きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

父の遺影を抱いてスカイツリーへ

早いもので、父が亡くなって1年、いわゆる一周忌を迎えた。うちは自由葬だったし、暑い中、親類にご足労願うのも申し訳ないので法事は行わず、母と二人で墓に参り、読経も私自身が行った。

DSC_8101.jpg

つくば市にある墓から、実家の最寄りであるつくばエクスプレス(TX)のみらい平駅に移動、母と一緒に上り区間快速に乗った。この区間はセミクロス連結のTX2000系しか来ないので、難なくボックス席に案内できた。
開業から8年、母がTXに乗るのは初めてのことだった。実際、みらい平地区以外の住民とは関わりが薄く、この駅までのバス便も1日3本しかないことは以前も書いた。駅所在地の地名は先月変更されたばかりで、「つくばみらい市陽光台一丁目」とかいわれても、もう私には何の愛着もない。

DSC_8105.jpg

母が驚いていたのは思いのほか乗客が多く盛況であること、電車がやたら飛ばすこと、そして何より、わずか30分余で浅草に着いてしまったことだった。

父が亡くなって以来、母が茨城県の外に出るのは初めてだった。1年の喪に服すという意味で、私も一切の観光旅行を控えてきたが、実は体調の悪さが最大の理由だったのも共通項といえる('A`) まず浅草寺にお参りし、それから徒歩でスカイツリーに向かった。
これも以前書いたが、生前の父はスカイツリーの完成と、展望台に登ることを楽しみにしていた。無情にも癌に倒れそれは叶わなかったわけだが、一周忌を迎えて、母とともに遺影を持って代わりに登ろうと、以前から話していたのだった。そもそも母も私も展望台にはてんで興味がなく、父のことなくして登る機会はなかっただろう。

整理券を配られ、館内に案内されると、チケットを買うまでにうねうねと続く長い行列に並ぶのだった。私は短気で行列が苦手なので、ここで相当うんざりした。30分待ちくらい。これでも、開業当初よりは大分すいたんだろうと思う。
チケットを買い、エレベーターに乗ると、すごい勢いで登っていくのだった。残念なことに外は全く見えない。天望デッキまで所要時間1分弱。ドアが開くと海抜350mの別世界だ。

「うわあ! 霞んでる!」。
浅草に着いた頃はいい天気だったのに、行列の待ち時間の間に一気に雲が増えたのだった。茨城はどっちだろう…母と捜すものの、目印になる筑波山はおろか、新宿の高層ビル群すら霞んでよく見えないのだった。まあ要はがっかりしたということだ('A`) 他の入場者たちの表情にも落胆の色が濃く、別料金の天望回廊(450m)まで登ろうという人は少なかった。遺影の父も、これでは残念だったな。

DSC_8133.jpg

こんなときは遠くへの眺めはさっさと諦め、眼下の狭い範囲をを俯瞰するに限る。つまり、鉄道俯瞰撮影である。ここから主に見えるのは東武スカイツリーライン(伊勢崎線)と京成押上線だ。写真では青いスペーシアが見える。

DSC_8139.jpg

これは曳舟付近。走っている電車は京成押上線。後で調べると、ほぼこの眺めの延長線上に筑波山があるようだ。晴れた日に、その様子を見てみたいと、密かに思い始めている自分がいた。

記念に撮った母の写真は、疲れがもろに顔に出ていた。大事な写真なのに我ながらひどい、修正できないかと言われたが、この虚ろな目つきばかりはどうにもなるまい('A`)
夜、楽しみにしているテレビドラマがあるというので食事もしないでTXに乗り込み、さっさと帰るのだった。帰宅して開口一番「やっぱりうちが一番落ち着くわ」。この出不精は、おそらく生涯変わらないだろう。
結局、1万歩ばかり歩いてしまった。母にとっては相当負担だったようで、翌日には筋肉痛で足腰にベタベタ湿布を貼る有様となったが、TXの便利さを体感したことで、また東京へ出かけてみたいと思えるようになったらしい。一周忌を過ぎ、遺った家族の心に明るさが戻ってくることを、あの世の父が最も望んでいるだろう。(イノテツ)
スポンサーサイト

| スカイツリーの見える風景 | 03:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイツリーの見える風景~上中里さわやか橋

普段、沿線を歩いたり撮ったりするのは圧倒的に都電が多い。沿線民だし、路面電車が好きだし、何せ絵になる。だが、たまにはちょっと外れてみようかと、荒川車庫前電停から南方面へ歩いてみた。すると間もなくして、路地の向こうに北斗星やカシオペアの客車が見えてきた。思いのほか尾久車両センターが近いのだ。

DSC_0748.jpg

尾久車両センターに所属する車両は客車が中心で、他の車庫とはイメージが異なる。大いに写欲をそそられるのだが、広大な上にフェンスに阻まれてままならない。軽く俯瞰できる場所はないかと見回すと、この上中里さわやか橋が線路を跨いでいるのだった。名前の通り上中里駅に近いが、跨いでいるのは尾久~赤羽間の東北本線ということになる。踏切も残っているが、歩行者にはこの橋の利用を推奨しているようだ。

DSC_0755.jpg

で、橋からはこんな景色が見える♪ 窓ガラスにはワイヤーが入っているが、レンズを近づけて撮れば消えてくれるだろう。

DSC_0764.jpg

24系客車を牽いているのはDE10形ディーゼル機関車(だと思う)。昭和チックな鉄道風景。その背後に屹立するスカイツリーとの組み合わせがカオスだ。これが21世紀の東京だ。子供の頃想像していた未来都市とは随分違うわな。もっとも、北海道新幹線が開業すると、北斗星はもうやばいんじゃないかといわれている。一方で、田町の車両をここに移す計画もあるとかで、この風景が見られるのは意外と短い期間なのかもしれない。

DSC_0766.jpg

反対側からは、東北本線の上り列車を撮れる。背後の緑は飛鳥山だ。211系だが、すでに東海道本線東京口から撤退した。こちらではまだまだよく見るが、今のうち、という予感がしている。

帰りは尾久駅を利用した。現場で出会った鉄ヲタ同士、ホームの端で喋っていた。「あれ撮りたいんですよね、185系の気持ち悪い色のやつ。来ませんかねー」。

DSC_0843_20120615163947.jpg

うををっ、気持ち悪いやつキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! これはラッキーすぎる。185系は、新特急用に開発された新しいデザインの車両。当初は緑の斜めストライプ塗色で登場し、新しさをアピールしていた。国鉄形には違いないが、湘南色が死ぬほど似合わない。だが一方で、この違和感が不思議な魅力でもある。通過していくのをじっくり見入ってしまった。(イノテツ)

| スカイツリーの見える風景 | 16:56 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

スカイツリーの見える風景~大塚駅

どれ、冷たい雨の日なので、晴れの日の写真を出してみるかな。

DSC_7908_20120309155806.jpg

JR大塚駅のホームから見るスカイツリーである。スカイツリーは巨大なので、意外な場所から見えたりして驚くわけだが、「駅撮り」できねえかなと考えると、それほど多くはなさそうだ。以前、父が業平橋駅で撮ったのを送ってくれた。だが、あそこだと近すぎて「風景」とは言い難い。むしろ、その巨大さを体感する場所だと思う。

などと、建設中から注目を集め続けていたスカイツリー。ついに先月29日に完成したわけだが、逆に「あー、そうなんだ」程度のインパクトでしかなかったのは、すでにすっかり馴染みの存在となっているということでもあるのだろう。また、この日は雪であり、完成したというのにあんまり見えなかった('A`) 風水的には「氣」の流れを封じる最悪の場所だとか、オカルト的には東京を守ってきた結界を壊す存在だとかいわれる。そういえば、間近で、特に逆光の方角から見ると、「北斗の拳」に出てくる悪役の居城を思い出させる。なんか不安だな。これらの「風説」が外れてくれればいいんだが…。

いよいよ開業が近くなってきたわけだが、展望台の料金がクソ高い。3000円とか何様のつもりですか。スカイツリー様ですかそうですか('A`) この料金、アクアラインコースをいくんじゃねーかな。いや、あくまで予想ですけどね。一方、東京タワーは1420円だそうだ。階段で登るというやつに挑戦してみたいな(料金は同じ)。今後影の薄くなるこちらに注目してみたいと思うひねくれっぷりは、今日も健在なのであった。(イノテツ)

| スカイツリーの見える風景 | 15:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイツリーの見える風景~大塚・空蝉橋

やったー、仕事量が回復してきた\(゚∀゚)/ …全盛期には遠く及ばんけどね。
長い低迷期に苦しんできた。仕事も心身も不調になるし、人間関係もぎくしゃくする。よかれと思ってしたことを、頭ごなしに非難される。極めつけは、親しい人の死…。もともと口数が少ないのに、一層無口になったさ。昨今は、男だって喋れないとモテないぜ。「不器用…ですから」でサマになる時代に生きたかったよ('A`)
酒に溺れた。まずい酒だよ。良くないと分かっていても飲まずにいられなかった。それでも、こんな私にも目をかけてくれる人がいて、本当に有り難かった。不遇な時期も必要なんだ。何が大事なのか、そして何が不必要なのかがよく分かる。好調ばかりだと、それを自分の実力だと勘違いして慢心が生まれる。私は戒められていたんだ。これからは、そういう有り難い人やものを、一層大切にしていきたい。辛い時期にあっても、腐らずに生きられる強さが欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空蝉橋。山手線の大塚~池袋間にかかる橋の名だ。綺麗な名前だ。個人的には都電沿線の面影橋の次に好きな名前だ。もっとも、実際に行くと、橋そのものには全く愛想がない点で共通している('A`) 名前負けしとんのぢゃおどれらわ…まあ、俺もだけどな。いいんだ、私はもともと、自分の名前が嫌いだからね。

DSC_3911.jpg

橋そのものがしけているとはいえ、眺めはこんな感じで素敵だ。東京は意外に広い街なので、同じ23区内とはいえ、空気が澄んでいないとスカイツリーも霞んでしまう。冬がいちばん撮りやすいわけだが、日が短いために今度は電車が翳ってしまう。ここには何度か通ったが、まあいいんぢゃねえかと思える写真が撮れたのはこのときだけだった。加えてフェンスが邪魔なので、「忍法フェンス消しの術」が必要だろう。

スカイツリーに関しては東武が浮き足立っており、業平橋駅をとうきょうスカイツリー駅に改名するのに加えて、伊勢崎線をスカイツリーラインにするとか言い出している。もうさすがに痛いわ。友人の最寄り駅が竹ノ塚なのだが、「スカイツリーライン」と言わされるんだろうか。関西では、南海高野線を「りんかんサンライン」にしようとして黒歴史となった。同じ流れかもしれない。ネーミングを何でも仮名にすればオサレとか思っちゃうお偉方の古いセンスはどうにかならないものか。

一方これに関連して、特急スペーシアの塗色にバリエーションが出てきた。これまでのオレンジ濃淡がぼちぼち色褪せてきた頃合いであり、面白くなってきた。正直、まだ違和感があるのだが、多分慣れの問題だと思う。ぜひ、この目で見てきたいと思っている。(イノテツ)

| スカイツリーの見える風景 | 23:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【スカイツリーの見える風景】幸せの黄色い電車

いよいよスカイツリーがその全貌を現し、各所の風景に変化をもたらしている。昨日のタラ坊さんのネタにもあるように、意外なところから見えるのを発見すると、ちょっと得した気分にもなるというもの。
当ブログでもスカイツリーネタはけっこうあるのだが、ここいらでそれ専用のカテゴリを作ってみようかと思っちゃったのでした。

DSC_5369.jpg

さて、ここは、スカイツリーと都電を絡められるポイントとして一気に有名になった荒川区役所電停付近の踏切である。よく案内されるのは電停のそばだが、ここの方がスカイツリーの下部まで捉えられる。ただし、手前の線路が日陰になってしまう関係上、電車は小さくせざるを得ないと思う。また、基本的に定員は1人。無茶なことをすると警笛鳴らされると思うから、気をつけてね。

表題にした「幸せの黄色い電車」だが、都電と東急世田谷線で、そういう共同のキャンペーンをやっているらしい。両線それぞれに一両(編成)だけある黄色い電車を見ると、その日はいいことがあるんだそうだ。「…という都市伝説があります」とのことだが、キャンペーン向けに作っただけちゃうんかと←ああやだやだ、この人すごい性格悪いんですけど('A`)
もっとも、実際に黄色い都電8810号車を見ると、「今日はラッキーデー♪」とか思っちゃうのは事実。そう、見たらいいことがあるんじゃなくて、見たことそのものがいいことなんです。鉄ヲタって幸せな生き物なのかもしれないね。せっかくだから、この機会に世田谷線にも行って、黄色い電車を探してみようかな。

ところで、この撮影ポイントに来たのは、あれ以来だった。

DSC_9313.jpg

7500形の葬式鉄でこの場所に来ていた。写っているのは7511。震災発生(つまりあの動画)の1時間半ほど前である。この日を境に、いろんなことが変わってしまったなあ。
こうしてみると分かるように、この場所、なかなか順光にならない。午後遅くなってようやく斜めに日が当たってくるのだが、すでに影が長くなっており、そういう意味では難しいポイントだ。(イノテツ)

| スカイツリーの見える風景 | 11:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |