きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

盛夏の鎌倉海RUN再び

10日から16日までパート先が休みになったけれど、お天気がどうもはっきりしない。そのなかで唯一晴のマークが付いていたのは13日の日曜日だけだったので、その日、鎌倉に走りに行ってきた。
最近そのパターンが多くなった大船から湘南モノレールでのアプローチで今回も鎌倉入りしたが、腰越に出るには、終点の湘南江ノ島駅より、ひとつ手前の目白山下駅のほうが近いのではないかと思い、今回、はじめて目白山下駅で降りてみた。
住宅街のなか(この辺の住所表示はすでに腰越になっている)を続く細い坂道を下りて行き、下り切ったところを右に曲がりしばらく行くと、江ノ電が走る道に出た。
いつものように龍口寺、満福寺をお詣りする。

満福寺

性懲りもなく、またお地蔵さん越しに撮る。今回は鐘楼台の上に登ってみたけれど、やはりダメだ。もっと近くで脚立に上がらないと、ああいう写真は撮れないだろう。けれど、何か悔しい思いが残る。

お地蔵さま

その後小動の浜に下りて江ノ電を撮ってみたけれど、一眼レフと違ってスマホのカメラは、撮りたい対象をズームするには対象に近づけるしかなく、こういう写真には向かないと思った。だから、花の写真なんか撮るのにはいいのではないだろうか。

小動の浜

こちらへ来ると、いつも片瀬の東屋というお寿司屋さんで昼をとっていたけれど、他に何かないかと歩いて行くと、海へ出る少し手前の店の前に、刺身定食やらぶりカマ定食などと書かれてあったので、今回はそこで昼をとることにし、刺身定食を頼む。

刺身

生シラスの小鉢にもう一品小鉢がつき、それに漬物、味噌汁、ご飯がついて1,480円だった。
お腹ができて満足したところで、腰越から江ノ電に乗って、鎌倉へ。その日も江ノ電は超満員だった。
これもいつものように妙本寺やぼたもち寺、安国論寺をお詣りする。
妙本寺では、もう花時期は過ぎていたけれど、凌霄花(ノウゼンカズラ)が少し咲き残っていた。中国原産の植物だけれど、平安時代にはもう日本に渡ってきていたそうだ。萩をはじめ、この凌霄花などのような蔓性の花が私は好きだ。

凌霄花

安国論寺の山を背にして建つ御堂の手前にキンミズヒキが咲いていた。

キンミズヒキ

材木座の海に近い八百屋さんの店先で、買い物に来ていた上品なご婦人と店の人が「夏は、この辺でも水着姿で歩いている人がいて嫌ですね」などと話していた。
海に近いとはいえ、街中を水着姿で歩くのははしたないと思うのだろう。
今回も腰越海岸まで走ったけれど、前回もそうだったけれど、行きはいいとしても、戻って来るときは疲れてしまって、途中、ところどころ歩いてしまった。もう10㎞走るだけの足の筋力がないのかもしれない。
と言っても、80歳過ぎてフルマラソン走っている人もいるのだから、これは齢と言うよりトレーニングの差かもしれない。だから、しばらく走っていなかったけれど、また、週1の皇居ランを再開しようかと思う(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT