きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失われゆく風景2017初秋 向原〜東池袋間にインファンド軌道出現

急転直下、秋の臨時国会冒頭での衆院解散が決まったようだ。よく「解散風」なんてことが言われるものだが、今回のは全くの不意打ち、私だってつい先日、「解散はなるべく来年末の任期末近くまで引っ張り、憲法改正の国民投票と合わせることで投票率を上げるべきだ」とかYouTubeにコメントしてたくらいだ。何せ安倍政権は「病み上がり」で、以前のような安定感はない。もうしばらく「療養」を続けるものだと思っていた。
確かに、民進党は離党ドミノが止まらない中で山尾議員の不倫騒動、さらに前原新代表は恥ずかしい写真が暴露されたりと、遠からぬ瓦解が予感される。一方、民進離党組や若狭議員が画策する新党はまだ体制が整わない。国内の政局的にいえば、今解散を打つのが上策ではある。野党は大義がないだの卑怯だのと反発しているが、おたくら、つい先日まで虚構のもりかけ問題で騒いで早く解散しろいうとったやん。主張が通ってよかったな |∀・)
今選挙をやれば、与党は改憲発議に必要な3分の2の勢力を維持できない可能性が高い。それでもやらなければならない大義、それは朝鮮半島情勢への対応だろう。
任期末までの短い間に、半島情勢が悪化の一途を辿るのは容易に予測できる。選挙期間中というのは民主国家のアキレス腱みたいなもの。解散が後になるほど政治空白の危険が高まるので、早いうちに任期をリセットしておく必要があるのだ。
野党は「北朝鮮のミサイルが危険な時に解散とは」と批判しているわけだが、上記の理由で的外れであることがわかる。ていうかおたくら、つい先日までJアラートは大げさだ、危機感を煽るないうとったやん。主張が通ってよかったな |∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1070597.jpg

併用軌道となり「路面電車化」される都電の向原〜鬼子母神前間。そのうち線路を仮線に移して工事を進めていた向原〜東池袋四丁目間の一部が出来上がり、新しくなった本線に戻された。
さてここでちょっとしたクイズです。路面電車の線路は、路面の下ではどんな構造になっているのでしょうか? これは知ってしまうとなーんだというようなもので、普通にバラストと枕木が敷いてあるのだ。普通の線路の上を敷石なりアスファルトなりで覆ってるだけってことだね。
ところが都電の新しい併用軌道区間は、インファンド工法というドイツで開発された新技術で建設されている。こうしてみると何が違うやらわかりにくいので拡大してみよう。

P1070589.jpg

路盤はコンクリートで作られ、はめ込まれたレールは樹脂で固定されている。レールの間の溝はなんだろうね。芝とか植えて緑化軌道にするのかもしれない。
このインファンド軌道の特徴は電車の走行音が静かになることである。電車はゴォーッと滑るように過ぎていき、すごくスマートな印象だ。架線柱も伝統的な門型ではなくセンターポールに立て替えられてすっきりした。センターポールは上下線の間に架線柱が立つ方式なので、撮影がしやすくなる利点もある |∀・) 「路面電車化」とはいうのだが、昔の無骨なものではなく、よりLRTに近いものになるはずだ。これが時代の要請なんだろうけど、どこかしら寂しい気もする。

DSC_0035_20170920055205242.jpg
P1070600.jpg

この「失われゆく風景」シリーズでは、主に向原〜鬼子母神前間の変遷を追ってきた。その蓄積でついにできたよ定点撮影。上の写真は平成20(2008)年12月、そして下がつい先日、平成29(2017)年9月、ほぼ同じ場所から撮影したものだ。電車の位置もほぼ一緒。ただ、あくまで「ほぼ」である。上の写真の右側に銀杏が植わっているが、それが下の写真でいうとレールが積んである辺りになる。この線路は役目を終えた仮線で、上の写真の時点では住宅密集地だったところ。この後レールを剥がして道路になる。現在は踏切の警報機が仮線の手前に移設されているため、電車を入れて撮ろうとすると定点に立つことができない。どうしてもということなら、工事関係者になるしかないだろうな。
いくつかのビルが目印になっている以外、9年の間に全て変わり果てたことがわかる。インファンド軌道と踏切の共存、また本線と仮線が並行して4線になっている景色は一時的なものなので、記録しておくと貴重な資料になるだろう。

P1070622.jpg

全体に工事は遅れているようで、実際に道路の供用が始まるのはまだ先といった印象だ。東池袋四丁目〜都電雑司ヶ谷間は、この区間で唯一昔日の面影を維持している。今から定点撮影を始めるなら、この辺りを重点的に撮ると急激な変化を記録できるだろう。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 06:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT