きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての真岡鐵道(2)

私がデザインを担当した「時刻表読本」。おかげさまで好評をいただいたようで、現在、続編を制作中です。はっきりいって、前回の以上に力を入れています。出来上がったら、宣伝させてくださいね |∀・)
最近の仕事で感じるのは、編集のトレンドが変わってきたことだ。しばらく前までは「空間を活かす」とかいって、スカスカな本がもてはやされた。文字を大きくし、行間もガバガバ空けて、1頁数秒で読み飛ばせるような本を私も随分作った。だが最近は濃密な編集が目立つように思う。本文の文字の大きさからいって、駆け出しの頃お世話になった自費出版の某社だと14Q(3.5ミリ)が標準だったのが、今やっている本だと12Q(3ミリ)である。たった0.5ミリの差と思われるかもしれないが、入る情報量や誌面の印象は全く違う。
いうまでもなく出版業界は斜陽であり、常にネットとの対抗を意識しなければならない。そうしたとき、より濃密さと重厚さでもって存在感をアピールする方向に移ってきたのではないだろうか。デザインする側としては要素が増え、大変だ。昨日も「原稿が多すぎです。削れませんか」と編集に要望したりした。ただ、スカスカな本を作るよりも、明らかに充実感がある。この方向は間違っていないと感じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【前回のあらすじ】
母とドライブで真岡鐵道沿線に来た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国道294号を下っていくと、「真岡8km」の標識が出た。「せっかくだから真岡まで行ってみようか」、私はそう言って、車を北へ走らせた。母は以前、亡き父に乗せられて、この先の益子には行ったことがある。だが益子はいいと言う。それでなくても多すぎる器の類いを処分している最中なのだ。
真岡に来たのは初めてだった。栃木県の中小都市には味のあるところが多いが、ここもそうだった。住んでみたいところだと母は言った。予定外だったので、予備知識はない。奇天烈な駅舎がある真岡駅の写真を見たことがあるだけだ。駅は、メインストリートを外れた、裏道みたいなところに面していた。

DSC_2372_2015062412214330c.jpg

真岡鉄道といえばSLもおかである。この駅舎もSLを模しているわけだが、私の関心は、当然、展示されているキハ20に向いているのだった。全ての鉄道車両の中で、私が最も好きなのが、このキハ20だ。しかし、ナウなヤングの私は、こうして静態保存してあるのを眺めることしかできない。現役のキハ20には、ひたちなか海浜鉄道でしか乗ったことがない('A`)

DSC_2398.jpg

なんでここにあるのかはよく分からないが、蒲原鉄道の貨車なんかも展示されていた。私が全国を旅していた頃は地方私鉄がバタバタ廃止されていた時期で、限られた金と時間では到底まわり切れなかった。蒲原鉄道も、最後まで行くことができなかった路線で、残念だ。

DSC_2390.jpg

ていうか、真岡駅がこんなに鉄分の濃い駅だとは知らず、結構楽しめた。
屋内に展示されていた旧型客車には「平⇔原ノ町」のサボが掲げられており、一時期福島に住んでいた母にとっては大変懐かしいもののようだった。母が越してきたときは平市だったのが、途中で合併していわき市になったんだと聞いている。思えば、現在の実家があるのがつくばみらい市という、実にみっともない市名なのだが、母があんまり抵抗を感じていないのは、当時としては極めて斬新だったひらがな市名への変更を、若い頃に経験していたからかもしれない。

現在は合併して真岡市となったが、以前は二宮町という自治体があった。私はてっきり神社の二宮があるからだろうと思っていたが、二宮尊徳が由来なのだった。そういえば、先に訪れた久下田駅にも尊徳の像があった。それで、桜町陣屋跡に寄っていこうかと提案したのだが、母が別にいいと言うので通過した。これが当たりだった |∀・) 行きに見つからなかった折本駅に着くと、SLもおか到着の10分前だったのだ。全くの偶然だった。うわ、SLを見るのは、俯瞰の本の取材でザンゲ岩に登って以来だぞ♪

折本駅に関しても全く予備知識がなかったが、駅付近におあつらえ向きの歩道橋があり、すでに見物客が集まっていた。階段は緩く作ってあり、膝の悪い母でも登ることができた。

DSC_2428.jpg

「SLとかいうからもっとごついのかと思ったら、小さいのね」。これが母の感想だった。そう、真岡鉄道のC11やC12は、ローカル線向けの小型機関車だ。母は都会育ちで、ローカル線というものに馴染みがない。SLといえば、D51やC62みたいなごついやつしか知らないのだ。それでも、もうもうと立ち上る黒煙や、懐かしい汽笛を聞いて、感動している様子だった。

DSC_2448_20150624122149b2f.jpg

下館からの返しも、この歩道橋から撮った。茂木方にディーゼル機関車が連結され、C12は引っぱられているだけだった。それでもこの長閑な鉄道風景は、いまや得難いもので実に素晴らしい…ようにこの写真からは思えないかもしれないけど。露出の設定をしくじり、えらく飛んでしまったので、加工とトリミングを施しました('A`) 本来は背景に筑波山が入る。駅近くの歩道橋という極めてお手軽ながら、すごくいいポイントだ。
「ここはいい所だった。今度は列車に乗って来るわ」と感激していると、母が身も蓋もないことを言うのだった。「列車で来たら切符代が要るやないか」。なんかもう、さすがに大阪出身だけのことはあるわな('A`) 「いや、切符を買ってあげないと廃止されてしまうがな」。乗り鉄的にそう答えるしかなかった。
ごめんなさい。そういうことで、今回は真岡鐵道に一銭も落としていません |∀・) また機会を改めて、しっかり全線乗り通したい。そうそう、ここは「ときわ路パス」のフリー区間に加わったんだった。そういうのを活用しても面白そうだ。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 沿線散歩 | 14:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT