きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後の鉄道連絡船・宮島航路へ(2)

金正男氏が暗殺された。遺体の検視により、それが確定した。政治的野心を持っていない人物に対してあまりにひどいことで、首謀者として確実視されている実弟の金正恩・朝鮮労働党委員長の冷酷非道を糾弾せずにはいられない。「金王家」の嫡男として生まれた運命の悲劇を、外人の立場ながら深く悼む。
それなりの家であれば、嫡男っつうものはそれだけで余計な重荷を負うのだ。私んちは「金王家」なんぞよりはずっとしょぼい家かもしれないが、それでも嫡男である立場でありながら一族の総意に反し、結果として縁を切るという行為には勇気が必要だった。だから私は、金正男氏にシンパシーを感じていたのである。
総意が間違っていることは往々にしてある。
日本全体でも、民主党政権を選ぶという大きな間違いがあった。「民主党はいかん」と私がいくら訴えても、親も友人も、誰も耳を貸してくれなかった。だが一方で、昨今、安倍政権の支持率が上がるにつれ「多数派が正しい」みたいな雰囲気が醸成されつつあるのも私は怖い。正しいことは何なのか、誰かに頼るのではなく、各々が、自分の頭で考えてほしいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前回のあらすじ】
可部線から山陽本線乗り換え、宮島口駅から連絡船に乗り込んだ。

P1000936_20170218135442a1e.jpg

宮島駅である。駅とはいうが列車は一切来ない。来たこともない。かつて鉄道が来ていたバス停が引き続き駅と名乗っていたり、いつか鉄道が来る(かもしれない)といって駅を名乗っているのとも違う。JRと広電、2社の便が頻発しながら、実質はフェリーターミナルなのである。
「宮島へは船で行くのですか、知らなかった」。タラ坊さんの言葉にはっとした。瀬戸大橋も関門トンネルもあるこのご時世、より土木的には簡単そう、かつ旺盛な往来がある宮島へは、そういえば船便しかないのだ。そこを鉄道会社の経営とし、路線の一部としている。余計なインフラを整備しては地元の生活を破壊するお上ですら「宮島大橋」をかけることはない。なぜなのか。
聖地だからである。
時折クイズ番組なんかで出題される。「宮島にないものは何か」。それは墓である。島民の墓は全て対岸の本土にあるそうだ。聖地だからという理由だけでどんな不合理も許されるのが日本の伝統であり、私もまたそれを支持する。

P1000940.jpg

などといかめしいことを言ってると鹿に笑われる。宮島では神の使いとして神聖視され、島内各所を普通に徘徊している。どうだろう、「そんなに肩をいからすなよ、俺らにはそもそも肩がないぜ」と私には聞こえたのだ。

P1000960.jpg

(中略)どれ、なかなか来る機会もないのだから、厳島神社にお参りしていこう。うわ、拝観料とるのか、神社にしては珍しいな(300円)。世界遺産だから仕方ないのか。
とはいえ、「国寶厳島神社」とともに掲げられれている「世界文化遺産」の掲示がしゃらくせえわ。ユネスコごときの権威がそんなに有り難いのか、己の権威がいかにして築かれたのか忘れてんぢゃねえのかボケとさんざ腹のなかで悪態をつきつつも、話がめんどくさくなるのもイヤなので、おとなしく300円払って入場した('A`)

P1010042.jpg

(中略)私は、神社とか神道を外人に理解してくれとは思わない(してくれれば嬉しいけどさ)。神道は世界宗教ではなく、先進国の国民が信奉するにはありえない(と思われている)原始的なアニミズムだからだ。多分、島に鹿が徘徊してる意味も、なかなか外人には伝わるまい。でも私は教義だの戒律だのめんどくさいことよりも、そういう原始的なところにこそ宗教のキモがあるんじゃないかと思っている。僧侶の孫として大正大学に入り、仏教学士を取る過程において、徐々にそういうところに気づいていったことは皮肉だった。

P1000973.jpg

日が暮れてきた。聖地にいると立ち去るタイミングが掴みづらい。なにせ居心地がいいのだ。だがせせこましい人生で余裕がなく、今日のうちに対岸の四国・松山に渡らなければならない。面白いのだが、広島は母の、松山は父のゆかりの地で、でも出会ったのは東京なんだね。東京なんぞよりずっと近いところにいたのに出会うことはなかったってことだ。これが人の縁ってやつなんだね。あいにく私は、そういうものには恵まれそうにないけどさ('A`)

P1000986.jpg

(中略)名残惜しいが再び船に乗り、宮島口駅に戻った。うーん、ここもいかにもの昭和中期式の駅舎だわな。私は伊勢神宮のことを思い出していた。天皇陛下もご利用になる近鉄の宇治山田駅は実際立派な駅だが、それに比べて、より有利な立地のはずのJR伊勢市駅はまさにこんな感じの駅舎だった。それも近年、それっぽくリニューアルされたよね。
ここは大事なのだが、伊勢神宮は世界遺産ではない。ていうか、今後も登録されんなやと個人的には思っている。私は「世界遺産」というブランドをこの上なく胡散臭く感じてるクチだが、日本という国が思いの外注目される存在となり、この地を観光に選ぶ外人が増えたのなら、銭金は置いといて、なぜここが聖地なのか、どっかしらで説明してあげてほしいと、この駅舎を見ながら感じていた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 17:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT