもこっちの方が内容が充実している |∀・) タラコのキハ40がいつまでも走り続けるとは思えないので、当たり前の風景であるうちに撮っといてよかったと思っている。(イノテツ)

| ローカル線紀行 | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嘉例川駅〜駅舎と風景、そして猫

明けましてあめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
…なんていうことは松が取れないうちに言っておかないと若干間抜けかなと思い、焦って更新した次第です。間に合ってよかったよかった。

で、新年早々ぼやきから始めてしまうのですが、LINEで声を送り合う機能、ボイスメッセージっていうのがあるらしいけど、うざいねあれは(-_-;)
昨年末、貧乏人の私が久々に新幹線に乗り、酒飲んでいい気分になっていると、隣の席に座ったアジア系の外人がおもむろにこれを始めたのです。彼は通話の時はデッキに行っていたので、「LINEなら通話じゃないからいいだろ」って発想だったんだと思います。でもさ、やってることは実質通話と変わらんよね? その上、着信する度に例のポコペン♪っていう音がしやがるので一層うざいわけです。
これ、つい先日も山手線で見かけました。やっぱりアジア系の外人。つまり、「車内デ通話シテハイケナイ」と機械的に記憶しているだけで、なぜそうなのかを理解できないために、マナーとして身につかないのでしょう。
マナーっていうのはひとえにその人の良識に依存するもので、それが期待できなければルールによって束縛されることになります。日本の社会は高度にマナーが行き届いているおかげで自由を享受できています。インバウンドも結構だけど、それによってマナーがルール化されるようなことは勘弁してもらいたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1110830.jpg

肥薩線の吉松駅である。この駅から吉都線が分岐するが、前回に引き続いて肥薩線を下っていくことにする。
前回、肥薩線が鹿児島本線の旧線であることを書いたのだが、分岐する吉都線も日豊本線の旧線であり、かつては大変賑わったことだろう。現在も国鉄型の気動車が集い旅情を掻き立ててくれるが、地方の寂れた駅の例によって、駅舎に接した1番線のレールが剥がされて久しい。使われなくなったホームがすっかり古ぼけて寂しい限りだ。

P1120010 2

鹿児島本線の旧線ということで開業が早く、しかも当時の雰囲気を現在にまで色濃く伝えているのが魅力の肥薩線。鉄ヲタの人気はもっぱら大畑駅ということになろうが、一般にはこちら嘉例川駅のメディア露出の方がはるかに高く、人気もある。

P1120077.jpg

その魅力は、いうまでもなくこの駅舎にある。明治36(1903)年の開業当初からの建物で有形登録文化財。渋い。渋くて氏にそうである (^q^) それに加えて立派な門松がしつらえてあり実にタイムリー。だが、今回も一連のお蔵出しネタであり、撮影は平成27(2015)年の年末であることを白状しておかねばなるまい |∀・)

P1120024.jpg

そしてこちらは駅猫の「たぬき猫にゃん太郎」。たぬきみたいな柄と青い瞳がトレードマークのシャム猫系雑種である。ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅の2匹の駅猫は駅に勝手に居着いて人気を得たのだが、にゃん太郎も似た経緯だ。もっとも、この頃はまだ駅に居着いて間もなく名前も決まっておらず、駅猫という立場すら定まってはいなかった。それが徐々に人気を博し、半年後には嘉例川観光大使に任命されるに至るのだ。これは、そんな彼の「サクセスストーリー」以前の姿であり、ある意味貴重だ。
ていうかね、異常な人懐こさからしてもともと飼い猫だったはずで本来の飼い主がいると思うんだが、もうここまで盛り上がってしまったら今さら名乗り出ることもできんだろうなとかも感じてしまう。まあ何より大事なのはにゃん太郎が幸せに過ごすことであり、撮影するにしても、フラッシュ焚いたりむやみにいじくりまわしてストレス与えたりはしないでねと、猫好きの一人としてお願いしておきたい。あと、車で乗り付けないで鉄道利用してください。これも切実なお願い。

P1120071.jpg

特急「はやとの風」がやってきた。嘉例川で5分ほど停車する。乗客はこの間、列車や駅舎、そしてにゃん太郎の撮影をすることができる。騒々しくなるので駅から退避 |∀・) 特急っていうのは特別急行の略なわけだが、この列車の場合は観光客をターゲットに運行されており、「特に急いではいません」の略ってことになるだろう。つまり、乗客は「特に急がない料金」を払ってるわけだが、こういう金を払える人こそがエグゼクティブでしょ。そういう者に私もなりたい。いやマジで。
だがこの列車、今春の改正で週末のみ運転の臨時列車に格下げされるといわれている。観光客の動向は気まぐれであり、本来なら地元民の安定した利用が必要だと改めて訴えたい。銭湯も、たまに来てサウナも利用する客より、足繁く来て風呂にだけ入る客の方が有り難いとか聞いたことがある。



で、これがお蔵出し動画の最後になる。嘉例川駅にはしばらく滞在したので、比較的静かな様子が撮れている。まあ半分がた猫動画になってるのはご了承ください |∀・)
次回以降の動画は昨年末に新たに撮った新ネタに移行していくわけだが、うーん、もともと別にうまくなかったカメラワークがいっそう下手くそになっており、編集に苦労するだろうなという予感がする('A`) なんにしろ、磨き続けないと腕はどんどん鈍っていくってことだね。(イノテツ)

| ローカル線紀行 | 07:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山に挑む肥薩線 八代〜人吉〜吉松間

自民党内で憲法改正に関する会議が行われたそうで、まあ表向きは「これからも話し合っていきましょう」的な中身の乏しい結果に終わったのだが、実は出色の成果があった。青山繁晴案の噴出である。
憲法改正に関しては7条の単純な誤字訂正すら阻まれたまま今日まできてしまっている。論点は多岐に及ぶが最大の関心事はやはり9条であり、青山案もこれに関するものである。
青山議員は、私が投じた中で最も価値ある1票だったなと思える働きをしてくれている。彼は本来第2項の削除を主張していたが、それは現実的に難しかろうという安倍総理がこの5月、従来の9条を維持した上で「第3項」を加筆してはどうかと提案した経緯がある。
私は当時、総理の提案を消極的に支持し、こんな「第3項」を考えた。「前項は国の自衛権を妨げない。自衛隊については法律でこれを定める。」国民投票にかけるなら、コンセプトはシンプルイズベストだ。
だが、今回の青山案はさらに短かった。「本条は自衛権の発動を妨げない。」
青山案は、ネット等の多くの提案を勘案した上で考え出されたものだ。私と似た提案をした人が多かったのではないか。青山さんも、この案なら2項削除案から転向できると考えたのだろう。
私の案と青山案には「自衛隊」明記のあるなししか違いがないが、実はこれが大きい。建前上、自衛隊は軍隊ではない。傍目にどう見ても軍隊だが違う。軍隊の存在を2項が禁じているからだ。だが、そんな建前が世界に通用するだろうか。青山案は、自衛隊と明記しないことで、「自衛軍」への改名を可能とできる点で私の案より優れているわけだ。
嘘はない方がいい。憲法が現実に即さず嘘八百ならその権威は失われてしまう。私が最も恐れることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1110750.jpg

鹿児島本線の八代駅である。前回が北海道でいきなり南九州かよw いや、もちろんこれもお蔵出しのネタです |∀・) 撮影はほぼ2年前。このしばらく後に熊本地震が起き、うpのタイミングを失っていたネタだ。

九州新幹線の開業により、鹿児島本線はここ八代でブツ切れとなった。画像の乗り場案内板、真ん中の構内図になってる部分がおそらくかつて鹿児島本線下り列車を案内していたであろうスペースだ。八代〜川内間は肥薩おれんじ鉄道に移管されており、改札も分けられている。
一方、よりローカル色の濃い肥薩線はJRの管轄にとどまった。鹿児島本線の旧線にあたるが、山間部を行く難路であり、昭和2(1927)年に水俣回りの海線が開業したことで、本線の地位を譲っている。この古き良き本線の名残を見てみたいと思ったのだ。

P1110764.jpg

一番列車の1221Dは、ステンレス車体のキハ31だった。渋みこそ乏しいがれっきとした国鉄型で、その証拠が天井の扇風機に残されている。分割民営化直前の国鉄は、経営の厳しくなりそうな北海道・四国・九州のローカル線に駆け込みで新車を投入した。いわば置き土産で、キハ54なんかもその仲間だ。なお、キハ31はその後、平成28(2016)年の改正で肥薩線の運用から外れたので、今ではもう見られない光景になった。

P1110775.jpg

一勝地駅である。縁起のいい駅名だというので入場券を売ってるらしいのだが早朝で買えなかった('A`)
そして見逃せないのはこの渋い駅舎だ。今でこそローカル線に転落してしまったが、さすがは往年の本線、こうした風格ある駅舎が多く残っており、豪華クルーズ列車「ななつ星」のルートに組み込まれることになった。

P1110799.jpg

人吉駅で吉松行きに乗り換えると、いよいよ肥薩線のハイライト・山線区間となる。大畑(おこば)のループ線や繰り返されるスイッチバックで、この区間の難所っぷりを体感することができる。また、この区間には日本三大車窓の一つに数えられる矢岳越えがある。あんまりうまく撮影できなかったのだが、最後のまとめ動画にちょこっとだけ収録しました。
山深いだけに閑散区間となっており1日5往復のみ。来春改正でさらに減便されて3往復になるらしい。乗っといてよかった('A`) だが同時に「ななつ星」が来るようにもなる。あの豪華列車に乗ってこの車窓を眺めたらひと味もふた味も違うんだろうな。まあ私はどちらかというと外からななつ星を見てみたい。山線に挑む様子はさぞ壮観だろう。

P1110811.jpg

要は、地元民の利用が期待できないので観光鉄道化しているのだ。すでにこの区間を走っている「いさぶろう・しんぺい」の他、肥薩線に入る特急「はやとの風」や「かわせみ やませみ」、さらには臨時の「SL人吉」もひたすら観光需要を狙った列車である。三セク化した海線の肥薩おれんじ鉄道も、観光需要を掘り起こすことで厳しい経営のテコ入れを図っている。特に肥薩線はこれだけ古き良き鉄道の魅力を満載しているのだから、利用しない手はないともいえる。
うーんでもなあ、鉄道っつう存在そのものが、地方ではレガシーになりつつあるんだなあと一人の鉄ヲタとして大変複雑な心境ではある。

さて、最後にまとめ動画です。そういえば以前はこうやってちょくちょくまとめ動画をうpしてたわな。動画の編集は結構楽しい作業なので、動画の撮影も再開していきたいな。でもオクラの素材がもう1本分あったりする |∀・) まずはそれを放出したいです。(イノテツ)

| ローカル線紀行 | 14:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT