きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダーウィンはいまいちですた




インディアンパシフィック号でシドニーからパースに着いたあと、いったんアデレードに戻り、ザガン号でアデレードからダーウィンに向かいました。

IMG_1927.jpg
1927 ザガン号(アリススプリングにて)





ダーウィンはオーストラリアのトップエンドと呼ばれ、地図の上ではもっとも上(北)に位置している街です。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3_(%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC)



どんな所か期待していたのですが、個人的にはオーストラリアで唯一好きになれなかった街です。

1:なにしろ熱い。
熱帯だから当たり前なのですが、冬の盛りだというのにエアコン無しではいられません。途中のアリススプリングでは底冷えしていたので、列車から降りて暖かいのは最初はうれしかったのですが、日中はうんざりするほどの暑さ。また、超有名観光地ということもあって、物価が高く、そのわりにサービスはお粗末でした。

2:鉄道マニア的につまらない
街は鉄道駅からかなり離れているのでシャトルバスを使うのですが、片道15ドルと空港並み。当然街中には路面電車やメトロなどなく、見る(撮る)物がありません。結局ユースホステルから遠出することなく、だらだらしていたらあっという間に予定の5日間が過ぎてしまいました。

3:汚い
そのユースも私が泊まったなかでは最悪で、掃除が行き届いておらず、中庭にはゴミが散らばっていました。部屋も汚くてトイレにはいろんな虫が出てきましたw 街の中にもあちこちゴミが落ちていました。公園ではアボリジニが集会を開き、やたらとゴミをまき散らしてます。ビールの空きビン空き缶、スナック菓子、新聞紙、食べかす...
私はオーストラリアの公園には、経費節約で結構お世話になっているので、恩返しのつもりでゴミ拾いもしたりするのですが、ここではあっという間にゴミ袋が一杯になりました。

IMG_1981.jpg
1981ダーウィンの公園



しかし、ひょっとするとアボリジニ達の行動は白人社会に対するなんらかの抗議の意味も含まれているのかもしれないなぁと思ったりもしました。ただ、このあたりはどうもオーストラリアの暗部のようでもあるし、正直日本人の私にはそこまで興味があるというわけでもありません。特にちゃんと調べるまでもなく今にいたってしまっているのですが、ときどき、酔っぱらったアボリジニが暴れ出すというウワサもあったりで、この街はなにかがうまくいっていない感じがしました。

ちなみにワインを買うときパスポートを出せと言われます。Why?と聞くと、ダーウィンのあるノーザンテリトリーは酒類の販売は相当厳しい制限を設けているとのこと。地元の人はIDカードを提出して買っていました。

まあ、そんなダーウィンなのですが、朝夕は過ごしやすいです。あと、海辺はすこし涼しいので気持ちがいいです。そして暑いときはしかめっつらしているよりも、ニコニコしているほう楽だというのが分かってきたりで慣れてしまえばそんなに悪い場所ではないのかもしれません。帰りにバスで街を出るとき、すこしだけ名残惜しいような気がしました。(アホキ)


IMG_1982.jpg
1982 夕陽と海
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT