きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

深夜、線路をトラックが走る〜軌陸車の活躍

五十肩になっちまったよぉ・゚・(つД`)・゚・
いや、まだ全然そんな年齢ではない。友人にも「四十肩ってことにしとけば?」と言われたのだが、四十肩は三十代の頃もうやったので違う('A`) だいたい、四十肩と五十肩の罹患インターバルは10年くらいあるべきものじゃんか。私の場合はわずか5年だったってことになる。要は、もともと人より早かった老化が加速してるわけだ。生まれつき体が弱いので、別に驚くべきことでもないけどさ_ノ乙(、ン、)_
そうはいっても、普段、何気なくしていた動作ごとに痛みが走るのには困ったものだ。中でも寝返りをうつと痛くて目がさめるのが最も参る。
今年は落ちたり転んだりで怪我を繰り返した。体の衰えで、思ったように動けていないからだろう。加えて五十肩。足と腰と肩を同時に痛めると、筋トレのほとんどができなくなることを体感して愕然とする。腕立て伏せとか、痛くて最初の姿勢からして取れないのね。これじゃ、より運動不足になって悪循環だわ('A`)
足の完治もまだ先だろうが、それでもようやくゆっくりと歩けるようにはなった。そこらを散歩したり、できる範囲の筋トレをしたりして、この厄介な五十肩が通り過ぎるのを気長に待つしかあるまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勤め人時代の後輩はすでに出版業界を離れ、私とは違うキャリアを積み始めている。今回、ある資格試験に合格したというので、お祝いに焼肉をご馳走した。このマイルストーンまでは長かった。私も嬉しかったのだ。巣鴨から王子に移動し、もうひとしきり飲んで別れたのが23時半頃。
足が悪いのと酔っ払ってるのとで、いつもなら30分くらいの帰り道、庚申塚の電停まで戻ってきたのは深夜の1時を回っていた。ここで、いつもなら静まり返っている線路がざわついているのに気づいた。

P1080509.jpg

電車? ヘッドライトがこっちに向かっている。早稲田方面のA線にいる車両がこっちに向かっているとすれば右側通行になり逆走だ。やれやれ、酔っ払いの思い違いか? だが、写真を反転させてないのは「軌道内通行禁止」の標識でも分かる通り。

P1080521.jpg

…などと一応すっとぼけてみたが、私は酔っ払い以前に都電マニアである |∀・) これが軌陸車による保線作業であることはすぐ分かった。この写真は早稲田方面行きの線路を「逆走」して三ノ輪橋方面に向かい、庚申塚電停を通過していくところ。この際、踏切の遮断機は作動せず、警備員が立って安全を確保していた。

P1080584.jpg

軌陸車というのは鉄道用の鉄車輪を装備した自動車で、当然普段は道路を走ることができる。エンジンで走る事業用車だから、鉄道風にいえば、さしずめ「キヤ」といったところか。この車両は写真のように作業員が乗れる櫓を備えており、架線の整備をしているのだった。ただ、この夜は架線といっても電車がパンタグラフを通して電気を取るトロリ線ではなく、さらに上を通っている通信ケーブル等の整備だったようだ。遮断器が作動しないのは当然ということだ。

P1080556.jpg

新庚申塚電停方面へ向かっていく軌陸車の先回りをすべく、私は白山通りへ向けて走った(足が悪いんじゃなかったのか)。お、もう1台いる!
いずれも相模の「わ」ナンバーだった。東京都交通局の車ではなく、レンタルであることが分かる。交通局にも自前の事業用車はあるが、営業車ですら33両まで縮小した今、全部は賄えないのだろう。

P1080544.jpg

これら軌陸車が白山通りを横断するところを撮ろうと待機していたが一向にこっちに来る気配はなく、募る便意に負けて退却した('A`) どうやらこの夜は、巣鴨新田〜新庚申塚間のA線のみでの作業だったようだ。

さて、ここからは余談。鉄ヲタなら、軌陸車を見てデュアル・モード・ビークル(DMV)を連想するだろう。JR北海道が、赤字ローカル線維持目的で開発していたアレである。結局JR北海道は経営の悪化により開発継続を断念し、赤字ローカル線廃止へと舵を切ったわけだが、DMVが完全に潰えたわけではなかった。四国の三セク・阿佐海岸鉄道が2020年までの導入を決めた。
阿佐海岸鉄道阿佐東線はJR牟岐線の海部から甲浦まで、わずか8.5kmを結ぶ盲腸線。終点の甲浦は寂しい駅で、私が訪れた時は接続するバスが運休し、居合わせたお遍路さんと二人で所在ない時間を過ごしたものだった。
そもそも甲浦駅は途中駅となる計画で開業した。だがその先、土佐くろしお鉄道の奈半利駅まで繋いで阿佐線を完成させる夢は事実上絶たれ、唐突に途切れた高架が虚しく屹立しているのだった。
DMVが導入されると甲浦駅で高架を降り、室戸岬まで行くようになるそうだ。これは観光客にとっては便利になりそうで、実現の暁にはまた行ってみたいなと思った。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 09:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【失われゆく風景特別編】諸行無常をを感じた出来事

ガソリーヌとかパコリーヌとか叩かれる山尾志桜里氏が愛知7区で当選した。ところが、それに対する疑念がネット上で言われ続けている。極めて僅差での勝利だった一方で、無効票が多すぎるというのだ。ここに選管が関わり、山尾氏に有利な操作をしたのではないかという陰謀論だ。私は当初から、この意見には反対だった。選管がそこまでの不正はしていないという立場である。もちろん私も山尾氏は嫌いだ。彼女に投票した人たちにはおいおいおい('A`) という感情が拭えない。だが、だからこその無効票だったのではないか。この選挙区では選挙協力で共産党が引き、自民候補対山尾氏という2択になっていた。「自民はイヤだ、でも山尾もイヤだ」という人が無効票を投じても何の不思議もない。
愛知7区の無効票率4%は異常な高さだという。だが、もっとぶっちぎり、無効票率10%を誇る東京12区のことが語られないことこそが日本の闇だと私は思う。私も今回の区割り変更でこの区に変えられ、忸怩たる思いで「適任者なし」と無効票を投じたクチである。ここは、共産・公明・泡沫の3択を強いられた選挙区である。3人とも左派であり、右派はどこにも投じられない。「与党である公明に投じては」という意見も多くもらったが、私の見解でいえば公明党の存在そのものが政教分離をいう憲法違反だ。である以上、共産党以上に投票できない。
昭和憲法の矛盾は、自衛隊の存在のことでよくいわれるが、実は公明党の存在も大きな問題だ。私はこの二つを合法化できる改正を強く求める。伝統的に継承されてきた宗教との関わりすら禁じる昭和憲法は間違っている。そしてまた、公明党に臆して、その存在について論じる向きが少ない言論の傾きも大変危険だと感じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_7800.jpg

これは2012(平成24)年のある雪の日、都電の庚申塚〜巣鴨新田間の沿線で撮った写真だ。右に見える家は昭和の雰囲気を色濃く残す味わい深い建物で、都電の写真を撮るとき、しばしば脇役に使わせてもらってきた。
そして次が、その4年後、2016(平成28)年の秋にほぼ同じ場所から撮った定点撮影である。

P1000509.jpg

新しい写真の方が引いた画角になっているのは、いうまでもなくその変化を強調したかったからだ。地元民であるにもかかわらず、この火事の報を知ったのは某巨大掲示板の書き込みでだった。都電ファンの中ではこの家は結構有名だったということだ。
この家には婆さんが住んでいて、私も挨拶したり撮影許可をもらったりしていた。ただ、この火災のときにはすでに彼女は近くの施設に引っ越していて空き家であり、人的被害が全くなかったのはせめてもの幸いだった。一方、そういう火の気のないところからどうして出火したのかという疑問があるが、これは全く闇の中だ。

都心の大通りを悠々と行き交っていた時代の都電を私は知らない。若い頃にいわれていた都電のイメージは、「民家の軒下すれすれを走る下町のチンチン電車」だった。だが、私が時々うpするように、そのイメージも徐々に壊れつつある。沿線の民家は都市計画で徐々に立ち退き、スマートな街並みに変わりつつある。その一方で都市計画にかからなかったはずなのに、こうして失われてしまう風景もある。近所の人の多くが普通に火事の一つとして捉えただろう。だが、長らく都電沿線を撮ってきた者からすれば、これは大きな変化であり損失だ。撮影してから1年間うpできずにいたのは、そうしたショックがあったからかもしれない。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 11:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都電の車体デザインに、地味に大きな変化

今日の無駄口枠は政治ネタの上に愚痴ですわ。ごめんなさい(´・ω・`)
もともと私は「一票の格差」っつうものに関心がない。都会には人が多く田舎には少ない。だから、地方議員レベルだと1万票取っても落選する人がいる一方、1000票取れずとも当選できる人もいる。別にそれが自然なのだ。
ところがそれが国政レベルになると急に問題になる。なるべく一票の格差を小さくしようと都会の選挙区は小さくなり、田舎のそれは広大になる。都会選出議員の視野は狭くなり、田舎選出議員は自分の選挙区に目が行き届かなくなる。これは違う意味で公平を欠いていないか。田舎にも人がいた時代に制定された昭和憲法を墨守しようとするからこういう歪みが生まれる。
ってことで、うちの選挙区でも区割り変更が行われ、いわゆる「絶望選挙区」に変えられてしまった('A`)
「絶望選挙区」は全国にいくつかあるが、要は公明党候補が出てくる選挙区とほぼイコールである。公明党に遠慮して、自民党をはじめ保守系政党が候補を立てないのだ。結果、うちでは今回の衆院選、公明と共産、そして泡沫候補の三択という、まさに絶望的な状況に陥っている_| ̄|○
伝統的な仏教徒である私は、公明と共産にだけは死んでも入れたくない。じゃあいっそこの泡沫にとも思ったのだが、この人はそもそも地元の人ではなく、かつ護憲派で左側のようだ。つまり、公明と共産の二人が比例復活も含めて確実に当選する。
こんなのは、主権を封じられてるのと同じだ。一票の格差なんぞより、選択肢が与えられないことの方がよっぽど問題ではないか。比例では好きな政党に一票を入れられるにしろ、選挙区に関しては「適任者なし」と書くしかないと思っている。無念だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、なんつーこともない都電の写真を2枚ご覧ください。

P1020114.jpg
P1080117.jpg

上が今年(平成29・2017年)の5月、下が10月に撮影した8903号車である。塗装のデザインが変わったというのが今日の話なのだが、一見して変化したようには見えないよね? そこでそれぞれを拡大してみよう

P1020114_.jpg
P1080117_.jpg

さあ次に、同じくなんちゃない7704号車の写真を見てみる。

P1010428.jpg
P1080110.jpg

上は今年の4月、下は10月に撮ったもの。同様に拡大してみる。

P1010428_.jpg
P1080110_.jpg

もうお分りいただけただろう。「Arakawa Line」の表記が「Tokyo Sakura Tram」に変わっているのだ。沿線民の役得で日々ウォッチングしてきた限りでは、この表記のある7700・8800・8900の各形式において、9月末の概ね1週間のうちに一斉に書き換わったようだ。書体も色も変わっていない。「荒川線」が「東京さくらトラム」に書き変われば一目瞭然だが、アルファベットだから一見気づかない。あたかも以前からそうだったかのようなさりげない変化である。

東京さくらトラムへの「改名」は不評である。不評にも関わらずゴリ押しを試みられるのが公営企業たる東京都交通局の余裕ってやつだろう。うわ、いやらしい毒を吐いちった |∀・)
そんな折、今度の日曜日(15日)、荒川線の日イベントが催される予定だ。「東京さくらトラムの日」に改名しないんだな。ああ、我ながら意地糞悪いわw 昭和49(1974)年10月1日、それまで、単に27系統・32系統と呼ばれていた2路線が直通運転を始め、「荒川線」と改名したのを記念するイベントなので、その意義からして改名はしにくかったというところか。今年はワンマン化40周年、営業車の新性能化達成という大きな区切りの年ではあるのだが、一般の乗客にとっては地味な変化にすぎず、イベント名を変えるほどのインパクトではなかったということだろう。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 08:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

失われゆく風景2017初秋 向原〜東池袋間にインファンド軌道出現

急転直下、秋の臨時国会冒頭での衆院解散が決まったようだ。よく「解散風」なんてことが言われるものだが、今回のは全くの不意打ち、私だってつい先日、「解散はなるべく来年末の任期末近くまで引っ張り、憲法改正の国民投票と合わせることで投票率を上げるべきだ」とかYouTubeにコメントしてたくらいだ。何せ安倍政権は「病み上がり」で、以前のような安定感はない。もうしばらく「療養」を続けるものだと思っていた。
確かに、民進党は離党ドミノが止まらない中で山尾議員の不倫騒動、さらに前原新代表は恥ずかしい写真が暴露されたりと、遠からぬ瓦解が予感される。一方、民進離党組や若狭議員が画策する新党はまだ体制が整わない。国内の政局的にいえば、今解散を打つのが上策ではある。野党は大義がないだの卑怯だのと反発しているが、おたくら、つい先日まで虚構のもりかけ問題で騒いで早く解散しろいうとったやん。主張が通ってよかったな |∀・)
今選挙をやれば、与党は改憲発議に必要な3分の2の勢力を維持できない可能性が高い。それでもやらなければならない大義、それは朝鮮半島情勢への対応だろう。
任期末までの短い間に、半島情勢が悪化の一途を辿るのは容易に予測できる。選挙期間中というのは民主国家のアキレス腱みたいなもの。解散が後になるほど政治空白の危険が高まるので、早いうちに任期をリセットしておく必要があるのだ。
野党は「北朝鮮のミサイルが危険な時に解散とは」と批判しているわけだが、上記の理由で的外れであることがわかる。ていうかおたくら、つい先日までJアラートは大げさだ、危機感を煽るないうとったやん。主張が通ってよかったな |∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1070597.jpg

併用軌道となり「路面電車化」される都電の向原〜鬼子母神前間。そのうち線路を仮線に移して工事を進めていた向原〜東池袋四丁目間の一部が出来上がり、新しくなった本線に戻された。
さてここでちょっとしたクイズです。路面電車の線路は、路面の下ではどんな構造になっているのでしょうか? これは知ってしまうとなーんだというようなもので、普通にバラストと枕木が敷いてあるのだ。普通の線路の上を敷石なりアスファルトなりで覆ってるだけってことだね。
ところが都電の新しい併用軌道区間は、インファンド工法というドイツで開発された新技術で建設されている。こうしてみると何が違うやらわかりにくいので拡大してみよう。

P1070589.jpg

路盤はコンクリートで作られ、はめ込まれたレールは樹脂で固定されている。レールの間の溝はなんだろうね。芝とか植えて緑化軌道にするのかもしれない。
このインファンド軌道の特徴は電車の走行音が静かになることである。電車はゴォーッと滑るように過ぎていき、すごくスマートな印象だ。架線柱も伝統的な門型ではなくセンターポールに立て替えられてすっきりした。センターポールは上下線の間に架線柱が立つ方式なので、撮影がしやすくなる利点もある |∀・) 「路面電車化」とはいうのだが、昔の無骨なものではなく、よりLRTに近いものになるはずだ。これが時代の要請なんだろうけど、どこかしら寂しい気もする。

DSC_0035_20170920055205242.jpg
P1070600.jpg

この「失われゆく風景」シリーズでは、主に向原〜鬼子母神前間の変遷を追ってきた。その蓄積でついにできたよ定点撮影。上の写真は平成20(2008)年12月、そして下がつい先日、平成29(2017)年9月、ほぼ同じ場所から撮影したものだ。電車の位置もほぼ一緒。ただ、あくまで「ほぼ」である。上の写真の右側に銀杏が植わっているが、それが下の写真でいうとレールが積んである辺りになる。この線路は役目を終えた仮線で、上の写真の時点では住宅密集地だったところ。この後レールを剥がして道路になる。現在は踏切の警報機が仮線の手前に移設されているため、電車を入れて撮ろうとすると定点に立つことができない。どうしてもということなら、工事関係者になるしかないだろうな。
いくつかのビルが目印になっている以外、9年の間に全て変わり果てたことがわかる。インファンド軌道と踏切の共存、また本線と仮線が並行して4線になっている景色は一時的なものなので、記録しておくと貴重な資料になるだろう。

P1070622.jpg

全体に工事は遅れているようで、実際に道路の供用が始まるのはまだ先といった印象だ。東池袋四丁目〜都電雑司ヶ谷間は、この区間で唯一昔日の面影を維持している。今から定点撮影を始めるなら、この辺りを重点的に撮ると急激な変化を記録できるだろう。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 06:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都電荒川線、「改名」してみたけれど…

2009年夏の政権交代は、マスゴミの扇動に騙された国民によってもたらされた日本の黒歴史だが、今まさに同じことが起きようとしている。しかも朝日・毎日をはじめとするマスゴミの腐敗は当時の比じゃなく進行している。あれらの自称「報道」は、もはやプロパガンダでしかない。
加計問題に関して、2度にわたる青山繁晴議員の閉会中審査質疑を見た。そこであぶり出されたのは前川前次官の保身と不誠実、加戸前愛媛県知事の老骨に鞭打った魂の叫びだった。私はそこに、人としての格の違いを見た。自分のルーツである愛媛県にこんな知事がいたんだ…涙が出た。
青山議員は二つの名言を引き出した。
加戸前知事「真実はマスコミではなくYouTubeの中にある」
安倍首相「立場を利用するような人物なら友人とはいえない」
ところが朝日も毎日も、そこを綺麗さっぱり報道しやがらねえ。卑怯だろてめーら。握りつぶしといて説明責任ガーとか、自分でやってておかしいと思わないのか…ええ、御察しの通り酒入ってます |∀・)
もうとっくに結論は出ている。前川氏の私怨に朝日や民進が乗っかったってだけの、実にくだらない話だ。こんなネタで何ヶ月も国政を停滞させ、あまつさえ倒閣運動か。恐れ入るな。下衆のエゴに付き合っていられるほど世界は平和じゃない。「ろうそく革命」で自滅へ向かう韓国を、日本も嗤っていられないぞ。
YouTubeで、若い人が「国民は馬鹿ばかりだ、日本は終わった」と嘆いていた。私は「良識ある国民が支えれば大丈夫」と励ましたが、本当は私だってすごく不安だ。未来あるべき若い人をこれほど絶望させるマスゴミの横暴と国民の無責任にやりようのない怒りが募り、ついついもう一杯酒を飲んじゃうぞ |∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1010711.jpg

諸葛菜の名はタラ坊さんに教えていただいた。春、どの沿線を歩いても、昔の黄色い菜の花じゃなく、この紫の花の方が幅をきかせている。私は鬱のせいか紫の花が好きだが、実際、自然界的にこれでいいんかなと不安に思っている。
さて、走っている都電は7700形。長年都電の顔だった7000形の車体を再利用した最新鋭車両である。今年、都電は吊り掛け駆動車の全廃という大きな節目を迎えた。これを鉄道用語では新性能化というのだが、路面電車の世界では技術の停滞が長く続いたので、一般鉄道と比べ、大きく遅れをとっている。鉄ヲタは概ね守旧派だから、これを惜しむ声は多かったが、まあ、一般人にはなかなか伝わりにくい節目ではある。

P1010868.jpg

これを機にということなのか、都電荒川線では愛称を決定し、それをPRするピンクのヘッドマークをつけた電車が走り出した。

P1020015a.jpg P1020015.jpg

基本的に丸型だが、9002についてるのだけが往年の系統板型。レアなので、これを拡大してみた。
「東京さくらトラム」、これが都電の新しい呼び名になったらしい。
…('A`)

P1030032.jpg

すでに車内の路線図にも「東京さくらトラム」シールが貼り込まれ、「荒川線」は脇役に追いやられた。こうしてすでに3ヶ月経ったわけだが…。

P1020033.jpg

まあ予想通りというか、全く浸透していない\(^o^)/
こういう愛称は、全国の路線でしばしばつけられては、その多くが黒歴史となって消えていく。ざっといくつか挙げてみると、
・うみねこレール八戸市内線(八戸線)
・十和田八幡平四季彩ライン(花輪線)
・奥の細道湯けむりライン(陸羽東線)
・森と水とロマンの鉄道(磐越西線)
・東武アーバンパークライン(東武野田線)
・阿波室戸シーサイドライン(牟岐線)
ああ疲れた('A`) こういうのがわらわら出てくるが、長いわややこしいわ恥ずかしいわで、定着させる気が全くないだろw
一方、定着した愛称もある。山形線(奥羽本線)、宇都宮線(東北本線)、若松線(筑豊本線)など、路線の一部区間に対し、運転系統上、便宜的につけられたものが多いように感じる。京浜東北線(東海道本線・東北本線直通)、埼京線(山手線・赤羽線・東北本線直通)、瀬戸大橋線(宇野線・本四備讃線・予讃線直通)のように、複数の線区をまたぐ運転系統につけられた愛称は、すでに本名同様に認知されており、成功例の最たるものだ。
成功例に共通しているのは、あれこれ盛り込まずあっさりしていること、そして使って便利なことだ。利便性が第一の鉄道なのだから、ネーミングにも利便性が求められよう。

で、東京さくらトラムである。ぶっちゃけ、三ノ輪橋〜早稲田間を往復する1系統のみしかない現在の都電に愛称は不要だ。みんな「都電」と呼んできたし、今後もそう呼ぶだろう。便利だからだ。だいたい「トラム」って電車のことで、路線のことじゃないから、路線の愛称として根本的に間違っているのだが、意外とそこへのツッコミが少ない。それというのも、トラムという単語そのものへの認知度が低いのだ。致命的である。
それでもゴリ押したのは、将来の民営化への布石で、社名にするつもりなんだろうという説もネット上に噴出した。まあまずあるまいが、どうせ民営化するなら「城北電気軌道」にしてもらったら面白いなと妄想した。前身の王子電気軌道に戻るノリである。都電の車体広告で目立っているのが城北信金だが、この会社も、前身は王子信金だったことを思い出す。(イノテツ)

| 都電・路面電車 | 13:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT