きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

完全に個人的なことですが


 どうも最近喉が痛い。食べ物を飲み込むときに違和感があり、ひどいときは唾を飲み込むときでさえ痛む。実はオーストラリアに行く前にもこんな感じだったのだが、到着して数日で治った。日本に戻ってきたら、また痛み出して、もう一ヶ月くらいこんな状態だ。医者の行くと、「のど周りが乾燥して荒れていますね」といわれ、うがい薬をくれたのだが、原因はよく分からないままだ。
ネットを見ていたら、最近喉の痛みを訴える人が増えているとのこと。放射能と関係があるんじゃないかという書き込みも多い。

 いっぽうで、チェルノブイリの時は放射能を気にしすぎて病気になってしまう人も結構居たようで、プラシーボ効果があるくらいだから、逆プラシーボ効果も当然あるのだろう。

 喉の痛みにしても放射能の影響がこんなに早く出るものかという気がするし、なんでもかんでもそのせいにするのはどうかとも思うが、これだけ書き込みが多いとやはり気になる。

 放射能に関しては、どのくらい気にしなくちゃいけなくて、どれくらいが気にしすぎなのか、政府やマスゴミ情報にあいまいさやウソが多く、よく分からない。いずれにしても余計なストレスだけは確実に増えている。

 そんななか、先日亡くなられた、スティーブジョブズ氏の言葉が心に残っている。いくつかピックアップすると、

┌─────────────────┐
「本当に満足を得たいのであれば進む道はただひとつ、それは自分が素晴らしいと信じる仕事をやること。さらに素晴らしい仕事をしたければ、好きなことを仕事にすること。もし見つからないなら探し続けること。

 最も重要なことは自分自身の心と直感に素直に従い、勇気を持って行動することです。心や直感というのは、君たちが本当に望んでいる姿を知っているのです」

「何かワクワクすることを始めたとき、それが仕事に結びつくとは思えないかもしれません。でも、ワクワクする気持ちを持ったままそれを続けてください。そうすると、自動的にそれがワクワクする仕事になっていきます」

「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。(中略)他人からの期待、自分のプライド、失敗への恐れなど、ほとんど全てのものは......死に直面すれば吹き飛んでしまう程度のもので、そこに残るものだけが本当に大切なことなのです」


「Stay hungry. Stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ。)」

└─────────────────┘

 ジョブズ氏とはわりと年齢が近く、30年くらい前に発売され今や伝説にもなっているパソコン「AppleII」の頃からいろんな形でお世話になってきた。実は秋葉原でAppleIIの模造品を売る会社でバイトをしたり、友人にまがい品を作ってやったり、もちろん自分でも保有していた。なにしろまともに買うと30万円くらいするものが、1/3くらいの値段で作れてしまうのだ^^;;

 といっても当時は、著作権もわりと緩かった。あのころはパソコン(マイコン)やってる奴は暗いというレッテルを貼られたものだが、その分作る側も売る側も一体感のようなものがあった。面白い物が出来ると、「どうだ!いいだろう」的な空気があって、今みたいに権利権利という感じではなかった。AppleIIの基本ソフトは公開されており、マニュアルの最後には回路図まで載っていた。

 それを穴があくほど眺め、AppleIIの動き方とかチップの使い方とかを知った。映像などは疑似カラーながら当時のCPUの処理能力に見合っていて、「そうか、こうやるんだー!」とか、音声処理の部分では、エレガントに金をかけずに処理するやり方をソフトウェアで実現していて「うわーすげー」などと思った。まさにワクワクしながら勉強させてもらった。

 その後も長いことPC業界にいたので、氏の動向はよく耳に入ってきた。アップルから追い出された時は、正直「なにやってんだ、この人は!」などと思ったものだ。
 そんなわけで、会ったことは一度もないが、なんとなく身近な存在でもあり、逆に思想というかまじめな部分を軽く流してきてしまった。あらためて読み返してみるとやはり重みがある。特に「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。...」は心に沁みる。(アホキ)


ps.こんな動画がありました。

AppleIIによるインベーダーゲーム
http://www.youtube.com/watch?v=ksYGCX-xJE4&feature=related
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうですね、震災後の体調の異変というと、私の場合は腰痛です。当初の激痛は収まりましたが、現在も常に痛みます。まあこれは放射能とは関係ないとは思いますけど、でもこれに関して言えば、最初の雨の日、何をしていたかにかなり影響されるとか聞きます。私はあの日、仕事で走り回っており、もろにあの雨を浴びました。\(^o^)/人生オワタ

仏教を学ぶと、死生観というものをやたら意識するようになります。ジョブズ氏が言い遺したような「人生最後の日」ほどじゃないにしても、残り少ない命をいかに使うかを考えます。いずれにしろ、遠くない将来氏ぬわけです。そのとき納得できるかどうかが大事です。あるいは、それは今日なのかもしれませんが、今日、納得して詩ねるかというと、私あたりはどう考えても無理です('A`) これじゃあかんですね。

それにしても、怪しい仕事をされていたのですね |∀・)
でも、開拓時代の生き生きした空気を感じました。権利は大事なんですけど、おっしゃる通りで、権利権利とがなり立てる人が多くて気になっています。字面の通り、「権利」に守られる形で「利権」の温床になるからです。

| イノテツ | 2011/10/12 18:16 | URL |

毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい──というジョブズ氏の言葉は、松原泰道禅師の言う「一日一生」と通じるものがありますね。
私が震災から学んだことは、人生、いつ何が起こるかわからない。先のことはわからない、ということで、だからこそ、今日一日を大事に生きようと思うようになりました。

| タラ坊 | 2011/10/12 21:43 | URL |

イノテツさん、タラ坊さん

横浜で189ベクレル/kgのストロンチウムが見つかったとのこと。
http://newtou.info/entry/5921/
横浜でこの値なので、東京や千葉、埼玉ではもっと高い値の可能性が強いですね。ストロンチウムは重いのであまり飛ばないと聞いていたんですが、この分だとプルトニウムも来てるんでしょうね。
このニュースは久々に凍りました。
ほんとに今日が最後だと思って生きる必要が出てきたような気がします。


イノテツさん
イヤー今なら考えられない怪しい仕事ですね。
しかし、あのころは楽しかったなぁ


| アホキ | 2011/10/12 23:00 | URL |

お久しぶりです

たしか、チェルノブイリのときには雨の降り始めに気をつけろ、なんて話がありました。
それが福島の事故では小雨くらいなら傘も差さずに歩き回ってるんですね。
農作物だって、きのこだって、闇ルートで市場に出回ることは必至でしょう。
行きどころのない不安と怒りを抱いている同胞も多いことでしょうね。

先日の「鍋」、よかったです。
次回はくろくまが「肉」を持参いたしましょう。
(何肉かは明らかにできないかも・・・)

そういや、タラ坊さんやイノテツさんにも会ったことがないなぁ。
来春にでも秩父で集合しましょうか?

| くろくま | 2011/10/13 22:14 | URL | ≫ EDIT

くろくまさん

お久しぶりです
いやまったくどうなってるんだって感じです。
どこかのトンデモ系サイトに「人口削減計画が進んでいる」
とかいう書き込みがあり、まさかと思ってましたが
ひょっとしてありうるんじゃないか、
って思ってしまいます。

まあ、それはそうとして秩父集合いいですね。
ぜひやりましょう。
私も怪しい肉持参いたします^^






| アホキ | 2011/10/14 11:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1054-3de4fc5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT