きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山に挑む肥薩線 八代〜人吉〜吉松間

自民党内で憲法改正に関する会議が行われたそうで、まあ表向きは「これからも話し合っていきましょう」的な中身の乏しい結果に終わったのだが、実は出色の成果があった。青山繁晴案の噴出である。
憲法改正に関しては7条の単純な誤字訂正すら阻まれたまま今日まできてしまっている。論点は多岐に及ぶが最大の関心事はやはり9条であり、青山案もこれに関するものである。
青山議員は、私が投じた中で最も価値ある1票だったなと思える働きをしてくれている。彼は本来第2項の削除を主張していたが、それは現実的に難しかろうという安倍総理がこの5月、従来の9条を維持した上で「第3項」を加筆してはどうかと提案した経緯がある。
私は当時、総理の提案を消極的に支持し、こんな「第3項」を考えた。「前項は国の自衛権を妨げない。自衛隊については法律でこれを定める。」国民投票にかけるなら、コンセプトはシンプルイズベストだ。
だが、今回の青山案はさらに短かった。「本条は自衛権の発動を妨げない。」
青山案は、ネット等の多くの提案を勘案した上で考え出されたものだ。私と似た提案をした人が多かったのではないか。青山さんも、この案なら2項削除案から転向できると考えたのだろう。
私の案と青山案には「自衛隊」明記のあるなししか違いがないが、実はこれが大きい。建前上、自衛隊は軍隊ではない。傍目にどう見ても軍隊だが違う。軍隊の存在を2項が禁じているからだ。だが、そんな建前が世界に通用するだろうか。青山案は、自衛隊と明記しないことで、「自衛軍」への改名を可能とできる点で私の案より優れているわけだ。
嘘はない方がいい。憲法が現実に即さず嘘八百ならその権威は失われてしまう。私が最も恐れることだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1110750.jpg

鹿児島本線の八代駅である。前回が北海道でいきなり南九州かよw いや、もちろんこれもお蔵出しのネタです |∀・) 撮影はほぼ2年前。このしばらく後に熊本地震が起き、うpのタイミングを失っていたネタだ。

九州新幹線の開業により、鹿児島本線はここ八代でブツ切れとなった。画像の乗り場案内板、真ん中の構内図になってる部分がおそらくかつて鹿児島本線下り列車を案内していたであろうスペースだ。八代〜川内間は肥薩おれんじ鉄道に移管されており、改札も分けられている。
一方、よりローカル色の濃い肥薩線はJRの管轄にとどまった。鹿児島本線の旧線にあたるが、山間部を行く難路であり、昭和2(1927)年に水俣回りの海線が開業したことで、本線の地位を譲っている。この古き良き本線の名残を見てみたいと思ったのだ。

P1110764.jpg

一番列車の1221Dは、ステンレス車体のキハ31だった。渋みこそ乏しいがれっきとした国鉄型で、その証拠が天井の扇風機に残されている。分割民営化直前の国鉄は、経営の厳しくなりそうな北海道・四国・九州のローカル線に駆け込みで新車を投入した。いわば置き土産で、キハ54なんかもその仲間だ。なお、キハ31はその後、平成28(2016)年の改正で肥薩線の運用から外れたので、今ではもう見られない光景になった。

P1110775.jpg

一勝地駅である。縁起のいい駅名だというので入場券を売ってるらしいのだが早朝で買えなかった('A`)
そして見逃せないのはこの渋い駅舎だ。今でこそローカル線に転落してしまったが、さすがは往年の本線、こうした風格ある駅舎が多く残っており、豪華クルーズ列車「ななつ星」のルートに組み込まれることになった。

P1110799.jpg

人吉駅で吉松行きに乗り換えると、いよいよ肥薩線のハイライト・山線区間となる。大畑(おこば)のループ線や繰り返されるスイッチバックで、この区間の難所っぷりを体感することができる。また、この区間には日本三大車窓の一つに数えられる矢岳越えがある。あんまりうまく撮影できなかったのだが、最後のまとめ動画にちょこっとだけ収録しました。
山深いだけに閑散区間となっており1日5往復のみ。来春改正でさらに減便されて3往復になるらしい。乗っといてよかった('A`) だが同時に「ななつ星」が来るようにもなる。あの豪華列車に乗ってこの車窓を眺めたらひと味もふた味も違うんだろうな。まあ私はどちらかというと外からななつ星を見てみたい。山線に挑む様子はさぞ壮観だろう。

P1110811.jpg

要は、地元民の利用が期待できないので観光鉄道化しているのだ。すでにこの区間を走っている「いさぶろう・しんぺい」の他、肥薩線に入る特急「はやとの風」や「かわせみ やませみ」、さらには臨時の「SL人吉」もひたすら観光需要を狙った列車である。三セク化した海線の肥薩おれんじ鉄道も、観光需要を掘り起こすことで厳しい経営のテコ入れを図っている。特に肥薩線はこれだけ古き良き鉄道の魅力を満載しているのだから、利用しない手はないともいえる。
うーんでもなあ、鉄道っつう存在そのものが、地方ではレガシーになりつつあるんだなあと一人の鉄ヲタとして大変複雑な心境ではある。

さて、最後にまとめ動画です。そういえば以前はこうやってちょくちょくまとめ動画をうpしてたわな。動画の編集は結構楽しい作業なので、動画の撮影も再開していきたいな。でもオクラの素材がもう1本分あったりする |∀・) まずはそれを放出したいです。(イノテツ)

スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 14:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT