きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

651系のジンクス、そしてE657系へ。

撮り鉄を始めて数年、経験は全く浅いながらも北海道から九州まで撮って廻った。で、一つのジンクスが私の中にできている。
651系を撮ろうとすると日が陰る('A`)
なんじゃそのしょーもないジンクスわ。だが、これまで撮った写真の中に、順光を浴びて走るものが一枚としてないことに驚愕した。どうですか、あなたにも「なぜか苦手な車両」みたいなのはありませんか?

651系スーパーひたちのデビューは、私の高校進学と同じ年だった。高校は常磐線の線路脇、デッドセクションの近くにあった。485系と415系の天下だった当時、651系は輝いていた。教室の窓から、その白い輝きを眺めるのが、退屈な授業中の楽しみだった。

なんていう余計な思い入れが撮影時におかしな緊張感を呼ぶのか、カメラの設定を誤り、撮影にしくじることも多々あった。そんなことを繰り返している中での引退発表。今年のうちに定期運転から撤退するという。まともなのを撮っておかなければ。田舎の景色の中を走るポイントとしては、取手~藤代間が有名で最も近いが、前述の通り、それは教室の窓から眺めていた場所。おかしな郷愁が、逆に足を遠のかせる。ていうか金もないしなと次第に消極的な方向へ考えが傾き、今回の撮影は鶯谷に決定('A`)

DSC_7917.jpg

先にやってきた下り列車を撮る。この角度からだと逆光になってしまう。651系は基本7両編成と付属4両編成をつないだり切り離したりして運用しているが、新車のE657系では10両固定編成となるので、こういう図も見られなくなる。
…そして、例によって雲が広がってきた。

DSC_7922.jpg

というわけで、今回もジンクスを破ることはできなかった('A`) これはもう、毎日通うくらいの情熱を傾けないといかんのかもな。ていうか、背景のビルがもれなく連れ込み宿というのもひっかかる点ではあり、やっぱりもう少し遠出した方がいいかも。

周囲を徘徊したあと帰ることにして駅に戻ると、スカイツリーが見えた。

DSC_7950.jpg

やってきた列車は高崎線の211系。211系には今後動きがあると予想されている。こんな何気ない写真が、近い将来貴重になるかもしれない。
…なんて撮影してると、真新しい列車キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

DSC_7948_20120228122921.jpg

おお、E657系の試運転だ! 実物は初めて見た。発見してすぐ走り、とっさに撮ったので、ちょっと被っちゃったりしているが、デビュー前の今うpすることに意味があると思い、写真のクオリティには目をつぶることにした。
最近は、つり目が流行りらしくてE657系もそうなのだが、インパクトがある反面、陳腐化するのも早そうだよなあ。それなりにかっこいいんだけど、651系と比べるとどうしても軽い。651系のデザインが素晴らしすぎたともいえるのかな。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 12:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT