きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】常磐線・湯本駅/いわき湯本温泉・さはこの湯

節電の夏には欠かせなかった水風呂も、さすがにもう寒いわな。どれ、今日はお湯を…という絶妙なタイミングで給湯器が壊れた('A`)
表示されるエラーコード、平たくいえば「寿命だ、買い替えろ」という意味らしい。大家さんに言うと、早速手配してくれた。翌朝にはガス屋さんが来て、その日のうちに新しいのと交換してくれた。ああよかった。
給湯器って、けっこう高いんだよね。だが、私は店子なので一切負担はない。よく、家賃を払い続ける無駄を言われるが、こんなときには店子の気楽さを感じたりもする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久之浜で行った清掃ボランティア。実際、ボランティアなどと呼ぶには値しないしょぼいものではあったが、それでもいっちょまえに疲れた_ノ乙(、ン、)_ 汗もかきまくったし風呂に入っていきたいぞ。いわきで温泉といえば、いわき湯本温泉である。久ノ浜からの車内で眠りこけ、ぶっちゃけ途中下車も億劫になっていたが、被災地に金を落とす意味もあるので、頑張って湯本駅で降りた。

DSC_4157.jpg

この駅には初めて降りた。なーんの変哲もない「昭和中期のちょっと大きな地方駅舎」だ。
実は、母が一時期いわき市に住んでいた。だが、話を聞くと「平の頃」と言う。引っ越してきた時は平市で、途中で合併していわき市になったらしい。ここ湯本も、現在はいわき市だが、その当時は常磐市という市だった。駅舎が立派なのは、常磐市の中心だったからだろう。
駅前にはそこそこ大きな市街地が広がっており、かつて独立した市だったことが分かる。だがそれはやはり昭和の匂いを強く残し、かつ震災によって傷ついていた。合併は行政の効率化をもたらすだろうが、周辺市街地の衰退を招く。うちの実家辺りも、合併前は村の中心だったのにすっかり寂れてしまった('A`)

温泉があるからといって復興に楽観などできないのが福島の現実だ。先日も新聞で、原発事故の打撃を受けて廃業する温泉宿の記事を見た。
この辺りは3.11の本震の後も、連日烈しい余震に襲われた。街を歩いていると、地震による被害がそこかしこに見えた。
今回入浴した「さはこの湯」、その建物が湯本温泉の象徴のようになっているのだが、

DSC_4160.jpg

こんな状態だった('A`)
それでも、こうやって修繕工事をしているだけマシで、湯本では、崩れた瓦礫をとりあえず脇にのけただけというところもある。「忘れられた被災地」の悲哀がここにもあった。被災地としては忘れられながら、原発事故のために悪役となり叩かれる地元を思うと胸が潰れる。せめて、ここで金を落としていかなければ。
220円。安っ! 援助になってなくねえか。一方で、この安さに胸を撫で下ろすもう一人の自分がいた…やだやだ、貧乏は本当にイヤだね。

脱衣所が暑く、いつまでも汗が引かず泣いた。だが、さすがに千年以上の歴史を持つ名湯・湯本温泉、風呂の気持ちよさは間違いない。220円は相当安いと感じた。休日ということもあってか、そこそこの混みようではあったが、地元民が多く、余所者は少ないようだった。やっぱり観光客が来てないんだろう。清掃用具を持った観光客なんて、通常いないよね。でも、ここではあくまでもそれを装うことにした。

外に出ると日はとっぷり暮れ、涼しい風が吹いていた。駅までは歩いて10分以上かかるが、新たに汗をかくこともなく、気持ちよかった。途中、高台に鎮座する温泉神社は由緒ある式内社(※)でありお参りしたかったが、すでに閉門していたのでやむなくスルー。ゆっくり歩いて駅に着くと、水戸行きは5分後。うわ、すげえナイスタイミングですぅ♪

常磐線乗りこなしテクを駆使すれば、ここは水戸まで乗らず、勝田で降りるが吉。接続列車は概ね勝田が始発だからだ。このように接続列車の運行区間が重なるのは不思議に思えるが、車両基地が勝田にあること、水戸が県都であること、加えて双方の往来が多いことがその理由だろう。これを押さえておくと、勝田でさくっと弁当や酒を買い、上野までの道のりをマターリ過ごすことができる。まあ、酒は取手に着くまでに飲み終え、あとは都会人ぶった方がいい。「だから常磐線は」といわれる原因をたどれば、通勤電車と中距離列車が同じ線路を混在して走る特殊性にあるんだろうと思う。(イノテツ)

※式内社…平安時代(10世紀頃)成立の「延喜式」でリストアップされている神社。つまり、平安時代には既にあった神社なわけで、格式の高さの目安になるといえる。
スポンサーサイト

| 駅前温泉紀行 | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT