きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湊線全線運転再開イベント(1)

東日本大震災では、多くの鉄道が被災した。それでも、震災発生直後から重ねられてきた復旧作業で、現在では、かなりの部分で運転が再開されている。
関東地方において、最後まで全線不通のまま残っていたのが、ひたちなか海浜鉄道湊線だったわけだが、ここも、6月下旬の中根~那珂湊再開に始まり、7月23日には全線で運転が再開された。
で、それを祝うイベントが、30日に催された。…なんで日にちがずれてんねん('A`) どっちも来いや、という意味だったのかもしれない。だが、結局は30日のイベントの方を選択することにした。

DSC_2678.jpg

まずは、このごく当たり前な勝田駅の写真から始めてみたい。改札口に人がいて、ホームに列車が止まっているという、この当たり前な光景が、4ヶ月に渡って失われていたのだ。改札は閉鎖され、レールは錆びていた。見るたびにたまらない図だった。

DSC_2693_20110803042854.jpg

ここが、最も派手に被災した溜池の決壊現場である。路盤も木々も流され、レールが宙づりになった。こうして復旧するにあたり、あの穏やかな風景は失われてしまったが、路線を存続させるという、人々の思いがここに結実していた。
真新しい線路を、何事もなかったかのようにキハが走る。当たり前の光景を見て、その有り難さに涙が出るのだった。

DSC_2762.jpg

毎度思うが、ここでやるイベントでの集客力はすごい。これがバスターミナルとかだったらこうはいくまい。鉄道の持つ、不思議な力だ。ここで売ってたさんまの甘露煮、試食したら旨かったので買っちった。

DSC_2705.jpg

和歌山電鐵から、たま駅長が来ていた(中の人なんかいないってば)。ここも経営難から会社本体から切り離されながら、存続した点で湊線と似ている。
本当なら「南海貴志川線」の方が、「茨城交通湊線」の方が、会社が大きい分安心だったかもしれない。だが、ふと思うのだ。「茨城交通湊線」のままでこの震災に遭遇したとしたら、果たして運転再開はできたのだろうかと。

DSC_2735.jpg

今回のイベント、何しろ親子連れが多かった。かなりの部分が地元民なのだろう。これは心強い。鉄ヲタがどんなに頑張ろうと、地元民が乗ってくれないと話にならない。だから、この喧噪は喜ぶべきなのだったが、やはり疲れる('A`) 開放されているキハ222の車内に移動し、一休みだ。
ところで、わざわざ人が多いのが分かっている30日を選んで来たのは、目的があったからだ。

DSC_2744.jpg

これだ |∀・)
中根~那珂湊間が仮復旧し、勝田~平磯が再開するまでの、わずか1週間だけ使われていたサボだ。これが売りに出る(と予想される)のが30日だったのだ。当時、ここまで立派なサボを用意して仮復旧に臨んだことに驚き、また復旧への意気込みを感じていた。で、これは後日売りに出すことを想定してるに違いないと確信し、その節にはぜひゲットしようと決めていたのだった。当然、ほんの数枚のみの限定だからと早めに来たが、なんか、思ったよりあっさり買えた。よく見ると、若干塗装が剥げていたり、錆が付いたりしているので、間違いなく使用したものだろう。この代金も、些少ながら支援になってるんだろうと思い、2度嬉しい買い物だった。
どれ、ぼちぼち沿線に出てみるか。(つづく・イノテツ)
スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 05:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いや

23日に完璧に復旧できる自信がなかったもので。
サボも貴重な収入源です。ありがとうございました。
(吉田)

| ひたちなか海浜鉄道 | 2011/08/03 11:10 | URL | ≫ EDIT

ああ、全面復旧したのですね。
まずは何よりです。
今月か来月、私も乗りに行きたいと思います。
「鉄道の持つ不思議な力」というの、何となくわかるような気がします。
秋刀魚の甘露煮、美味しそうですね。

| タラ坊 | 2011/08/03 17:00 | URL |

吉田社長

この度は、本当におめでとうございます。多くの人が、この日が来ることを心待ちにしていました。
御社にとっては、二度と使いたくない、忌まわしいサボであるわけですが、利用者やファンから見れば、再開への歩みの証拠品、大きな力がこもっているに違いありません。大事にしたいと思います。

| イノテツ | 2011/08/03 18:34 | URL |

タラ坊さん

今度ばかりはもうダメかとも囁かれましたが、3セクに移行し、市民の鉄道になっていたのが功を奏したのだと、私個人は思っています。まずはお祝いしたいです。
これは次回書くつもりなのですが、阿字ケ浦海岸の閑散っぷりが悲劇的です('A`) 復興は、地元民の努力だけではなし得ないんですね。外から来る人が戻らないと…。そんなことを痛感した今回の訪問でした。

| イノテツ | 2011/08/03 18:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1002-1102b91d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT