きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金木犀の香る頃に

金木犀が香りはじめてきた。
住宅街を歩いていると、どこからともなくこの香りが漂ってきて、そうすると、毎年のことながら、「あゝ、秋だな」と思う。そして、これも毎年のことながら、芥川龍之介の「秋」が無精に読みたくなる。

キンモクセイ

さて、話は変わるが、「きまぐれ鉄道日和」のメンバー3人により、来る10月9日、乃至10日に、「きまぐれ鉄道日和 秋の高尾山ハイキングツアー 2011」が計画されている。
まだ紅葉には早いものの、いまや高尾山は世界一の登山者数を誇る山となっており、おまけに、いわゆる“山ガール”のメッカとなっているところだけに、通常のルートは相当の混雑が予想される。
そこで、比較的人の少ない旧甲州街道沿いの裏高尾から入るか、もしくは、高尾山はスルーして、小仏から小仏城山に登り、相模湖駅に下りるルートを歩こうかと考えている。

高尾山踏切

以前高尾山に行ったのは去年の12月だったから、約1年ぶりくらいになる。上の写真はその折、旧甲州街道沿いにある踏切で撮ったものだ。
ところで、また話は変わるが、東京は世界でも有数の山岳眺望都市だそうである。確かに、冬のよく晴れた日に少し高いところへ上れば、富士山をはじめ、奥多摩や丹沢、あるいは筑波山などの山々が眺望できる。世界にそのような都市はそんなに多くはないのではないだろうか。おまけに都心から至近の距離に高尾山のような豊かな自然が享受できる場所が残されている。ニューヨーク然り、ロンドン然り、パリ然りで、世界の大都市で、そのようなところも少ないだろう。
先人から受け継がれてきた、そのような自然遺産を大切にしていきたいと思う(タラ坊)。


スポンサーサイト

| 未分類 | 16:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本の自然の美しさはよく言われますが
これは外国に行くと身にしみてわかります。
東日本ではその美しい自然を放射能が
台無しにしてしまっているわけで
悔しくてなりません。
高尾では訳の分からないトンネルがあったりで、
前回登ったときに、こりゃまずいなーと感じました。
いろんなところに
しっぺ返しが来ているのかもしれませんね







| アホキ | 2011/10/03 19:12 | URL |

ご覧になりましたか高尾トンネル。ひどいですよねあれは。これでミシュランから削除されちまえばいいんじゃないかと思います。多少はすくでしょう(皮肉)。環境保護を言いながらこんなもんを造るのは、自動車業界に配慮しなければならない政府の事情があるからです。いつまで昭和のやり方を引きずるのか…そういうのをやめるための政権交代だったはずですが、まあ無理だろうなとは思ってました。お金が好きなのはみんな一緒ですから('A`)
利権が生まれ、それを守るために無駄と犠牲が生じる。そういえば原発と同じ構図ですね。

| イノテツ | 2011/10/04 03:23 | URL |

アホキ様
イノテツ様

今年は、日本のみならず、世界規模で自然災害の多い年ですね。
アホキ氏が言われるように、しっぺ返しがきているのかもしれないと、私も思います。
イノテツ氏が嘆かれるように、高尾山の、季節を問わず、曜日を問わずの混雑はなんとかならないものかと私も思いますが、その高尾山に行こうというのは、混雑の何万分の一かに我々もまた加担することになるわけですね。

| タラ坊 | 2011/10/04 21:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1047-17a002f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT