きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

酔っ払い、昭和気分で午前様〜深夜の板橋駅界隈

久々に聴きましたよ『マッカートニー』。多分中学の頃以来だと思うから30年ぶりくらい? 30年前の話をできる歳になってしまったんだな俺も('A`) このほど、しばらくぶりで紙ジャケCDの再発が出たので買ってしまったのです。以前出たものは廃盤になっており、中古でもプレミアがついちゃってて手を出せずにいたのです。
本作品はいうまでもなくポール・マッカートニーのファーストソロアルバムなわけだが、『アビイ・ロード』が大好きで、これがビートルズの事実上最後の作品と聞きかじった当時の私は、その延長線上のものを『マッカートニー』に期待し、思いっきりこけたものだった。率直な感想は「手抜きかよ、しょぼっ!」w 今でこそ宅録系の嚆矢だとかパーソナルな魅力が生々しく伝わってくるとか再評価著しいが、発表当時のオーディエンスの多くもまた、私のような、いわば肩透かしを食らった気分になったのではないかと思う。おかげで当時はレンタルレコード屋で借りてカセットテープに録音したものを数回聴いた程度でしまいこんでしまった。
それでも、ビートルズを入り口として洋楽、特に英国のフォークやロックを好んで聴くようになった。最近では発表当時はさっぱり売れなかったようなマニアックなのにも手を出して、その奥深さに感嘆しきりだ。
この世界のことを「英国ロックの深い森」とか呼ぶようだが、ひとしきり森の中を逍遥してみた上で、今回改めて『マッカートニー』を聴くと、「お、なかなか渋くていいぢゃねえか」という感想に一変するのだった。そもそも音楽として完璧なものを志向してないところから、生々しいものが染み出してくる。そこが彼の狙いだったのかな。一方、「シンガロング・ジャンク」の美しいメロディの背後にはメロトロンが響いていたりして、単なる手抜きではなかったことにも気付いた。昔得た感想が絶対ではないということだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池袋の西口公園で酒を飲んでいると、どこからともなく外人のねーちゃんとお兄ちゃんが現れ、その場のノリでしばらく一緒に飲んだ。なんだか甘く危険な香りがする人たちだった。夜の西口公園ではこういう経験を時折する。好きな場所だが、酒を飲むなら昼間にしといたほうが健康的だと思う |∀・)

P1080753.jpg

まだ電車があったので板橋に移動、辺りを彷徨った。学生の頃、板橋は遊び場所の一つだったが、こんなに渋い場所だったっけと最近になって気付いたりしている。まあ、若い頃はチェーンにしか行かないもんね。

P1080759.jpg

ああ、昭和の雰囲気がしみるなあ。平成もあと1年5ヶ月弱で終わると決まったし、昭和がさらに遠くなるなあ。もう1杯飲みたいな、でももう金がないな。

P1080785.jpg

それに、もう電車がなくなる頃合いだ。
そういえば、踏切には現在も「赤羽線」の表示が残っている。1985(昭和60)年に赤羽〜武蔵浦和〜大宮間が開業、埼京線と名乗って直通運転を開始した。この愛称はすっかり定着したが、それまでは池袋〜赤羽間を行ったり来たりする赤羽線として運行されていた。「赤羽線」は正式路線名だが、今やすっかり懐かしい響きだ。現在では直通区間も大崎からりんかい線まで伸びたが、深夜と早朝の数本だけ池袋〜赤羽間を行ったり来たりする運用が残っている。昔日の名残みたいなものだろうが、実は「赤羽線」は現在も生きているのだ。

P1080754.jpg

結局、自販機で缶コーヒーを買い、駅前広場のベンチでゆっくり飲んだ。いいや、歩いて帰ろう。歩くのが好きで、怪我してても歩いてしまうのでなかなか治らない。

P1080795.jpg

都電の線路まで戻ってきた。この前は軌陸車が来て作業中だったが、今回はいつも通りの静まり返った線路だ。街灯に照らされて、闇の中にぼんやり踏切が浮かび上がっている。
関係ないけど、冥王星の地面に降り立ったとすると、ちょうどこのくらいの明るさなんだそうだ。太陽から遠く離れていても、このくらいの光は届くんだなあと、それを知った時妙に感心したものだった。私は、「これが冥王星かぁ」とわけのわからんことを考えながら踏切を眺めていた。酔っ払いの家路は遠い。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 04:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山手線を各駅下車しながら一周してみた

P1080590.jpg

蓮根(レンコン)が旬になり、値段も下がってきました(・∀・)イイヨイイヨー
都営三田線に本蓮沼とか蓮根、またJR東北本線にも蓮田なんていう駅名を見ることができます。これらの地域では今や面影もないけれど、かつて産地だった名残なんでしょう。
現在の特産は茨城県で、全国の半分を生産しています。母方の墓が土浦にあり、その周囲には蓮田が広がっていて、お盆の頃には一面に薄桃色の花が咲きます。また、小美玉の霞ヶ浦湖畔にある某道の駅へドライブへ出かけたときは、偶然レンコンの出荷に出くわし、とれたてを安く買えたと母が喜んでおりました。「こんなに白いレンコンは見たことがない」というのが母の弁。そう、新しいレンコンはとにかく白いのです。断面なんかほぼ純白。古くなるとアクの作用で徐々に黒ずんでくるわけです。
で、この画像はねー、最もオーソドックスな調理法と思われる金平です。簡単で美味しいので、レシピをメモっときます。
1.皮を剥いたレンコン300g程度を薄くスライスし、酢水に3分ほど晒してアクを抜く
2.醤油・酒・砂糖それぞれ大さじ1を混ぜとく
3.水を切った1をごま油で一挙に炒め、さらに2を加えてなじませる(焦げ付き注意)
4.好みによりとんがらしを加えて出来上がり
私は辛党なので、砂糖はパルスイート小さじ1弱とかに置き換え、とんがらしをガンガン入れます |∀・) 市販の惣菜は総じて甘ったるいと感じるし、自分の好き勝手に調味できる自炊は、コスパとか置いといてもやめられません。もっとも私の場合は食事の全部を自分で作るようなことは多くなく、今日も、この一皿だけを酒のつまみとして作りました。レシピの通り、基本的に単なる炒め物なのですが、出来上がってみると和食なのが不思議で、最近のマイブームになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1080167.jpg

現在、山手線関係の本の制作の手伝いをしている。山手線各駅の紹介をする部分で、サムネ的に各駅の写真を小さくあしらうデザインをしてみたところ採用されたため、これらの写真を用意しなければならなくなった。普段、山手線の駅の写真を撮り集めてたわけでもないので、1日使って各駅で降り、撮って周るしかねえなと、先日、最寄りの大塚駅から撮影を開始した。
これは普段の習慣でつい都電をメインに撮ってしまったために没にした写真。有名なポイントだが終日逆光のため、晴れの日は避けたほうがいいかもしれない。

P1080211.jpg

山手線は29駅。駒込〜田端間は歩いてしまったし、下車しなかった駅も二、三あったが、一方で二度三度出入りした駅もあり、いちいち乗車券や入場券を買っているとえらい額になる。そこで役に立つのが「都区内パス(750円)」。以前は「山手線パス」っていうのが500円くらいであったが、都区内のJRに乗り放題、駅の出入りもし放題で平日も使えるこの企画券の方がむしろお得だ。都内の営業さん御用達といった存在だろう。

P1080241.jpg

山手線の駅舎といえば、すでに21世紀的メトロポリタンデザインに毒されきっているという先入観があるがそうでもない。隠れキャラ的に渋い駅舎が残されているので、今のうちに見て回っておくと後年、得した気分になれるかもしれない。この田端駅は裏口に当たる駅舎だが、

P1080295.jpg

こちら、鶯谷駅なんかはこれがメインの駅舎。高台に位置しているので空が広い。小さいながらもタクシーだまりがあり、どこか地方の小駅の雰囲気を漂わせる(背景の風俗街がちと泣けるが)。瓦葺きの木造駅舎は全国的に減っていく一方であり、山手線ではここだけ。線路のこっち側には谷根千の落ち着いた雰囲気が漂っており、巷間いわれる「鶯谷=風俗」というイメージとは無縁だ。この駅をダサいとか評する人が多いらしいが、まあ知らない人の意見だろう。

P1080356.jpg

浜松町の駅前では、戦後日本の繁栄の象徴でもあった世界貿易センタービルの解体が始まっていた。ていうか秋の日は釣瓶落とし、時間が押してきたので周辺を散策してる場合ではなくなっていた。

P1080373.jpg

近年、最も成り上がったのがここ、大崎駅だろう。湘南新宿ラインとりんかい線のジャンクションになり、インバウンド対応だとかで余計な表記が増えたので、駅名標はぐちゃぐちゃでわけわからんことになっている。これで、駅名が「おおさき臨海新都心」とかいう最近風のクソ長い駅名だったら完全に破綻してたなと思った。

P1080414.jpg

新大久保駅はかろうじて旧駅舎が残っているが風前の灯だ。駅機能を維持しながら画像のような、例によってのスクエアなガラス張り駅舎に建て替わる途上にある。原宿駅も文化財的な木造駅舎を擁しているが同様だ。
一方、巣鴨駅はもともと昭和中期式のつまらん駅舎だったが、ここもすでにスクエアなガラス張りに建て替わった。一部でも寺町っぽくすればそれだけで名物駅舎になり、街の魅力になったろうになと、地元民として大いにがっかりしたものだった。山手線各駅下車の1日は、各駅から個性が失われていくのを目の当たりにする1日でもあった。(イノテツ)

| 都会の鉄道 | 09:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄昏の湾岸(ゆりかもめ・東京モノレール)

選挙戦が終わり、有権者の判断を待つ段階となった。
折り悪く台風が接近しているので、期日前投票を済ませてきた。まあこのタイミングだし、どう投票したのかは一応伏せておく |∀・) だがお願いしたい。なんとか投票して投票率を上げ、より純度の高い民意を形成してほしい。
今日の無駄口枠は、他に書き込んだコメントの転載でお茶を濁そう。まず、朝日新聞が、今回、低投票率になりそうなのを見越して「批判のための棄権という民意が反映されない」という記事を出したことに対してのもの

>結果が出る前からこういう予防線を張るのは実にみっともない
>これで与党が惨敗したら、こいつらはどう勝利宣言をするつもりなのか
>今回投票率が下がる(であろう)原因の台風には一言も触れないのも汚い
>それでもなんとか投票しようと、期日前投票は増えたろ。俺もそうした
>>批判のための棄権
>こんなものに配慮する必要はないわ

そしてもう一つ、秋葉原における安倍首相の最終演説動画に対してのもの

>都議選の選挙妨害がうまくいき、奴らは味をしめたんだろう
>でもこれは、サイレントマジョリティを動かす契機にもなったんだよ
>もう我々は、ああいう汚い行為に負けるわけにはいかない
>それを同じ秋葉原で示すことができて、本当に素晴らしかったと思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人と酒を飲んだ帰り、電車とホームの間に左足を突っ込んで怪我をして1ヶ月。それが治りきらぬうちに再び転倒、今度は左足を含めた全身を打ってしまった。痛い、痛いよウワ━━。・゚・(´Д`)・゚・。━━ン
なんていう折ではありながら足を引きずって出かけ、ゆりかもめに乗ってきた。

P1070973.jpg

これが開業した平成7(1995)年っていえば俺は貧乏大学生でさ、金がないから女の子乗せてドライブっつっても、車は自転車っていうザマだったわけですよ。「しっかり掴まっててね☆」みたいな('A`) その頃、同年代のリア充どもの間ではこのゆりかもめがえらい流行で、「デートコースにゆりかもめ」はマニュアル化されていた。そうなると、「断じて乗らねえ!」という生来のひねくれ根性が発動し、初めて乗ったのはずいぶん後のことだった。
お台場に用事があるときは並行する都バス「虹01」系統が安くて便利であり、もっぱらそれを利用していた。だが、しばらく足が遠のいているうちに廃止されており、今回は仕方なくの乗車だった。
休日の午後、柔らかい日が注ぐ行楽日和だというのに車内は空いていた。あれっ? という感じだった。調べてみると、利用客数は確実に減っていた。そう、あの流行はとっくに過ぎ去っていたのだ。

テレコムセンター駅で下車。何度か無駄口枠で書いたことがあるが、私は小笠原諸島・西之島の噴火活動について強い興味を持っており、今回もその知識を蓄えるため、海上保安庁の海洋情報資料館へ行くのが目的だった。
来館者は終始私一人。海保の担当者がつきっきりで説明をしてくれた。メインは採取してきた西之島の溶岩。手に触れ、持ち上げることもできた。一般的にイメージする溶岩よりずっしり重かった。これは活発な火山活動によりゆっくり冷却されたため、より密な構造になったためだろう。拡大した新しい西之島が丈夫な安山岩に塗り固められており、長い期間侵食されずに残ることを意味している。貴重な体験ができた。

P1080004.jpg

ゆりかもめには「都会の秘境駅」と揶揄される市場前駅がある。小池知事の決断により、豊洲市場は未だに開業していない。それが如何なものか、投票日であるこのタイミングでの意見は控えるが、その閑散っぷりを見てみたい気もしていた。だが、いかんせん怪我をした足が痛い_ノ乙(、ン、)_ 出会い橋の上からこの写真を撮ると、東京テレポート駅からりんかい線に乗り、天王洲アイル駅へ移動した。

P1080017.jpg

平成4(1992)年に東京モノレールの駅として開業した比較的新しい駅である。平成13(2001)年にりんかい線が延伸してきてジャンクションとなった。

P1080018.jpg

遠くを行く新幹線が見える。高層ビルが立ち並び、確かに都会ではあるのだが、休日のせいか喧騒はなく、また水辺の環境はなんだか安らぎを与えてくれた。住んでみたいよなこういうところに。でも高いんだろうな('A`)

P1080040.jpg

この場所が気に入ったので、日が暮れるまで佇んだ。夕闇を横切るモノレールの図はなかなかいい。多分平日なら、背景のビルにもっと明かりがついて、よりいい絵になることだろう。(イノテツ)

| 都会の鉄道 | 06:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊島区に雹の嵐

安倍内閣の支持率急落に、マスゴミ界隈は大喜びのようだ。自分たちの世論操作がまだまだ有効であると自信を取り戻したのだろう。余勢を駆って一挙に倒閣へと走っている。
同じ人がいろんな番組の街頭インタビューに出てきて政権批判をしてると思ったら案の定仕込みで、正体は左翼活動家だったみたいなことは普通にある。こうしたことが起きるのは、実は同じ下請け会社が番組を作っているからだ。主婦が好きな各局のワイドショーなんかは、泉放送制作という一社がほぼ牛耳っている。どのチャンネルを回しても同じような偏向番組なのはそんな理由だったのだ。実際、今回の支持率急落は女性で特に激しい。
直接の引き金は、都議選における首相の「こんな人たち」発言だったと私は見ている。まあきつい言葉ではあったが、微塵も間違っていない。この言葉は横断幕や拡声器を使って選挙妨害をする左翼活動家に向かって発せられた言葉だったからだ。つまり「こんな(選挙妨害をする)人たち」だったのだ。ところが、最も大事な部分を端折ってしまったために、あたかも自民党を支持しない人全員に向けられたように印象操作されてしまった。大聴衆のほんの一角を占めているに過ぎない左翼活動家のみを大写しにして、その活動と結託したマスゴミのやり口も全くえげつない。明らかに公職選挙法違反だから取っ捕まえればよかったのだが、それをやると「権力の濫用だ!」と騒がれるに決まっており、躊躇したのだろう。自民党も情けない。
第1次安倍内閣がマスゴミに潰されたように、今また同じことが起きようとしている。倒閣は結構だが、国民はマスゴミの嘘に踊らされていいのだろうか。以前から繰り返しているが、真の民主主義は、各々が、自分の頭で考え、判断する責任を持てなければ成立し得ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の都内はえらい嵐だった。特に、私の住む豊島区が最もすごかったらしい。確かに、あんなのは経験したことがなかった。すごい雷雲が接近しつつあることをお天気サイトが刻々伝えていたのである程度予想はしていたが、未経験のものは想像にも限界がある…それが実感だった。



うちの部屋からの景色。そういえば、つべに動画上げたの1年半ぶりくらいだけど、いかにもやる気のなさそうなクオリティ。でも、すごい雹なのは分かるでしょ? この中を出かけて行く根性はなかったし、例によって体調が悪く、止んだ後も撮影に出られず寝込んでいたのだった_ノ乙(、ン、)_

P1050062.jpg P1050068.jpg

今日になって少し具合も良くなってきたので、まずはベランダの掃除から始めた。窓が割れるんじゃないかと心配したがそれは逃れた。その代わり網戸が穴だらけに('A`) 近所でもこのような被害が見られた。あと、丹精込めて育てていたインゲンが終わった。辛うじていくつか種を拾えたが、これが来年きちんと芽吹くかどうか、ちょっと不安だ。

P1050073.jpg

大塚駅前。雹にちぎられた大量の葉っぱが散乱したままだ。7月に、緑の落ち葉。どう見ても異様だ。木にとってもダメージなんだろうな。

今回の雹の被害で最も大きく取り上げられたのはJR駒込駅だったと思う。なにせ、ホームの明かり取り屋根が破壊され、もれなく落ちたのだ。他所様の画像を引用させていただくとこんなである。嵐が去って、早くも青空がのぞいているのがシュールだ。
で、これが今日の様子。構図は違うが、同じ明かり取り屋根を私が撮ったものだ。

P1050078.jpg

すげえ、もう直してある! まんま放置か、せいぜいブルーシートをかぶせる程度だろうと思っていたので、この素早い対応には驚いた。さすがは天下の山手線ということなのか。

P1050094.jpg

巣鴨のとげぬき地蔵前。協賛者の名前が書かれた提灯が哀れなことになっている。左上に見える七夕飾りがずいぶん痩せたようだし、手水舎の屋根には葉っぱがたくさん積もっている。
今回、最も激しく雹が降ったとされる豊島区内にいて一部始終を目の当たりにしたので、その破壊力を記録しておこうと、今日は鉄分薄めの記事にしました。(イノテツ)

| 都会の鉄道 | 16:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京メトロに点在する謎のオブジェ

去年の都知事選、参院選では私はここで明確に意思表示をしたのだが、今回は投票当日まで悩んだ。豊島区民としてはぜひ都民ファーストの候補に入れたい、何せ、都議会自民の癌、内田茂前議員に反旗を翻した「七人の侍」の一人だ。でも一方で自民の候補は俺の大学の先輩じゃねえか。
国会の議論を崩壊させた「もりかけ問題」、さらに下村自民党都連会長を貶めんとする嘘八百など、マスゴミの横暴には目に余るものがあり、ひねくれ者の私としては自民支援といきたいところなのだが、とはいえその都議会自民党は内田氏に牛耳られ、間違っても支持できるような代物ではなかった。
悩んだ。悩んだが、今回は都民ファースト、いや「七人の侍」の本橋氏に入れた。なんかトップ当選らしいが、その一方で応援してた堀先輩は落ちてしまったようだ('A`) こうなってみると、死に票になってもいいから堀さんに入れときゃよかったかなとか悔やんだりもする。一票しか持てないことをこんなに恨めしく思ったことはない。
だが、安倍自民党総裁は、記者会見もせず、さっくり帰宅してしまった。安倍さん自身が、自民党の浄化を望んでいるのだろう。以下、私の某巨大掲示板への書き込みを転載して、今日の無駄口枠を終わりたいと思います。

>830 無しさん@1周年 2017/07/02(日) 22:52:41.78 ID:9qtMiT2z0
>小池知事を叩く評論家も、安倍首相を叩くメディアも信じられなかった
>多分だけどこの二人、そもそも仲が悪いわけじゃないから、
>裏で手を握ってて、都ファが勝って自民が撃沈しても大丈夫なようにしてあるだろ
>要は東京にも維新ができたってことだ(不純物が多いが)
>
>内田に操られた伸晃のせいで、一見面倒なことになってるだけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか最近、無駄口枠が政治ネタばっかりで恐縮なんですけど、しかも今日はこの枠のために更新するようなもんでさらに申し訳ないんですけど、都議選もあったことなのでご容赦くださいね。

その上次は宣伝という、今日は本当にしょうがねえな |∀・) 私がお手伝いした鉄道関連書、今年もいくつか出てますが、その最新刊がこれです。なぜ、上野駅に18番線がないのか?

タイトルだが、まあ鉄ヲタなら知ってるよね。私も上野駅18番線を利用したことがある者の一人として、その廃止には悲しみをもって接したもんだった。「鉄ヲタでもちょっと知らないようなことを書きたい」というのが著者の希望だったので、これで良かったんかなというのはある。あまりマニアックに走りすぎないようにという版元(出版社)の判断だったのかもしれない。
これは意外と知られていないかもしれないが、書名ってのは著者じゃなくて版元が決める。文芸書じゃない限り、著者が文章を書くプロとは限らないので、こういうことは当然起こりうる。私自身、自分の本(このブログメンバーの共著)を出す際、意外な書名に決められつつ、何の発言権もなかったことを思い出した。
そんな私が、この本につけたかった書名は『武蔵野に黄金列車が行く』だった |∀・) でもこれは絶対没w 理由は、実際に本を読んでくださいね。
よく知られたネタからかなりマニアックなものまで色々揃っている。今回私が担当したのは本文デザインと組みだったが、楽しみながら仕事をさせていただいた。

P1040145.jpg

で、本の中で紹介されてるのがこの「マーキュリー像」である。本には上野駅のものが掲載されているが、これは池袋駅のもの。投票の後、池袋を徘徊してて偶然見つけた。この写真は絶妙なタイミングで撮ったけど人通りの絶えないところで、私自身、ここを幾度となく通りながら、この像の存在に気づかなかった。それでもここで、数十年の間、行き交う人々を見つめてきたのだ。
元々は昭和26(1951)年に銀座駅に初めて設置されて以来、営団地下鉄のマスコットとして増えていったらしいが駅改修などに伴ってやがて減り、現在見られる駅は6駅。他は日本橋や浅草など、やはり、営団の後進東京メトロにとって思い出深い駅ばかりである。
台座の花崗岩はおそらくブルーパールという種類だと思うが、しっかりした石を使っているあたりからも、この像への思い入れとか、現在ほどケチくさくなかった時代背景とかが推察されて面白い。結構目立つところにありながらほとんど誰にも気づかれないという存在感の薄さが哀愁を誘うが、地下鉄の歴史の一つなので、これからも残していってほしい。(イノテツ)

| 都会の鉄道 | 09:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT