きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

惜別・都電7000形…60年の歴史、ついに終焉

一橋大学での百田尚樹氏の講演会が中止に追い込まれた。氏を差別主義者だと決めつけた学内団体による執拗な圧力に、実行委員会が屈したのだ。最終的には身の危険すらほのめかされたらしいから危険な団体だ。講演のチケットは好調な売れ行きを見せていたらしいが、少数の大声、いわゆるノイジーマイノリティが表現の自由、大学の自治を粉砕してしまった事実に、憤懣遣る方ない。まあ、私が出た大学は仏教系なので、正直、大学の自治っつってもピンとこないんだけどね |∀・)
百田氏は保守の論客であり、関西弁の語り口は確かにお世辞にも上品とは言い難い。だが、その内容に差別表現を含んだことは、私が知る限りない。例の団体の会長は韓国人だとかいうが、彼らの言う「差別」や「ヘイト」は自分らの主観と偏見に過ぎない。それが際限なく拡大解釈されていき、こうして発言そのものを封殺するに至ってしまった。彼らにとっては、言論の自由に屁ほどの価値もないのだろう。自分の価値観のみが正しく、他の意見は無条件に悪なのである。そんな狭い視野では、健全な民主主義を語ることなどできない。
そしてさらに由々しき事に、この言論封殺には現職の国会議員も関わっていた。民進党の有田芳生氏である。毎度不思議だが、どうして平気でこんな乱暴なことができるのだろう。異なる意見、価値観も尊重されなければならない。その上で意見がまとまらなければ多数決というのが民主主義の掟である。彼らは、国会議員レベルですらそんな基本的なことを理解していないのだろうか。怖い人たちだと薄ら寒くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_0482.jpg

これは都電の大塚駅前電停に掲示されていた写真である。7000形の引退は7500形以来の形式消滅でもあり大きな話題になっている。
ナウなヤングである私が生まれた頃には、都電はすでに三ノ輪橋〜早稲田間だけになっており、過去の名残で2系統に分かれて運行されていた。それが直通運転するようになりワンマン化されて現在に至るわけだが、その過程で、7000形のうち31両の車体を新しいものに載せ替え、なんちゃって新車に仕立てたのが現在の「更新7000形」ということになる。つまり、いわゆる「大都電時代」を経た最後の車両なのだ。

P1030039.jpg

長らく全く当たり前の存在だった7000形は昨年度末での引退がアナウンスされていたが、週末のみの運転という形で1両だけが運行を続けていた。最後の1両に選ばれたのは、予想通り、更新7000形のオリジナル塗色に戻された7022号車だった。

P1030049.jpg

葬式鉄が苦手なので、この撮影はさよなら運転の1週間前のもの。6月らしくない澄んだ青空に恵まれ、私はいつものようにカメラを向けた。「ありがとう7000形」のヘッドマークを付けている。7022が最後まで残ったのは、ヘッドマークを装着できる特別仕様車だったこともあるだろう。

P1030065.jpg

再開発が成った大塚駅南口の広場を行く。変わりゆく景色を眺めながら、ここを何回行ったり来たりしたのだろう。
7022は転属を経験した最後の車両でもある。青山→大塚を経て荒川に来ている。現在、都電の車庫は荒川しかないので、他の車両は全て荒川生え抜きということになる。なお、一足先に運用離脱した7001(1枚目の写真、赤帯の方)も当然大都電時代を経験した車両なのだが、昭和30(1955)年の新製配置以来、1度も荒川を離れたことがなかった。

P1030443.jpg

その後急に曇ったので、時間が飛んで夜の写真だ。この日の撮影が最後になるとわかっているのに、またクロスフィルタとか付けて遊んでしまった。それにしてもどうにかならんのかこの過剰効果('A`) 周囲が暗いと、際立った光がより強い光条になってしまうものらしい。昼間使うと効果もおとなしいものになりかっこいいんだけどな…。
そして悲しいことに、ここでカメラの電池が切れた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

IMG_0503.jpg

あとはiPhoneを使うしかないとなれば暗い条件もズームも考えられない。仕方あるまいと大塚駅前に戻った。雲間に月が上がっていた。これが、私が撮った営業運転をする7000形の最後の写真となった。最後の写真がスマホ。痛恨である_ノ乙(、ン、)_

今後は、車体などを流用して面影を残した7700形8両が引き続き運行されるほか、豊橋鉄道に譲渡された4両はモ3500形を名乗って活躍を続けている。まあいずれにしろ、ついに都電からは完全に吊り掛けモーターの音が消えたのだ。新性能化が成ったとポジティブにとらえるべきところだが、路面電車たるもの、グォーンと低く響く吊り掛け音が代名詞だと思えた古い世代にとっては寂しさもひとしおである。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 02:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝・大塚駅南口再整備事業完成

加計学園問題、まだやってますね。正直、森友問題の籠池夫妻みたいな濃いキャラクターもいないしつまんねーなと思っていたら出てきました、前川前次官。この人は濃いなw 私が先日、どうせガセだろ( ´,_ゝ`)プッ と書いたあの怪文書が本物だと主張している。それもそのはず、あれを朝日新聞にリークしたのは前川氏本人なのだ。つまり自作自演ってわけだね。朝日以外は胡散臭いので取り合わなかったというのが実際のところのようだ。
加計学園問題の根幹は既得権益や岩盤規制を崩そうとする学園及び愛媛県今治市と、それを守りたい文科省及び獣医師会とのせめぎ合いである。文科省の事務方トップだった前川氏は、それに敗れた。彼は今年はじめ、天下りあっせん問題で辞任したわけだが、まさに既得権益と岩盤規制を体現した人物だったといえるだろう。
規制緩和の観点から学園と今治市についていた民主党(民進党)と朝日新聞が、政局に利用できるとばかりくるりと返した手のひらに地元は怒った。左翼紙とされる地元の愛媛新聞も、今回ばかりは政府側についたようだ。私としても、自分のルーツでもある愛媛県に頑張ってもらいたいと思っている。
で、テレビでは必死で矮小化され、それとこれでは話が別だと擁護されてるのが、例の連れ出しバーの件なわけだね |∀・) まあ確かに話は別だろうが、あれを女性の貧困調査とかかましてしまう人の話を、どれだけ信用できるというのだろう。私がYoutubeに書き込んだコメントを引用して、今回の無駄話枠を終わろうと思う。

>女性の貧困調査のために歌舞伎町に一日おきに通う熱心さの傍、
>一層厳しい状況にある男性の貧困はガン無視というところがポイント
>貧困調査をしたいなら、山谷や釜ヶ崎をまわるべきじゃないのか
>まあいずれにしろ、明らかに厚労省の管轄なわけだがw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1020711.jpg

JR大塚駅南口である。長らく続いていた再整備事業がついに完成し、新しくなった駅前広場が供用開始された。バス停及びタクシープールは隣接地に移され、地下駐輪場の出入口と、公園のようなフリースペースになった。山手線の駅前にしては恐ろしく贅沢な土地利用だが、非常時に一時避難場所として活用することを想定しているらしい。ベンチが多く設置されているが、これもきっと非常時にはかまどに転用できるようになっているのだろう。震災を機に、当初の計画が変わっただろうことは想像に難くない。
また、鈴木貫太郎元首相揮毫による「天祖神社」の碑は、より駅近くに移され、以前より見栄えが良くなった。これについては改めて書いてみたいと思っている。

P1020680.jpg

山手線には29の駅があり、2020年開業予定の泉岳寺(←私の中の仮称)駅を合わせてちょうど30駅となる。大塚駅は、これらの中で最もマイナーな存在だろう。再整備が始まる前は北口南口にそれぞれ小さな駅舎があり、特に南口の木造駅舎は飾り気こそないが、緑の屋根が印象的な好ましい建物だった。21世紀に入っても昭和丸出しだったが、今やこのような立派な駅ビルに建て替わった。ただ、都電の線路を挟んだ商店街は以前のままであり、新旧のコントラストがなんともいえない雰囲気を醸している。

P1020690.jpg

スクエアでガラス張り、そして木をあしらってみるという、典型的な平成末期デザインは正直好きになれないが、少なくとも南北の行き来がスムーズになったことは歓迎したいし、駅ビル内の店もしばしば利用している。ユニクロとかも入ってて便利だ。でもおかげで電車に乗る機会が減った |∀・) いいんかなJR。

P1020697.jpg

駅前のほぼ全てが変わった。しばらく時を隔てて再訪した人は、その変貌にたまげることだろう。そんな中、都電の線路だけが変わらずに残っている。
さあ、ぼちぼち暗くなってきたところで、次の展開が見えてきた |∀・)

P1020685.jpg

近くの100円ローソンで酒とつまみを買い、真新しいベンチに腰を下ろした。行き交う都電を間近に眺めながら呑んだくれるひと時のなんと至福なことか。最高の都電ビュースポットが誕生した。しかも無料。撮影が目的なら他にもたくさんポイントがあるが、ぼんやり眺めるのが目的なら、ダントツここが一番だわ。もちろん、バラと桜が植わっているので、撮り方も色々と試せるだろう。これはいい場所ができたなあ。夕方の涼風に吹かれながら、また缶に口を寄せた。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 01:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

束の間の延命中…都電7000形

17日付新聞各紙を眺めていると、一様に眞子様婚約へという慶事をトップで扱う中、朝日新聞だけがそれを脇に押しのけ、加計学園の件を扱っていた。スミベタ白抜きの大見出しは、新聞的には「大ニュースだぜ、すげーぜ」という意味であり、かつ今回の場合は「すっぱ抜きだぜ、他紙とは違うぜ」の意味も含まれる。
私などは、どうせガセだろうが、もし本当だとして何か問題が? と極めて冷めた気持ちで記事を読んだものだった。まあ、くだらんゴシップ記事をトップにして、あえて皇室軽視をしてみせた朝日はさすがだなあという、ある意味の安定感を見出したりもしたのだが |∀・)
さて、加計学園問題は、森友問題に次いで民進党が持ち出してきた学園ものである。岡山理科大学が愛媛県今治市に獣医学部を新設しようとする際、安倍首相の意向が働いたのではないかと、民進党の玉木議員が提起した問題だ。そもそも西日本には獣医学部が少なく、長年の請願がようやく実現したという意味でいい話だし、法的に問題はないと玉木氏自身も語っているわけだが、では何がまずかったのか。
玉木氏の家業が獣医だったことである。競争相手が増えるので教育の場を与えたくないという既得権益があるのだ。学部新設を阻むべく、彼は獣医師会から金をもらっていた。
そもそも、この件は民進党が実現へ向けて動いていたことであり、地元にしてみればひどい手のひら返しだ。安倍首相を叩くネタに使えるのではと色気を出し、地元の利益より政局が重要と利用したことで、民進党の正体が露わになったといえるだろう。
この件をして、永田偽メール事件を想起しないわけにはいかない。自民党の不祥事を記したメールがガセだったというあれである。結果、問題を提起した永田議員は自殺し、前原代表は辞任した。ただ、あの事件が純粋に自民党の悪事を告発しようとしていたのに対し、今回の「玉木怪文書事件」は、己の私腹を肥やすことが第一の目的だった点で一層悪質だ。
今さら朝日新聞に良識を求めても無駄だが、減ったとはいえ一定数の読者がいる。朝日からしか情報を得ていなければ、その嘘を真に受けてしまうかもしれない。現に「これで安倍は終わりだ」と歓喜する朝日読者もいるようなのだが、実際に終わるのは玉木氏と蓮舫代表である。もし彼らが断罪されないのなら、結局は民進党もろとも終わるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1010145.jpg

都電7000形。日本の路面電車史に永遠に残る名車である。1970年代、このまま潰えると思われていた路面電車の将来を提示し、現在の復権へつながる道筋をつけた功績は計り知れない。すなわち、
1.車体だけ載せ替えれば安価にイメチェンができる
2.路面電車でもバリアフリーは可能
3.ワンマン化すればまだまだ採算は取れる
この3つは、各地の路面電車に勇気を与えた。その後、7000形に影響を受けた車両が続々登場し近代化が図られた。廃止の流れは抑えられ、愚策と揶揄される名鉄岐阜市内線(平成17・2005年)が最後となった。富山や豊橋での延伸が実現し、宇都宮では新規開業への準備が進められている。

P1010249.jpg

そんな7000形も徐々に数を減らし、4月の時点で7001と7022の2両だけになっていた。いずれもリバイバル塗色でヘッドマークを装着できる特別仕様車である。元々は昨年末での引退をアナウンスされていたのだが若干延命されることになり、ヘッドマークをつけた両車が週末のみ運行されることになった。
先日、子供の相手をしていて遊具から落ち、怪我をして歩くのが難儀だ_ノ乙(、ン、)_ 元々葬式鉄を好まないこともあり、今日うpするヘッドマーク付きの走行写真はいずれも偶然撮ったもの。光線の状態がイマイチなのはあくまでも通行人目線だからだ。

P1020376.jpg

こちらは8502。「さよなら7000形」のラッピングが、なぜかこの車に施されている。本来は7000形にするべきなのだが、でもそれをやれば確実にファンが怒ったことだろうw

P10108753.jpg

これは荒川車庫で狙って撮りました。7001にはすでに「休止中」と掲示され、この時点で営業できるのは中央の7022だけとなっていた。7001の奥には一足先に営業運転を終えた7002がいるのだが、ここの線路は通称葬式線とか呼ばれ、廃車を待つ車両が留置される習わしになっているんだそうだ。
左には7701がいる。7000形の車体を再利用し、台車や機器類を交換した車両で、新車ではなく改造扱い。7000形の直系の後継といえ、名車の面影は残されるわけだ。

P1010865.jpg

これは7702の車内。7026が来歴であると掲示されている。7500形引退のときはヘッドマークもステッカー式だったしラッピング車もなく、イベントは震災で中止された。7000形の引退がこれほど大きく扱われるのはなぜだろうか。
7000形が名車であるのとともに、これをもって吊り掛け駆動の電車が消えるからだろう(花100を除く)。
これは都電の世界では大きなことなのだが、ぶっちゃけ一般人的には大したことじゃなくうまい喩えができないなあとずっと悩んできた。でもまあ、みんなが携帯電話を持った結果、駅前にあった最後の公衆電話が撤去されると思ってください。誰もが携帯電話に夢中で周囲に目をくれなくなり、公衆電話がなくなっていくことに気づかなかったのと似ている気がする。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 12:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京10区の暑い夏

今夜は飲みすぎた。友人と新橋で待ち合わせると、偶然こいち祭というのをやっていて、それを楽しんだりしつつ酒を飲んだ。結局、武蔵野線沿線の友人は終電がなくなってしまい、うちに泊まっている。千鳥足でたどり着いたと思ったらさっさと寝てしまったので、もう話もできない。
私に婚活パーティーを勧めた彼である。私の鬱も少しは良くなってきたところで、失礼を詫び、その上で自分の精神状況を話している途中だったのだが、残念ながら時間切れだったようだ。私は基本的に極めて無口な男だ。人の話を聞くのは好きだが、自分が喋るのは苦手なのだ。それでも今回は一生懸命喋ろうとしたし、彼も聞こうとしてくれた。だがおそらくこの分だと、朝には何も覚えてねえだろうな('A`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1140320.jpg

今回もまた、鉄とは無関係の話をしてしまうことをお許しください。参議院選挙が終わり、支持していた青山さんが当選したのは大変喜ばしかったのだが、東京では、すかさず知事選挙が控えているのだった。

P1140681.jpg

東京10区は衆議院選挙における小選挙区の一つで、豊島区全域及び練馬区の一部を含んでいる。全国で一番面積が小さい選挙区なんだそうだ。
私はここに住んで20年になるのだが、小泉政権のとき、自民党の議員が小林興起氏から、落下傘で降りてきた小池百合子氏に代わった。どうせまたどっかに行っちゃうんだろうと思っていた小池さんは、以来10年余り、今回の都知事選立候補まで東京10区の顔であり続けた。これはぶっちゃけ意外だった |∀・)

P1140647.jpg

私は前回の都知事選で舛添要一氏には入れなかった。イヤな予感がしたからだ。まあもっとも、それを考えた上で入れたあの人は、その後逮捕されましたがね('A`) 舛添氏がやばくなってきた頃、私は某巨大掲示板に「ぼちぼち自民党は、小池百合子氏あたりに次期知事を打診してるだろう」と書き込んだ。私の予想は名前だけ当たったが、実際にはその立候補は望まれないものだった。石原伸晃氏をトップとする、自民都連の闇が深かったのだ。推薦候補以外を支持すれば親族に至るまで除名という、あの通達は非常にイメージが悪かった。

P1140639.jpg

それでも、高野豊島区長や若狭勝衆院議員をはじめ、その闇に逆らおうとする勢力がいるのは心強いことだ。新知事には五輪への対応のみならず、闇に光を当てる仕事もある。政治家としての経験が豊富で性格の強い小池さんならやれるのではないかと期待しているところだ。

P1140630.jpg

その場合、東京10区の衆院議員は空席になるわけで、代わりに誰かがやってくることになるだろう。もちろん魅力のある人がいいし、また土地にゆかりのある人であって欲しいとも思う。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 08:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

失われゆく風景〜2016空梅雨・仮線敷設が進む都電沿線(2)

22日公示の参院選では、面白い人が立候補したので、ちょっと書いちゃいますね |∀・)
作家でシンクタンク代表の青山繁晴氏は、関西を中心に活動している保守の論客である。元記者という経歴もあり強い性格で、安倍総理にも折に触れてきつい助言をしてきたらしい。総理はその場ではムッとしても、結局はその助言に従ったりして、かなり信頼を寄せてきたようだ。今回、その安倍総理から、直接出馬要請があったのだという。
私は、この人が政治家を目指すという図を全く想像していなかったので驚いた。安倍政権が長期化する中、野党の罵詈雑言も、与党のよいしょも、総理の中に閉塞感をもたらしていたんだろう。青山さんなら、建設的な刺激を与えてくれる…そういう期待があるのかもしれない。
そうはいうのだが、私自身、彼の出演番組がこっそりネットにうpされるのを見るばかりだ。何せ、関西ローカルの番組が多いので、それらを関東で視聴するには、こうした方法しかないのだ。
比例からの出馬なので、全国区での投票となるわけだが、そんなことで、おそらく東日本での知名度はそれほど高くない。そこが心配なのだが、なんとか当選して、6年間、自民党を内側から引っ掻き回してもらえたらと期待している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1140661.jpg

この図は、都電の向原〜東池袋四丁目間の踏切付近に立てられた看板だ。この区間での工事の段取りを図示している。まあ、これを見ちゃえば、もう何も書くことはない |∀・) 前回も書いたように、普通の線路だけが敷かれていたところに道路を建設し、線路はその中央に取り込まれることになる。常々「路面電車らしくない」と言われてきた荒川線が、名実ともに路面電車になるのである。お上からのお知らせには、さらに詳しいことが書いてあるので、興味があればご覧くださいね。

P1140666.jpg

線路ギリギリまで迫っていた家々は既に撤去され、仮線敷設のスペースが整備されつつある。工事が完了すると道路になる部分だ。今のところ、都電の線路工事とは関係ないため後回しになっている手前の紫陽花も、最終的には路面になるため撤去される運命にある。

P1140435.jpg

ここはまさにレールを敷く工事がたけなわ。トラックがバラストを運んできてザザーッとぶちまけると、それを均して道床を構築していく。

P1140411.jpg

別角度から。一時的に複々線のような眺めとなっており、壮観だ。仮線の枕木は木製、レールは犬釘での固定になっている。こうした昔ながらの作りはすでに過去のもので、すっかり廃れたとばかり思っていたが、こうして仮線を敷くような場合には、まだまだ現役の手法なんだなあと、妙に納得した。

P1140668.jpg

さらに別角度から。接続する他の道路も拡幅・整備される。この区間にあった踏切は一掃され、5箇所の交通信号に置き換わる運びだ。
ここで心配なのは、工事完了後は電車も信号待ちを強いられるようになるのかどうか、ということである。ここは駅間が荒川線最長の600mあり、かつては電車が爽快に走り抜けていたわけだが、それは踏切があったからに他ならない。優先信号を整備して、電車のスムーズな運行を守らないと遅くなり、大きなサービスダウンだ。お上から、この辺への言及がないあたりがとても不気味だったりする。

なお、4枚目と5枚目で写っている電車はいずれも7002号車。林家こん平師匠が主宰する「都電落語会」のラッピングが異彩を放っている。何で別の場所から撮れてるんだよ、2カメかよと一瞬思われたかもしれないが、単に別の日に撮ったというだけで、特に仕掛けはありません |∀・)(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 05:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT