きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キエフ行き夜行列車

ブダペストからキエフまでは夜行列車を使うことにした。18:40発の20:05着、時差が1時間あり、だいたい24時間ちょっとの旅となる。料金は3段式の寝台車で16340ハンガリーフォリント。日本円で 5700円程度だ。
あまり期待していなかったのだが、寝台車は清潔で暖かく快適。3段式だが、コンバートメント(個室)に電源や洗面台が用意されている。

17.jpg
コンバートメントの洗面台

途中のLvivというところまで、ウクライナ人の女性と同室。英語ができるので少し会話した。大学で経済学をまなんでいるとのこと。フィアンセに会いにブダペストにきて帰る所だという。
美しい上に気が利く。うとうとしていると、眠いかといってベットの準備を開始。この手の寝台列車は初めてなので、もたもたしていたらベッドメイキングを手伝ってくれた。というかほとんどやってくれた。
床にはいると、明るくないかといって、灯りを消してくれたり、何かと気を使ってくれる。
コンパートメントに二人きり。煩悩でいっぱいになる。
夜中に車掌とか通関など、パスポートチェックがきたときにも、ウクライナ語がわからず、困っていると翻訳してくれた。

それにしても、荷物の検査までいれると、一晩に4,5回のチェックがきた。わたしの煩悩を見透かされているようだ。ニヤニヤうとうとし始めると、コンコンとノックで起こされる。
ただ、そのあとはぐっすり眠れた。

翌朝、チェルノブイリ原発のことを聞いてみた。
事故のときは生まれておらず、両親はずっとLvivで暮らしていたという。
単語がわからないが、のどの辺りをさしてbiggerという。多分甲状腺が大きくなっているという意味だろう。
自分もそうだと言って喉を指す。その喉元が美しい。こんな美しい人まで影響を受けているのかと思ってどきりとした。周りの90%くらいがそうらしい。ただしガンではないとのこと。
日本人は、第二次対戦のあとも、大きな地震のあとも必ず復興してきたので、今度も大丈夫。これがきっかけで、ガンや放射線の研究が進み、克服できるようになるかもしれない、といわれる。なんだか励まされてしまった。

彼女が降りてしまうと一気に淋しくなったが、コンバートメントは独占状態。なんとぜいたくな旅。

18.jpg
コンバートメント独占、でもちょっと寂しい

キエフに近づくにつれ、放射線レベルは0.08 - 0.10 - 0.13とすこし上がってきている。とはいえ、列車内というのは外に比べ少し低い値になることが多い。
キエフ市内で何箇所か測ってみたところ、0.1から0.2くらいだった。ブダペスト市内の外ではかったときも、0.1から0.2程度だったので、ほとんど変わらないレベルだ。(アホキ)

放射線の単位はマイクロシーベルト/時。ロシア製のRD-1503という、簡易測定器で測ったものです。
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 13:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

24時間の列車旅、やはりスケールが違いますね。
また、女性と同室、しかも相手が英語が話せたというのはラッキーでした。
日本だと、たとえば夜行バスの場合、1人での利用だと、異性同士で隣り合わないような座席配置になるようです。
24時間乗って、日本円で5千なんぼというのも安いですね。

| タラ坊 | 2011/11/19 16:13 | URL |

日本の夜行列車は最早滅亡寸前ですが、それでも札幌~大阪間を23時間かけて走る列車が残っています。もっとも、豪華列車なのですげえ高いですが('A`)

いいですね国際列車。地図を見てみると、ハンガリーとウクライナは、短い国境線で接しているんですね。列車はここを通っていくのでしょうか。まあ、1回来る検札ですら充分うざいというのに、陸路で国境を越えるというのはこういうことなんですね。
若い女性と二人きりの寝台とか、旅の出会いの中でも最上級の至福というべきでしょう。英語が話せるというのは素晴らしいなあ。

| イノテツ | 2011/11/19 16:30 | URL |

そうそう、このタイミングで、寝台特急日本海の廃止が発表されました。トワイライトは残るようですが、これで、大阪発着のブルトレは全廃です。機関車ボロだったし、早晩来るとは思っていましたが鬱です('A`)

| イノテツ | 2011/11/20 22:47 | URL |

やはり放射能は、甲状腺に影響を及ぼすのですね。
父が甲状腺に腫瘍ができて肺にまで転移しているとのことで、来月手術することになりました。
列車の中の煩悩っていうシチュエーションは、日本では確かにありえませんね。

| まぶりん麻呂。 | 2011/11/22 12:18 | URL | ≫ EDIT

タラ坊さん イノテツさん
英語が話せると言っても何とか通じるレベルです
ネイティブ相手だともっとちゃんとしゃべってね、みたいな空気になって
こっちもそれがプレッシャーになってなかなか会話がつながりませんが
ネイティブ以外の人相手だと
結構これでもコミュニケーションできるんですよ
なにしろ相手も英語では苦労しているので分かり合えるんですね

イノテツさん
多分その狭い部分を通るのだと思いますが、
iPhoneはローミングオフで使っていて
gpsマップが使えず確認はできてません

日本海も廃止ですか
東欧は寝台列車が多いです
値段も安いですし利用者もたくさんいます

日本もあんな馬鹿高い料金じゃなければ
使う人が増えると思んですけどね
昨日は夜行バスでしたが、やっぱり疲れました

寝台列車は平らになるので
本来の移動手段としてはこっちのほうが
数段上だなぁと実感したところです

| アホキ | 2011/11/22 12:41 | URL |

まぷりん麻呂。さん

喉のあたりを指してbiggerといっていただけなので
甲状腺だということは確認できませんでした。
今調べたらthyroidっていうんですね
この単語を知っていたら、もっとちゃんとした記事が
書けたのですが、すいません

お父様がガンとの事、こういう場合になんといったらいいのやら、、、
闘病生活は大変なことだと思いますが、なんとか治ってくれるといいですね

実はこのあとキエフからオデッサというところに夜行列車で行ったのですが、女性三人に囲まれてしまい、またまた煩悩でした

| アホキ | 2011/11/23 02:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1082-730bdd2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT