きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

酒と鉄道

列車に揺られながら飲む酒は格別だ。ましてそれが常磐線だとしたら、飲んどかないと何か大事なことを忘れた気分にすらなる。こんな奴が後を絶たないので、いくら新車が入ろうと、常磐線の酒臭いイメージは払拭されないままなんだね('A`)

DSC_8441.jpg

しかも、飲んでるのはだいたいこういうの。中央線だと甲州ワインなんかを飲んだりするが、常磐線沿線は酒の名物が乏しいからなあ。いや、あるにはあるし旨いんだけど、営業力が弱いんだろう。NEWDAYSに置いてあれば選んで買うんだけどな。
さて、私が金麦を飲むのは、旨いのもそうだが、檀れいさんが好きだから |∀・) 缶のデザインには、季節に応じて花が咲いたり花火があがったりして、庶民の小さな楽しみだったりする。今春の金麦はこんな感じなのだが、よく見ると列車があしらってある。

DSC_8443.jpg

拡大してみよう。どう見ても国鉄型っぽい。しかも単行なので、キハ40だろう。これは渋いところをついてきた。国鉄型の気動車といえば、キハ20も30も風前の灯だ。となると、これからはキハ40の時代なのではないか。鉄ヲタの人気はそれほどないが、私は個人的にとても好きだ。

P1010708_20120330223322.jpg
釧路湿原を行くキハ40

初めてキハ40に乗ったのは北海道でだった。北海道のキハ40は寒冷地仕様なので、内地のそれよりもごついイメージだ。学生の頃は、青春18きっぷを使ってひたすら乗り続けた。乗る車両で、撮る対象ではなかったので、そういえば走行写真が殆どない。キハ40は、私の旅の友だ。
東京でも、ようやく桜が咲き始めたらしい。見頃は来週末くらいだろうか。いちばん近いキハ40は烏山線かな。金麦の缶みたいな景色が見られるだろうか。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄道と美味 | 22:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT