きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨の季節の前に

6月7日だったか8日だったかに気象庁が関東、甲信地方も「梅雨入りしたと思われる」という発表をしたものの、その後、雨らしい雨が降らない。しかし、いずれにしろ雨の季節は間近だろう。その前にと思い、6月11日の日曜日に鎌倉へ走りに行ってきた。
おりから紫陽花の季節であり、おまけに日曜日とあって、鎌倉はどこもかしこも人であふれていた。腰越から乗った江ノ電は、「混雑のため」とかで数分遅れとなっており、長谷から先は、それこそ朝の通勤ラッシュなみの混雑だった。
いつも思うことだが、江ノ電は儲かってしょうがないだろう。この乗客の半分でも、いすみ鉄道や銚子電鉄に分けてやれればいいのだが…。

紫陽花

それはともかく、先日UPした「おこがましいデジャヴュ体験」で、私が撮ったのと同じ構図で中井精也先生が撮ったものが「一日一鉄」に載っていたと書いたが、せっかく中井先生が「こうやって撮るんだ」と示してくれたので(そんなわけはないが)、改めて、腰越の満福寺でお地蔵さん越しに江ノ電を撮ってみた。
う~む。でも、やっぱり、なんか違うなぁ。
お地蔵さんが少し大きすぎたかもしれない。

お地蔵さん

瞬間的に、これ以上でもこれ以下でもないというものを決められるというのは、やはりプロのなせるワザだろう。

満福寺から小動岬下の海へ出ると、いつもより遠くまで岩伝いに行けるようになっていたので、その岩の上から江ノ電を撮ってみた。

小動岬

先日までNHKで「つばき文具店~鎌倉代書屋物語~」という、鎌倉を舞台にしたドラマをやっており、しみじみしたなかなか良いドラマだった。そこでは、妙本寺や腰越漁港なども出て来て、それを見ながら、鎌倉に暮らすというのは、経済的な意味ではない豊かさのようなものがあるように感じた。

その日は材木座・五所神社の例大祭とかで、材木座の通りは法被姿の老若男女で賑わっていて、清水湯で着替えて海へ出ると、ちょうど、お神輿の海渡りをやっている最中で、2基のお神輿が海のなかで競り合っていた。
清水湯も祭りの参加者らしき人で混み合っており、背中一面に入れ墨を入れた人もいた。

しかし、雨が降らない。降らないほうがありがたいのだが、稲をはじめとした作物の生育に影響がでなければいいのだが、と思う(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT