きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ その5



●サッポロビール庭園駅 夕方

 千歳線の千歳駅から札幌に向かって2つめがサッポロビール庭園駅だ。名前のとおり駅前にサッポロビールの工場がある。ちなみに駅名のサッポロは漢字ではなくカタカナだ。

 また地図を見ると分かるように両隣の駅までまっすぐな線路が引かれている。通過列車用の線路もまっすぐ伸びているのでほとんどの列車はトップスピードでびゅんびゅん走り抜ける。特急や快速はもちろん,とろいと思っていた各駅までがびゅんびゅんかっ飛ばして通過していく(ここはマイナーな駅なので一部の各駅停車は通過してしまうのだ)。

 このスピード感は静止画だとちょっとわかりにくいので動画での撮影をメインとした。





 それにしても列車が通過するときの振動でカメラが揺れる。ホームでも風圧がスゴイ。1時間くらい粘ったが,風が吹きつけるので体感温度的にはかなり寒い。夕闇も迫ってきてこれであがりにしようと,三脚をたたんだら脚の一部が氷ついていた。無理矢理素手で押し込むと手が金属部分にくっついてしまった。ひーーっさすがは北海道だ。手をはがすと皮の一部がペロンと剥けた。金属を触るときに手袋は必須なのだ。

 北海道&東日本パスは5日間有効だが,往復にまるまる1日かかるので実質3日しかいられない。しかもこのときは欲張って東北も回ったので,北海道に滞在できたのはわずか2日だったが,いい撮影ができた。多くの撮り鉄が北海道にやみつきになる気持ちがよく分かった。(アホキ)
スポンサーサイト

| 雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ その4


●美唄 昼
 晴れていた空がにわかに曇り始め,雪がちらちら降ってきた。30分も経たないうちに再び強い雪になってきた。北海道で雪が降り出すと自然が牙を剥いておそってくる感じでちょっと恐い。友人の話ではたった100m歩くのに命がけになるときもあるという(自宅からバス停まで歩く途中で遭難した人もいるらしい)。

 そんなときは無理をせず,暖を取るために列車に乗ればいいのだ。豪雪の中を走る暖かい電車というのは実にありがたい。また,気持ちがいいので直ぐにうとうとしてしまう。

 今回は雪煙をあげるスーパーカムイを撮りたかったのだが,概ねイメージしていた画像がGETできた。もうひとつの北海道を代表する特急,スーパー北斗を撮りに千歳方面に向かうことにした。

●千歳駅 3時頃

hkd401.jpg



 スーパーカムイは旭川~札幌間では特急だが,札幌~千歳空港間は快速エアポートとなる。快速なので特急料金は不要,北海道&東日本パスや青春18切符でも乗れる。この列車に乗らない手はない。というわけで札幌からは快速エアポートで千歳方面に向かった。千歳で夕陽に近い感じのお日様が見えていたので,ここで撮ることにした。しかし撮影を開始したとたん雪になってきた。くそーむかつくなぁ。それにしてもこれで3度目だ。自分はなにか特殊能力があるんじゃないだろうか。

 昔から遠足や修学旅行の時は晴れたり曇ったりなので,雨男でも晴れ男でもない天気にまったく影響をおよぼさない男だと思ってきた。関東に住んでいて気が付かなかっただけで実は雪男だったのかもしれない。それはそれでちょっとうれしいかも,などとくだらないことを思いつつホームの端で雪まみれになった。

 とにかく外に出ると雪が降り,電車に乗ると晴れるので,ちょっとフェイントをかけて電車にのることにした。札幌方面に向かったところサッポロビール庭園という駅あたりで,晴れてきた。読みが当たった。ってなんのこっちゃ。(アホキ)

| 雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ その3

●森林公園 朝

 翌日再び森林公園で撮っていたら珍しいものを見た。電車とディーゼルカーが一緒に走っているのだ。しつこいようだが「電車とディーゼルカーですよ,奥さん,こんなの見たことあります?」Wikipediaで調べたら電車と気動車が混成で走れるように総括制御機能というものを持っているとのこと。ちなみに北海道ではこの編成は結構走っているようだ。

hkd300000.jpg
 手前の緑に赤帯の車両が電車,緑に青帯がディーゼルカー

 それにしてもだんだん雪が強くなってきた。雪から機材を守るためにコンビニ袋をかぶせ,レンズとファインダーのところに穴をあけた。ガサゴソして使いにくい。私が撮影しているとなぜか雪が激しくなってくる。このときもかなり降ってきたので撤収した。暖を取るため列車に乗り混む。旭川に向かう列車に乗っていたら美唄あたりで晴れてきたので,下車した。






●美唄駅 午前中

 ここはいい感じの駅である。雪の質も関東では見たこともないようなさらさらのパウダースノウだ。それがときどき風で舞い上がって日光に反射してキラキラする。コンビニで買ったおにぎりをホームの端っこでほおばる。都会だとちょっと恥ずかしいが北海道の駅は広くてほとんど誰もいない。空気の綺麗なところで綺麗な雪景色を眺めつつ食べるコンビニおにぎりは最高だ。(アホキ)

hkd300002.jpg
網走からやってきた特急オホーツク


hkd300001.jpg
札幌に向かうスーパーカムイ


 また,ビデオも撮影していたのでアップする。

| 雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ その2




●森林公園駅 朝
 北海道で撮りたかったのは雪煙をあげて列車が走り去るシーンだ。特急スーパーカムイやオホーツクなどなるべくたくさん列車が通りそうなところで,駅からそんなに歩かなくて済む場所ということでネットを見ていたら森林公園という場所がひっかかった。札幌から旭川方面に各駅で20分くらいのところだ。

 森林公園駅から,ロケハンしながら歩くこと15分。慣れない雪中行軍と重い機材をかつぎつつ,とりあえず練習を兼ねて線路脇にカメラを構えた。

hkd207.jpg


 「おおおーーっ,どの列車も雪煙をあげて走っているぞーーーーーっ」
(興味のない人すいません)

 絵的にはいい感だが,けっこうこちらにも降りかかってくる。本格的に雪も降り始めた。今回は防寒具をつけていたので人間はOKなのだが,機材にかかった雪が少し溶けたりしてちょっといやな感じになってきた。レンズは買ったばかりなんですぅー。ひとまず撤収し駅から撮るという方針に変更した。



●札幌 (午前~昼) →白石駅 13時頃
 とりあえず札幌駅に戻る。ここは駅の中に大きなストーブのある待合室があって暖かい。寒くなったら待合室で暖をとって撮影するということを繰り返していたのだが,札幌駅というのは駅全体が屋根に覆われていていまいち撮影には向かない。

 ということで移動し,たどり着いたのが白石だ。北海道の駅は比較的ホームが広く,障害物も少ないので撮りやすいが,とりわけこの白石駅は撮りやすそうな雰囲気だ。しばらくホームで撮っていると体が芯から冷えてきた。

「寒いーっ」
 
 暖かそうな電車がやってきては「こっちはあたかいですヨー」と誘っている。考えてみたら北海道&東日本パスは列車乗り放題なのだ。そんなわけで暖をとるためだけに列車に乗り込んだ。もう行き先はどこでもよくなってきた。


hkd203.jpg
スーパーホワイトアローと呼ばれていたがいまはスーパーカムイとして運用されている








●岩見沢 15時頃

hkd204.jpg



 暖かい列車でうとうとしていたら着いたのが岩見沢。終点だった。
 このあたりまでくると一段と雪が深くなっている。ホームもいたるところ雪に覆われている。ちょっとした隙間を見つけそこでカメラを構えた。
 
 雪かきのおじさんが怪訝そうにこちらを見ているのに気が付いた。このくそ寒い中,一人でホームの端でごそごそやっているんだから不審者と思われても当然だ。こちらにやってきたので挨拶をしたら,気持ちよく対応してくれた。列車の写真を撮っているのだというと妙に感心され,私の回りの雪を綺麗に掻いてくれた。

 駅の感じがいいのでここで日が暮れるまで粘ってしまった。(その3に続く アホキ)



| 雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ その1




 今年1月に北海道に行ったときに撮った写真と原稿が出てきた。涼しい写真が多いので,あえてこの暑い時期に2,3回に分けて掲載しようと思う。

 雪中行軍はあまりやったことがなくこのときが2回目。しかも1回目は長靴と防寒服を忘れほとんど駅から出られなかったため,実質初めてなのだ。ついでに冬の北海道も初めてだった。

 北海道へは北海道&東日本パスで行くことにした。これは青春18切符と同じように5日間普通列車のり放題で1万円ポッキリというお得な切符だ。青春18切符との大きな違いは

①急行「はまなす」に乗れること
②IGR銀河や青い森鉄道に乗れること
③JR東日本とJR北海道に限定されること
④連続した5日間でないといけないこと,

などだ。詳しくはこちら

ちなみに,普通に切符を買うと,
埼玉→青森 11990円
青森→札幌(+急行券) 7980円+8820円=16800円
往復だけで57580円
それに北海道内での移動も合わせるとたぶん7万円くらいになっている。北海道に行くにはうってつけの切符だ。

 自宅の埼玉を早朝に出てひたすら普通列車をのりつぎ青森まで行き。そこから夜行列車に乗って札幌に行った。青森に着いたのが夜の20:43分。


hkd0000.jpg
 夜行急行「はまなす」がディーゼル機関車に牽引されて入線してきた。




hkd0001.jpg
青森20:45発→札幌6:07着の予定。青森で電気機関車と交換されて札幌まで行く。 途中の函館でディーゼル機関車に交換される




 札幌には朝の6:15に到着した。空気は寒いというよりささる感じだ。でもなんかいい感じ。札幌駅には名だたる特急列車がいた。さあ撮りまくるぞーー。(2回目に続く アホキ)


hkd0002.jpg
 ここまでひっぱてくれたDD51。お疲れ様でした。




hkd0003.jpg
 キハ183系オホーツク



hkd0004.jpg
 キハ281系スーパー北斗

| 雪煙をあげて走る列車を撮りに冬の北海道へ | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |