きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

門外漢の編集長日記 その⑨

さて、誌名も決まり、創刊号の構成内容もほぼ固まったところで、版元であるS社で、営業や販売の部署の人間を集めてプレゼンが行われた。
ここで改めて、読者対象をどういう層においた、どういう狙いを持った雑誌であるかの説明を行ったのだが、専門誌を主に出版している会社だけに、「専門誌ではない専門誌」というこの雑誌の位置づけが、やはりどうもうまく理解できないような印象をもった。
「マニアというほどではない、単なる鉄道好きを対象にするというのはいいのだが、果たして、そういう層が雑誌を買うのかね」
という意見が出た。そこで、鉄道模型のKATOで聞いた、
「従来なら考えられないような質問が最近増えてきた。そういうところからも、新しい層がこの世界に参入してきていることが分かり、それが現在の鉄道ブームを下支えしているのではないか」
というような話を紹介しながら、従来の鉄道雑誌が読者対象としない、そういう層を拾っていきたいということを力説したのだが、やはりピンとこないようだ。あげくは、
「取材が関東に偏っているようですが」
の意見には、「それなら、もっと制作予算を寄越せ」と思わず言いそうになったが、そこはグッと抑え、大人の対応に努めた。
それにしても、疲れるプレゼンであった(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 門外漢の編集長日記 | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT