きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

震災から5年、東松島・野蒜へ再訪

生たらこの旬は冬だが、ぼちぼち出回り始めた。ビールとたらこは痛風に悪いとかいわれるが、好きなもんはやめられない |∀・)

P1000175.jpg

多分、去年あたりにも書いたと思うけど、生たらこの煮付けです。今日はインゲンを合わせてみました。あらかじめ一口大に切ってから煮るのが美味しく食べるコツ。
ネットを見てると、若い人の「たらこを生で食べちゃいました! やばいですか?」みたいな相談が普通にされている。大丈夫、君が食ったのは塩漬けだから。原材料名に塩の他、合成着色料だの発色剤だのといろいろ書いてあるでしょ? まあ、あの表示を見ると食欲が失せるのも事実だけど。年中出回っているあれとは違って、生たらこはそうした加工を施していない本当の生。保存がきかないが故に旬がある。逆に、「たらこを加熱するなんてありえねー」とかいう若い声もある。いや、昔から焼きたらことかあるじゃないですか。一体、何を食って育ったんだろうこの子達とか、若干興味がわく。アニサキスがいるかもしれないので、生たらこを無加工で食うのはやめといたほうがいい。
なお、たらこは北海道産。インゲンは福島産。なるべく被災地産のものを選んで食いたいというのが、震災以来の私の思いだったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と、枕駄文と本題にいささかでも関連があるのは珍しいのだが、今回は、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県東松島市の野蒜に再訪してみた。
今回は、開業して間もない仙石東北ラインを経由し、HB-E210系に乗って行った。東北本線が交流電化、仙石線が直流電化と電化方式が違うこと、新設された連絡線が非電化であることから気動車の投入となったわけだが、このHB-E210系は、エンジンで発電し、電力で走る、いわゆる電気式気動車だ。エネルギー効率のいい電気式気動車が今後の主流になっていくんだろうが、まだまだ未完成の技術と見えて、客室内にでかい機械室があって定員を下げているのが残念だ。

P1170804.jpg

列車は、東北本線から仙石線に入る間に2回停車した。交流→非電化→直流と困難な直通をしているので、スムーズな行き来ができないのだろう。
仙石線に入って目に付いたのが、増設された防潮堤だった。美しかった車窓がこれで阻まれ、観光路線としての魅力は大きく減じてしまったが、これも仕方のないことだ。

P1170810.jpg

5年ぶりの野蒜駅は、当時とは全く違う場所にあった。運河沿いにあった駅は高台に移り、むしろ山の中の駅といった風情になっていた。

P1170812.jpg

野蒜の町そのものを高台に移そうというわけである。だが、新しい野蒜駅前は未だにこんな状態。山を切り開いて造成中の土地に、住宅はまだ1軒も建っていなかった。

P1170822.jpg

駅から坂を下っていくと被災地につながる。大きな建物が野蒜小学校で、それより高い所に新設された高架をHB-E210系が過ぎていく。かつての線路は、草がぼうぼう茂っている手前にあった。旧線のレールは、踏切部分を除いてほぼ撤去されているようだった。

P1170831.jpg

だが、旧野蒜駅は、レールも敷かれたまま、その廃墟が遺されていた。なお、5年前の状況はこちらをご覧ください。

P1170828.jpg

ホームだけでなく、駅舎も当時のままで、「野蒜駅」の看板が掲げられている上、新たに入居していたファミリーマートの店名も「東松島野蒜駅店」だった。きっと、旧野蒜駅を震災遺構として遺していく方針なのだろう。

P1170835.jpg

そんな予報じゃなかったが雨が降り出した。今回も超絶雨男の本領発揮である('A`) 本降りになってきたので、急ぎ足で坂を登り駅に向かうと、乗ろうとしている上り列車がちょうどホームに滑り込むところだった。通常、間に合いっこないタイミングだったが、いや、ここで下り列車と交換待ちをするはずと思い直して突っ走った。予備知識のおかげで、かろうじて間に合った。この列車に乗って、次の目的地・多賀城に向かう。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT