きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪の日の都電2014(3)

『アンネの日記』及びその関連書籍が、図書館で同時多発的に毀損されているらしい。本が好きで出版業界に入った人間なので、そもそも公共の本を破るという行為そのものに激しく腹が立つ。犯人は一刻も早くしょっぴかれ、世界に晒されるべきだ。
そもそもが著しく公共心を欠いた行為であるわけだが、その対象が世界的に有名な人権問題を提起する本であることに、思想的な偏りを感じる。ナチスの信奉者だろうか。いや、おそらく違う。
そういえば昨今は、日本をナチスドイツ、安倍首相をヒトラーと同一視したがる輩が内外にいる。かつての日本が、同盟国であるナチスドイツと共謀してユダヤ人を迫害し、なおかつそれを現在でも肯定しているという思い込みのもとに、日本の評判を落とそうとしたのだとすれば、極めて卑劣だ。
残念なことに、杉原千畝や樋口季一郎の名を、教育の場で聞く機会は少ない。戦後教育において、その業績は都合が悪かったのだろう。だが知らなければならない。そうしないと、今回のような、無知に起因する愚かな犯行が無駄に繰り返されてしまう。
でもまあ全て憶測だ。犯人が猫とかカラスとかだった場合には、いくらでも謝る用意がある |∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「雪の日の都電」の最終回なのだが、多忙と健康不良で間延びしてしまった。こんな生活を続けていたら、衰える一方だな_ノ乙(、ン、)_

DSC_1989_20140226222417898.jpg

あの雪の夜、私にもロマンスが舞い降りた。束の間の夢だった。だが、夢を見続けるには疲れすぎていた。
次に気付くと、私は歌舞伎町にいた/(^o^)\ナンテコッタイ
このゲートはおなじみのものだが、実は最近リニューアルされている。猥雑な赤い電飾もLEDになった。イメージがほぼ全く変わっていないのは、嬉しくもあり、悲しくもある。このにじんだ写真、なかなか気に入っているのだが、構図を探しているとき、脇の怖い人にぶつかり、「なんぢゃゴルァ」とか言われた('A`)

DSC_2022.jpg

場末の雪道を新大久保へ歩いた。途中で韓国スーパーに寄り、惣菜なんかを買うこともあるのだが、今回は具合が悪かったこともありスルー。

DSC_2039.jpg

大塚に戻ってきた。ここは以前は生垣だったところ。再開発で取り払われ、新たな撮影ポイントになった。工事中の様子は、後々貴重になるだろう。

DSC_2060.jpg

この撮影の時点では、今回の雪が災害にまでなるとは思っていなかった。太平洋側の都市である甲府が、積雪日本一の県庁所在地になった。東京の集落が雪に埋もれて孤立したり、初狩から高尾まで4日かけて走る列車もあった。
前回の無駄口コーナーで私がぼやいたようなことが、各所であったようだった。雪かきをした者しない者の色分けがなされ、今後の近所付き合いに微妙な変化が生じるのかもしれない。まあ私のように、雪かきをしておきながら、隣がやったことにされてるような奴は、全くの負け組なわけだが('A`)

DSC_2053.jpg

これは、先日のと同じ場所で改めて撮ったものだ。通過する電車や、通行人の配置がこっちの方がいい。

最後に動画だ。つべにおける私のハンドル名「KITAKIKENTA」の1年ぶりの新作だ。逆にいうと、1年間動画を撮っていなかったわけだ。本当に、この生活は改めないとまずいな…。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 04:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT