きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京成沿線週末散歩<その16>納めの成田詣で

(後編)

さて、大つごもりである。晦日払いが通常だった(杉浦日向子さんによると)江戸時代なら、長屋の住人である熊さんや、八つぁんたちは、今頃借金取りから逃れる手立てを考えているところだろうが、現代を生きる私も似たような境遇だ。
それはともかく、本堂でのお参りをすませ、再び通りに出てきて、以前何かで、昔、成田と宗吾霊堂の間を参詣列車が走っていたというというのを読んだことを思い出した。
観光案内所で尋ねると、そこは「電車道」と名づけられ、トンネル跡が2ヶ所残っているというので、そこに行ってみることにした。観光案内所で教えられた通り、山門を出て駅とは反対方向に少し行くと、右に入る道がある。信徒会館やお土産物屋さんなどが並んだ道をしばらく行くと、なるほど、「電車道」と書かれた標識が立っていた。

電車道標識

しかし、標識が出ているだけで、通り自体は何の変哲もない普通の道だ。
やがてレンガ造りのトンネルが出てきた。

トンネル①

上から見るとこんな感じだ。

トンネル②

成田山新勝寺は今も四季を問わずお参りの人が多いが、列車が出るほどだから、かつては今以上に賑わったのだろう。京成線自体、成田への参詣列車だ。
再び駅へ戻る途中、夏に宗吾参道編をやった時立ち寄りカキ氷を食べた店で、お汁粉を食べた。この冬、はじめて食べるお汁粉だ。

お汁粉

つぶ餡の田舎汁粉白玉入りだ。どうでもいいことだが、私はこし餡よりもつぶ餡のほうが好きだ。
アホキ氏もイノテツ氏も今頃旅の空だろうが、良い写真を期待しています。
それでは、皆さま、良いお年を(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT