きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鉄ヲタとアウトドア/荒船山と上信電鉄(2)

まずは上信電鉄高崎駅で一日乗車券と硬券の入場券を買った。
硬券は、手売りされる昔ながらのものだから記念になる。
1番線が閉鎖される前はJRと分離されていなかったため、
入場券も「JRで買ってください」と言われたものだった。

初めて足を踏み入れる0番線は、さすがローカル私鉄の渋さだったが、
入ってきた電車がえらくかっこ良くて驚いた。1000系である。
1977(昭和52)年に鉄道友の会ローレル賞を受賞したというから
見た目より古い車両だ。どこか都電の7000形を思い出させる。
P1010267.jpg
都電同様の一枚窓が特徴。当時としては画期的なデザインで、同社のオリジナル車両だ。

いきなり下仁田まで行ってしまうのもつまらんので、
高崎から二つ目、根小屋で途中下車した。下りたのは私一人。
P1010271.jpg
いきなり猫が歓迎してくれた(寝てるだけだが)。

そうか、猫の小屋だからこんな駅名なんだね♪(違う)。

駅の周囲をうろついてみた。ふた駅ですっかり田舎である。
広がる田んぼに稲穂が光り、まさに稲刈りが行われている。
田舎暮らしの長かった私にとっては馴染み深く、懐かしい。
ネットで調べた撮影ポイントではなかったが、この光景を撮りたいと思った。
P1010280.jpg
この直後すかさずモードを切り替えて動画も撮っていたりするw

駅に戻ると、件の猫が入口まで出迎えに来てくれた(移動しただけだし)。
歩くのも頼りないばあさん猫であった。
以前住んでいたアパートにも、野良のばあさん猫が住み着いていたな。
長生きしてほしいと願いつつ、やって来た下仁田行きに乗り込んだ。(イノテツ)
P1010286.jpg
ちなみに、乗る時も私一人だった('A`)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 01:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT