きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成22年…1年を振り返る夜

旅の空のはずが、なぜか自宅にいる。年末になってごつい原稿が入り、30日までかかってしまった。加えて、行き先の四国はえらく天気が悪いらしい。体調も万全ではない中、雨や雪に晒されながらの墓参りも拷問なので、延期させてもらうことにした。こうしてどこへも出かけぬまま大晦日を迎えるのは、生まれて初めてかもしれない。
そんなことで、鉄道にまつわる今年一年を、自宅でまったり振り返ることにする。

【ひたちなか海浜鉄道・車両デザインコンテスト最優秀賞受賞】
もうあんまり触れ回るのもアレかとは思うが、今年はまずこれがあった。デザイナーとして鉄ヲタとして、また湊線のファンとしてこれ以上の光栄はない。生涯、自分のプロフィールに書き続けるだろう。

P1020287.jpg

湊線ファンの方ならお気付きかもしれないが、この写真は少し古いもので、現在は正面の表記が変わっている。仕事の絡みでなかなか湊線に行けず、とうとう大晦日を迎えてしまった。だが、今年の鉄ヲタライフの締めくくりはやはりここだろう。この後、出かけます。

DSC_8744_20101231034249.jpg

阿字ケ浦駅は大分様子が変わったらしい。それも見てきたい。元日には「急行あじがうら」が走るそうだが、わざわざその前日に訪れるひねくれっぷりも私らしい |∀・)

【寝台特急北陸廃止】
DSC_3935.jpg

北陸新幹線の金沢開業まで、まだかなりの期間を残して寝台特急北陸が廃止された。相当な乗車があり、勇み足としか思えないが、どうやらJR西日本の列車である急行能登と、線路使用料でバーターの関係であるらしく、両列車同時に廃止された。能登は臨時列車として残ったものの、JR東日本車を使用するようになった。これが新しい形のバーターなのだろうか。

【大糸線キハ52引退】
DSC_2806.jpg

何しろキハ20系列が好きである。初めて実物を見たのは盛岡駅だった。山田線のキハ52と、東北本線の50系客車、どっちに乗ろうか激しく迷った結果、キハを選んだことを覚えている。キハ20系列といっても、私の世代でそれはほとんどキハ52のことだった。最後に残ったのが大糸線の3両。沿線の景色の美しさも手伝って、末期には多くのファンが訪れた。愛された車両であり、赤は津山扇形機関庫行き、タラコは糸魚川に残るらしい。写真の青(キハ52-125)はいすみ鉄道に移り、現役続行することになった。いずれも解体を免れたことはとても嬉しい。

【俯瞰本制作と出版】
DSC_8389.jpg

鉄道と同時に登山を趣味とする私は、この本の制作のために燃えた。取材のために日々山に登り、歩き回ってネタを集めた。この写真は初公開だと思うが、このように没となったネタも数多い('A`) そして悲しいことに常に天候に泣かされた。今年の春から夏、空はいつも白かった。ようやく霞がとれたのが入稿した翌日だったのはよく覚えている。
この仕事が終わると東京23区にこもりきりとなり、現在に至っている。心身ともに疲れ果てたのだ_ノ乙(、ン、)_

【都電にこだわる日々】
まああれだ、何でもやりすぎはいかんということである。伸ばしすぎたバネは戻らなくなるというよね。そういった教訓を踏まえつつ、秋はゆっくり療養に充てた。不運もあって仕事が減った時期だったし、ヒマにかまけて都電を撮影することがリハビリになった。

DSC_7177.jpg

この間、8800形の色のバリエーションが増えるなど被写体には事欠かなかった。構図の取り方をいろいろ試したりして、馴染みだったはずの場所でも新しい発見があった。

DSC_7381.jpg
…とかやってる間に流し撮りも上達した(・∀・) 

多くの力添えをいただいて、どうにか今年もここまでこられた。先行きへの不安など多々あるものの、まずは感謝をしたい。しきれていない恩返しは限りない。
さあ、つらつら書いているうちにもう朝だ。荷物をまとめて、ひたちなかへ出発だ。
どうか皆様、よいお年をお迎えください。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT