きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蒼い夕暮れ〜御茶ノ水

昨今、国際社会で日本が叩かれるネタに慰安婦問題がある。しばしば論拠となる河野談話の成立過程には、政治的思惑が大いに絡んでいた。根拠とされた虚偽まみれの証言には当然裏づけなどなく、史料的価値をもたないことはすでに知られるところだ。
にもかかわらずそれを隠して嘘で煽り、日本を貶め続けてきたのが朝日新聞だ。長年頑なであったのが、今回、ようやく虚偽を認めた。画期的な一歩だといえる。だが、その検証文を読む限り、数々の虚偽を認めつつ、反省の色は一切ない。あまつさえ、見出しに「本質直視を」などと掲げていて片腹痛い。
では本質とは何か。戦争の悲劇を繰り返さないように、真実を継承していくことである。事実をねじ曲げ、創作してまで政治に利用することでは断じてない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5411.jpg

外回りを終えた後、御茶ノ水周辺を徘徊した。空の澄んだ夕方だった。

DSC_5417_20140806152329b44.jpg

中古レコードを漁ったり、食事をしたりしている間に日が暮れた。空はすっかり深い群青に染まった。実はカメラのホワイトバランスをいじったからだが |∀・)

DSC_5420.jpg

聖橋の方へ目を向けると、工事たけなわだ。御茶ノ水駅は狭い敷地に無理矢理設置されたため、バリアフリーの整備が遅れている。そこで人工地盤を建設し、抜本的な改善を図ることにしたのである。ちょっと待て、神田川を覆うのか? と、この図を見ていると不安になる。

DSC_5428.jpg

でも大丈夫。現在神田川に設置されているのは工事用の足場なんだそうで、人工地盤は現在のホームの真上に建設される。愛されてきた景観が大きく変わることはないだろう。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 15:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT