FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関西から姿を消す105系(2.桜井線)

P1170866.jpg

これは何かっつうと冷凍中華麺です。見れば分かるか |∀・)
でもこれは市販の冷凍麺ではなく、うちで生麺を茹でて冷凍保存したものなのね。
この時季はやっぱり鍋。鍋のシメとしてのラーメンが欲しいということで市販のものを色々探したのだが、結局どれも気に入らなかった。乾麺や生麺は鍋の汁を吸ってしまう上になんだか粉っぽい。すでに茹でてあるやつは食感からして論外。いちばんいいのはその都度生麺を茹でることなのだがめんどくさい。そもそもめんどくさいから上記のような商品が販売されている。茹でてある冷凍麺を解凍して鍋にぶっ込むのが楽で美味そうだが、麺だけとなると、思いの外売っていない。蕎麦やうどんはあるのに、中華麺はなぜかない。しょうがないから自分で作るかと思い立ったのだ。
作り方は簡単で、市販の生麺をサクッと茹でて水で締め、適当な容器に入れて冷凍庫に入れるだけだ。ただ、何度か試していていくつかコツを見つけたのでメモしておく。よかったら参考にしてください。

1.太麺を選ぶ 多分これがいちばん大事。言い換えれば茹で時間が長いものを選ぶってことかな。それというのも、家庭用の冷凍庫では凍るまでに時間がかかり、その間にのびてしまうから。細麺だと、どうしてもコシが残らないわけです。
2.サクッと茹で上げる 茹で時間4分とか5分とかの麺を、そうだな、30秒くらいであげちゃえ |∀・) 博多ラーメンの粉落としなんかは2〜3秒であげちゃうそうで、正直賛成できない食い方なんだけど、でもそんなノリで打ち粉さえ落とせればいいや程度で茹でてください。特に鍋のシメならどうせあとでグツグツ煮込むのだから、少々茹で足りないくらいでちょうどいいです。
3.冷凍庫内で容器を重ねない 一刻も早く凍らすためです。写真の容器はダイソーで売ってた500ml容量のもの。フタも完全には閉じないで、凍結してから密閉したほうがいいでしょう。

この方法が便利なのは、好きな量に分割できること。市販の麺のひと玉は大抵少ないので、私などは4玉入りのを買ってきて茹で、3分割にして冷凍するとちょうどいい量になります。逆に食の細い人は5分割にして保存してもいいよね。
私自身、また試行錯誤の途中なので、もっといい方法があったら教えてもらえたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってことで、無駄口枠書くだけで疲れちった('A`) でもメイン部分も頑張って書くので読んでいってね。

P1170200.jpg

和歌山市駅からひたすら105系に乗る葬式鉄の旅は和歌山線から桜井線に入った。この沿線に来たのは確か学生の頃以来だと思うので記憶も遠かったのだが、まあなんというか撮影ポイントで悩むような沿線ではなさそうだったので、適当に巻向(まきむく)駅で下車。この響きに惹かれるのは日本史好きな人でしょう。そう、纏向古墳の最寄駅になります。まあ、ここまで来て纏向古墳に行かないのが相変わらずのひねくれ旅である |∀・)

P1170205.jpg

柳本駅方面へ歩いていく。青い空と白い雲、そして刈り入れ間近の田んぼ。暑くも寒くもない理想的な陽気の中、私は快適に沿線を歩き回った。歩数計で確かめると、私はこの旅で連日3万歩以上歩いていた。体は弱くとも歩くのが好きなのだ。それでも痩せる気配は全くなかったわけだが('A`)

P1170216.jpg

沿線は柳本古墳群の中にある。スマホで見ていて明らかに前方後円墳っぽい地形を見つけたのでそこへ向かって歩いてみたらここ、黒塚古墳に着いた。決して大規模な古墳ではないが、柳本駅に程近く、また墳丘を歩けるように整備されているのだった。写真のように濠も残っており、墳丘へは橋を渡っていく。
日本各地、および朝鮮半島南部に数多残る古墳だが、大抵は誰の墓だかよく分かっていない。最大の古墳である仁徳天皇陵ですら、本当は仁徳天皇の墓ではないだろうといわれている。本当のことを知りたいところだが、天皇陵の調査は禁じられている。知識欲を持て余すが、エジプトのピラミッドとは違い、現存する王家の墓を暴くことはさすがにはばかられなければなるまい。
ただ、この黒塚古墳は天皇陵ではないので調査が行われて貴重な副葬品が出てきたそうだ。この辺のことは産経新聞のコラムに載っていて興味深く読んだ。なんでも、築造後まもなく地震があって石室が潰れたために盗掘を免れたのだという。

P1170240.jpg

電車に乗り、次は畝傍(うねび)駅で下車し、風呂に入って飯を食い、買い物をして帰京の準備に入ったのだった。私の祖父はここ辺り出身の僧侶だったのだが、その寺にお参りする時間まではなかったのが残念至極。法然上人二十五霊場の一つだそうだし、長らく行きたいと願ってきたが、今回も叶わなかった。特に時刻表を見ていたわけではなかったが、奈良駅からまったり大和路快速なんかに乗ってたら新大阪からの東京行き新幹線が最終列車だった。危ねえ危ねえ。だって、関東の者からすると転換クロスは本当に快適なんだもん。



で、こちらがまとめ動画です。ブログの画像程度なら動画から切り出せてしまう昨今。動画のサムネ画像と今日の2枚目の写真は、そういうわけで同じものです |∀・) もっとも、4Kで撮ると重くなるので、それこそ昔、動画用とスチル用でカメラを2台構えてたような場面でなければ相変わらずフルHDでの撮影にとどめているのが現状です。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 06:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT