FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南海フェリー夜行便 〜今も健在「鉄道連絡船」

うえぇ、二日酔いだよぉ、気持ち悪いよぉと胃腸薬を買いに出た夕方。夕方まで残ってるってどんだけ呑んだくれたんだよって話ではあるのだが、薬屋を出ると、近くに新しいラーメン屋ができているのを見つけた。

IMG_0761.jpg

「ラーメン豚山」大塚店である。聞いたことのない名前だが、店の構えといい商品写真といい、明らかに二郎インスパイア系だ。おお、ついに大塚にもこれ系の店が来たかと、この体調で最も食ってはいけないものではあったが迷わず入店。私のラーメン写真に必ず写り込んでいる酒がないのは上記の理由もあるが、開店後日が浅いためか、そもそも提供の準備ができていないらしかった(12/4追記 缶ビールの提供が始まってますね)。
写真は、基本である小ラーメン(780円)に「ヤサイニンニク」をトッピングしたもの。トッピングの注文の仕方も二郎同様である。「初めての方はヤサイマシマシはご遠慮ください」との注意書きあり。確かに普通の野菜増しでこの状況、ラーメン食ってるんだか野菜食ってるんだか分かんない盛りとなる。アブラやカラメを頼まない限り味付けなしの温野菜なので、なるべくスープに浸るように丼の下方へ押し込み、麺を上へ引き出して食うのがコツだ。
味はというと、醤油ダレが甘めであり、少し印象が違うがこれはこれで美味い。一方の麺は平打ちなのが特徴。もっちりと噛み応えがあり、もともと平打ち麺が好きな私はこれも結構気に入った。分厚いチャーシューも柔らかく煮込まれており、こんな体調だったが結局ぺろりと完食。
なお、カウンターに置かれている韓国唐辛子は日本の一味よりも甘みがあって使い勝手が良く、私も一時期自宅に常備していたことがある。ある程度食べ進めてから振りかけると、また違った印象の味になる。
知らない店名だったが、調べてみると「平成30年7月創業」と謳っており、大塚店は3号店に当たるそうだ。4ヶ月で3店舗だからペースが早い。店の人の感じがいいのも嬉しいね。ラーメン豚山、もしかしたら今後伸びていくかもよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1160797.jpg

夜の高松駅9番乗り場にサンライズ瀬戸・東京行きが停車中だ。姿はどうあれ、夜行列車の存在は視界に心沸き立つ旅情をもたらす。この写真も、ただシャッターボタンを押しただけだがなんか雰囲気があるよね。テクニックというか小細工として圧縮効果とクロスフィルターを使い、頭端駅である高松駅の特徴を活かすため、頭端側にカメラを向けている。

P1160807.jpg

でも、私が実際に乗ったのはこっち、徳島行き普通列車だった。私の旅はもうしばらく続くのだ。写真は徳島駅。現在は地平駅だが高架化される計画がある。レトロ感を残すホームや跨線橋とも、もうしばらくでお別れとなるだろう。

P1160832.jpg

駅に隣接して車両基地があるのだが、これも移転になるらしい。前回来たときよりもキハ40系の存在感が薄くなった。全廃の知らせを聞くのもそんなに先のことではなさそうな感じだ。

深夜、慣れない徳島の街を港に向けて歩いた。徳島港から出る和歌山港行き南海フェリーには基本的にバス連絡がある。だが、私が乗ろうとしている夜行便のみはそれがない。タクシー利用が基本になるが、出帆は2時55分。3時間あるので節約と運動を兼ねて歩くことにしたのだ。スマホのマップアプリを使えば、初めて来た街の夜道、ましてよく分からん住宅地の路地もうまく利用して最短距離を行くことができるのだった。住宅地を抜けると潮の香りが漂い始め、暗がりながらも港の雰囲気を感じることができた。駅からここまで徒歩1時間20分。

P1170023.jpg

停泊中のフェリーつるぎ。今夜の宿である。乗船までの1時間半ほどを待合室で過ごす。明らかに横になることを拒絶したつくりのベンチに横になり、器用に仮眠を取っているトラック野郎らしきオサーンたち。さすがに旅慣れている。ていうか、旅が仕事だからなこの人たちは。片隅に古びたゲーム機が数台置かれているが当然誰も目もくれない。この時間帯、これに興じて音を立てたら普通にボコられるだろう。若い客はイヤホンをしてスマホのゲームに興じるので問題は起きない。昭和と平成が交錯する空間だ。

P1170039.jpg

2時過ぎに切符の販売窓口が開いた。徳島港〜和歌山港の運賃は2000円だが、写真の「なんば好きっぷ」というのを勧められるままに購入。これは和歌山港から南海電鉄の難波駅までの切符も付いてやっぱり2000円。これは同じ南海グループだから企画できる切符だわな。鉄道連絡船らしさがこんなところにも見て取れる。
今回、私は徳島港まで歩いてきたわけだが、かつてのこの航路は少し違っており、徳島側は小松島港に発着していた。小松島港には小松島線が接続しており、この頃は両岸で鉄道連絡を行っていたのだ。小松島線の廃止が惜しまれる。

P1170057.jpg

所要時間は2時間程度と長い航路ではないため、夜行とはいえ2等船室も昔ながらの雑魚寝式になっている。混んでもおらず空いてもおらず、なんというか、乗客側にすれば最も快適な状態だ。
2時間という所要時間は微妙で、ぐっすり寝るには短いしぼぉっと起きてるには長い。とはいえ横になれるのは大変ありがたい。直角のボックスシートに身を縮め、それすら叶わないと通路に新聞紙を敷いたりデッキですし詰めになりながらひたすら朝を待った普通夜行列車の時代は懐かしくもあるが、ちょっともう追体験はごめんかなと思ってしまう。

P1170085.jpg

和歌山港に着くと通路で南海和歌山港線の和歌山港駅に直結している。写真右の白い建物が駅舎ではなくフェリーターミナルであることからしても、至近ぶりがよく分かる。もっとも、ホームは1面2線のみ、列車ダイヤも1時間に1本あるかどうかという寂しいものだ。かつての青函航路と比べれば至って小規模だし、「津軽海峡・冬景色」的な情感は期待できない。ただ、実感したのは「結構使えるんじゃねえかこれ」というもの。なんだかんだで便利だ。
空が白みだす頃、連絡列車がやってきた。2連の通勤型(7100系)だ。そしてまあなんというか、絶景というほどでもない海沿いの車窓を数分眺めると、すぐに終点の和歌山市駅に着いた。ともかく、ここに鉄道連絡船は健在だった。



まとめ動画の方では違うカットも織り込みながら、もう少し旅情濃いめにまとめました。併せてご覧くださいね。(イノテツ)
スポンサーサイト

| バスや船…鉄道以外の乗り物 | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT