きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブダペスト郊外

ブダペストはパリのように、国際列車の発着駅が、分散している。
そのひとつ、Keleti駅(読み方がわからないので、そのまま書いてます。といっても、本物のハンガリー語はアルファベットの上に点が一つか二つ付いてます。わからないので省いてます(^-^)/,以下同様)の路面電車駅前にあるパン屋があった。客がひっきりなしで、途切れない。試しに買ってみたところ、うまい! 繁盛している店は当たりの法則はブダペストのパン屋でも成立つようだ。

今日は少し郊外に出てみよう。KeletiからVagohid まで路面電車。そこから電車で終点のRackeveという所まで行った。
ブダペストからは 南側に当たる。

15.jpg
ブダペストの南側を走る電車

車窓に広がる紅葉がほほ満開で綺麗だ。
途中の駅前に酒屋があった。500mlの缶ビールが190 huf。日本円だと67円だからコーラよりも安い(^-^)/。味は日本のビールほどの緻密さはないものの、まあまあで発泡酒にちかい。

16.jpg
激安ビール

ビールを飲みながら電車を待つ。いいなあ。こういうのんびり気分を味わえるのも、この国が資本主義の国だからだ。種類はわからないが、綺麗な赤い実をつけた木があった。この赤い実を見ていたら20年前、ソ連に行ったときのことを思い出した。あれは嫌な体験だった。商店に物はないし、ホテルは寒いし、果物屋からは腐った臭いがしている。街は埃っぽく寒々しい。
ソ連の時代は密告制度があり、無罪で捕まった人も多いと聞く。みんなひっそりと、身をすくめて生きている感じがした。ソ連を出てフィンランドに戻ったときは心底ほっとした。
今、列車内の人びとがなんとなく楽しげなのも自由を手に入れ、秘密警察などに怯えなくていいからだろう。

宿に戻って、親父さんに聞いてみた。共産主義から資本主義になってよかったか?
残念ながら答えはあまり芳しいものではなかった。
たくさんの問題があるという。自由になっても、仕事と金がない。この自由でなにをしたらいいのかといって肩をすくめた。(アホキ)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 09:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

宿の親父さんの嘆きは正直ですね。日本でも同じ悩みを抱えているのに、それを言えば負け組認定です。仕事がないなら作ろうみたいな発想は、限られた人にしかできませんよ。一方、こういう発想ができなくても、立派な仕事をする人はいくらでもいます。これからは、搾取するされるではなく、互助関係を作っていかなければ共倒れだと感じています。
読んでいて、重要なのは資本主義じゃなくて民主主義なのかなと思ったのです。もう資本主義はうんざりという方向に、世界が進んでいますね。貧しくてもいいから、自由で安全で、安らぎのある生活をしたい。このままでは地球が壊れてしまいます。19世紀は科学の世紀、20世紀は技術の世紀、で、21世紀は心の世紀だと予言されています。それを、我々皆が実現させなければなりませんね。

それはそうと、ビール安いですね |∀・) なんだ、外国にもロング缶あるんだ。日本には普通の大きさのしか輸入されないのでしょう。実は缶に「ビールと間違える旨さ、麦と○ップ」みたいなことが書いてあるのかもしれませんが、それにしたって安い。お土産に期待したいところですが、金属探知機にひっかかるのかな。

| イノテツ | 2011/11/16 10:28 | URL |

私も、資本主義とか社会主義とかというイデオロギーは、もうあまり意味がないのじゃないかと思っています。
少なくても、人間の幸せとは関係がないのではないかと思います。
私は、自称左翼と言っていますが、旧ソ連や中国、北朝鮮に生まれていたら、「フリーダム」と叫んでいただろうと思います。

| タラ坊 | 2011/11/16 19:25 | URL |

イノテツさん タラ坊さん

大昔読んだ本で、今だ印象に残っているのがラビバトラと言う人の書いたもので

人間は、
1力の時代
2文化 心の時代
3商業の時代
4混沌の時代

を繰り返しているという話です
で、共産主義は崩壊し、資本主義も崩壊すると予言してました。共産主義は予言どおりになり資本主義もかなり瀬戸際と言う感じがします
おっしゃるように資本主義も共産主義も意味がなくなるというか、そんな感じを私も持ってます
ただその後どうなるのか、ラビバトラ的にいうと、混沌の時代を経て、力の時代になるわけですが、さてどうなる事やら。次の時代のヒントというか兆しを探しすためもうしばらく旅を続けようと思ってます。

イノテツさん
こっちでは缶ビールは500ミリだけのようです
ウクライナでも同じくらいの値段ながらうまいビールを見つけちゃいました
大量に持って帰りたいのですが重いので躊躇してます
もし、安く送る方法が見つかったら教えてください


タラ坊さん
飯能でのずる休みの話いいですね、こういうの好きです

| アホキ | 2011/11/18 02:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1078-8980ad02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT