FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

広島・呉〜松山航路 あともう押しな「鉄道連絡船」

【無駄口枠】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はれのひの社長がようやく出てきたね。言い訳がましく貧乏臭いオサーンでした。
女の子にとっては思いっきり「変身」できる機会である成人式。大学の卒業式、または結婚式に並ぶような、人生に何度もない楽しみな機会だったはず。それを見事に台無しにされたこの事件は、これから実際に下されるであろう法的な制裁以上に、社会的な制裁が大きいものになるでしょう。中には費用を自分のバイト代で工面してた子もいるそうで、その落胆は計り知れません。
まあ私は男なので、成人式とかいっても別に変身するような機会でもなく、ましてうちは貧乏だったし、高校時代の制服(幸いブレザーでした)のボタンだけをかーちゃんに付け替えてもらい、式に臨んだものでした。ちなみにその後、教育実習でもこれを着て母校の教壇に立ったわけですが、幸い、生徒の誰も教壇の実習生が自分たちと同じ服を着ているとは気付きませんでした |∀・) まあそれは余談としても、「うちは男の子で助かったわねえ」と親は素で喜んどったものです('A`)
ていうか俺わさ、この社長とやらの態度が大いに気に食わんかったのです。冒頭に「貧乏臭い」と書いたんだけど、こんなもんは弁護士のアドバイスで、そういう「コーディネート」かましただけに決まってるわけさ。隠した資産守るために、見え透いた演技してんぢゃねえ カー(*゚Д゚≡ *゚д゚)、ペッ
結局私は教師にはなれず、糞酷い出版社に3年勤めてフリーになり、それからおかげさまで20年目。この間、取引先が潰れるのは何度も見てきたけれど、泣きを見るのはいつでも顧客と社員と業者。経営者は会社がやばいのを先に察知できる立場だから、表沙汰になる前に資産を移動しとくわな。記者会見や債権者集会でペコペコしとけば、あとはのうのうと暮らせんだよ。
はれのひの社長も絶対そう。怒れよ女の子…っつっても私は坊主の末裔だから怒りにも冷めたところがあって、どうせ金も時間も返らないのなら、未来におもろいことを探した方が建設的かもねとか思ったりもするんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1090191.jpg

伊予鉄道高浜線の終点・高浜駅である。瀬戸内の冬だというのに頑として晴れやしねえ(´;ω;`)ウッ
「松山港」といってもその範囲は広く、高浜駅の目の前にある高浜港もその構成要素の一つだ。かつての高浜港は広島や九州方面への船が発着しており、伊予鉄道もその連絡輸送を見込んでここを終着駅にしたのだ。ただ高浜港は手狭だったし大人の事情もあり、そうした旅客輸送の多くは800m先の松山観光港へ移ってしまった。800mといえば私鉄の1駅間に程よい感じだ。路線をここまで延長する計画は当然あるが、何はともあれ金がないんだとか('A`)

P1090192.jpg

ただ、松山観光港にこうした案内があるのは嬉しいことだった。ほとんど名残みたいなもんだが、鉄道連絡が意識されている。多くの人は高浜線を利用せず、松山市駅からバスで来る。そりゃそうだろう、その方が便利だ。だが私は鉄ヲタとして、多少不便でも高浜線利用でここまで来た。LRT化し、低床車が松山観光港旅客ターミナルに横付けするようになれば格段に便利なんだが…。

P1090235.jpg

無駄口枠でも書いたようにうちは貧乏だったから、リア充が当たり前のように言う「家族旅行」とか「レジャー」とかの記憶がほとんどない。しかして、直系のくせに松山にいた父方の祖父にも二回しか会ったことがない。関東から家族で行くのに、松山は遠すぎたのだ。そして5歳のとき、二度目に会った祖父はすでに遺体だった。
それでも私は幼心に、船室から見た瀬戸内海の明るい海を覚えている。あれが私が初めて乗った船で、それこそが、この広島・呉〜松山航路だったんだろうと思う。
ただ、こうして一人で旅行をするようになってから、乗った船が天候に恵まれることは稀というレベルで少ない。「雲を呼ぶ男」ってやつだ('A`) 今回もまた、瀬戸内海のイメージとは程遠いどんよりとした曇天と鉛色の海が続いていた。それでも、雲間から差す光芒が海面を照らす様は、それはそれで目を奪う光景だった。

P1090279.jpg

急ぐ旅でもなければ、高額のスーパージェットより、まったりとフェリーの旅が好みだ。船は、現在も軍港の面影を残す呉港に寄港、思いの外多くの利用があった。この港もJR呉線の呉駅とペデストリアンデッキで結ばれており、鉄道との連絡が図られている。
瀬戸内海には三つの本四架橋ルートをはじめとして次々と橋が架けられ、それに伴い、味わい深い航路が次々廃止されていった。遠い記憶だが、本四架橋ルートは三案のうちどれにするか揉めた挙句、結局三つとも建設したんじゃなかったっけ。当時は日本も金があった。

P1090297.jpg

広島港もまた巨大な港で、松山から来た船は宇品に着く。宇品旅客ターミナルは広島電鉄宇品線の広島港電停に直結していて、路面電車の特性を活かして段差もなく、これ見よがしに便利だ。これだよこれ、伊予鉄道高浜線に求めてるのわさ。しかも昔からこうだったわけではない。松山と同じく港の拡大に伴ってフェリーターミナルが遠ざかっていくのを、その都度路線延長して追いかけ、電停が現在の位置に移転したのは平成15(2003)年のことだ。
日本にはすでに狭義の鉄道連絡船は残っていないが、「港が鉄道と連絡していて便利」くらいまで意味を広げれば、この広島・呉〜松山航路なんかはそれに最も近い存在だろうと思う。そんなところからも、松山観光港の現状はもう少しなのに大変惜しい。これが広島電鉄と伊予鉄道の体力差なんだろうし、また、広島市と松山市の体力差でもあるのだろう。



そして、サムネからしてどんよりとしたまとめ動画('A`) 終わりの方、ターミナルから電停に直結ですよのカットでは見事なフェイントでねえちゃんに横切られて泣いたが、これ以上ないタイミングで電車が入線してきたので使うことにした。船ネタだからなのか特に再生回数が伸びてないので、どうか見てやってくださいm(_ _)m (イノテツ)
スポンサーサイト

| バスや船…鉄道以外の乗り物 | 06:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT