きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関門海峡行ったり来たり〜平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(1)

DSC_6408.jpg

終戦から70年の節目に、靖国神社へ参拝してきた。
今年のお盆は多忙で休みが完全消滅し、珍しく都内にいるのである。それでもこの日くらいは外出したい、しかも昼日中にと思って、汗を拭き拭き、鳥居の外まで続く行列に並んだのだった。
亡き父は、この神社を戦争讃美だと言って嫌っていたが、それは一面的な見方に過ぎない。確かに、そう受け止められかねない部分もあるかもしれない。だが、ほとんどの参拝者はそうではない。国を守るために戦ってくれた戦没者への感謝と慰霊、そして国内外の安寧を願っているのである。以前にも書いたと思うが、靖国神社に関しては、ことさら強く政治的思惑が働き、本来あるべき信仰を妨げている。あとは我々一般の日本国民が、誠意と行動でもって、少しずつ状況を修復していくしかない。
折しも、前日に発表されたいわゆる「安倍談話」は、そうした日本国内外のあらゆる立場に配慮され、バランスのとれた良い内容だった。この談話をベースとして、これからの日本の進路が定まっていければ素晴らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5447.jpg

小倉発の415系普通列車は、関門トンネルを抜けて下関に着いた。このコースを企画した友人ががっかりして言った。「なあんだ、橋を渡るんだと思った」。鉄道は、在来線も新幹線もトンネルで抜ける。関門橋(画像奥の橋)は道路専用であり、開通は1973(昭和48)年と、意外に新しい。現地で見れば、すごい潮の流れだ。船舶の航行に支障しないよう配慮も必要な架橋より、トンネル掘削が優先されたのも納得できる。
で、我々は、今度は船に乗って九州側へ戻ることにした。狭い海峡を渡る航海はわずかな時間だが、とても爽快だった。

DSC_5474.jpg

この日、私にとっての一番のお楽しみはこれ、観光トロッコ列車に乗ることだった。一見、遊園地の遊具にも見えるが、平成筑豊鉄道が運行しているれっきとした鉄道で、市販の時刻表にも掲載されている。休止になった貨物専用線を、観光用に復活させたものだ。手続きが簡略化できる特定目的鉄道事業として開業した初のケースでもある。廃止され、現在一部が遊具として復活している信越本線横川〜軽井沢間も、この方式での復活を目指している。そういう意味でも興味深い路線なのだ。

DSC_5489.jpg

起点の九州鉄道記念館駅はJR鹿児島本線の門司港駅に隣接している。ていうか、もともと門司港駅の一部だったところ。職員同士が手を振り合って出発。気持ちのいい光景だ。
終点の関門海峡めかり駅まで、わずか2.1km。だが、最高速度が時速15kmなので、意外と距離感はあるのだった。「日本一短く、遅い路線です」とアナウンスがある。普通の鉄道なら自慢にもならないが、観光鉄道だから当然誰も突っ込まない。運賃が300円と、けっこうすることでもあり、もっと遅くてもいいくらいだと思った |∀・)

DSC_5514.jpg

このわずか2.1kmの間に、車窓はめまぐるしく変化する。街中から関門橋を見上げる海辺へ、さらにトンネルをくぐって、しばし緑深い区間を通る。トロッコ客車なので、乗り心地はズバリ悪い。とはいえ、レールの上をゴトゴト進む感覚がダイレクトに伝わってくるのは、やっぱり楽しいものだ。

DSC_5515.jpg

終点の関門海峡めかり駅に車止めはない。九州最北端の駅を名乗っているが、錆びた線路がさらに続いているのだった。実は、貨物線の全てが復活したわけではなく、めかり駅から先は引き上げ線となっている。この先にトロッコ列車の車庫があるのだ。錆びてはいても、現役の線路だと分かっていれば悲哀感もない。
できるものなら、この先の線路を探訪してみたかったが、友人にわがままを言ってこの線に乗れた手前もあり、これ以上マニアックなことも言えないのだった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT