きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山に行けない日

萩原朔太郎は、

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。

汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。
       ───「旅情」(純情小曲集)

と書いたが、私の場合、このところ「山に行きたしと思へども……」という感じになっている。
山はフランスほど遠いわけではないけれど、あれこれ仕事がたまってしまっているし、おまけにお金もない。
仕事はあるけれどお金がないという状態をどう理解すればいいのだろうと考えていて、そうか、不動産はあるけれど現金はない、というのと同じようなことかもしれないなと思ったりする。ちょっと違うかもしれないが。
先日、新聞に、今年の流行語大賞のことが載っていた。その賞には選ばれなかったものの、私は「99%」こそ、今年は、と言うより、ここ何年かの世相を象徴するキーワードではないのかと思ったりしている。
1%の金持ちが富を独占し、残り99%が貧困状態に陥っているということだが、その99%を構成する1人として、そう思う。
それはともかく、せめて山の姿でも眺めて慰めにしようと、JR総武線市川駅に直結する市川アイリンクタワーの展望ホールに上ってみた。
この日は、前日に雨が降り、比較的風もあったせいか、富士山をはじめ筑波山などの山並みがきれいに望めた。

市川アイリンクタワーから筑波山
市川アイリンクタワー展望室から眺めた筑波山

アイリンクから富士山とスカイツリー
市川アイリンクタワーから眺めた富士山と東京スカイツリー

こうしてみると東京(市川は東京ではないけれど、川をひとつはさむだけなので、ほとんど東京と言っても差し支えないだろう)は、やはり山岳展望都市だなと、改めて思う(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1%に富が集中することは問題ですが、私はそのこと以上に、中間層が崩壊してしまったことが切実な問題なんだと思います。そして、その多くが貧困層に転落しました。資本主義を野放しにした当然の結果です。私は自分のことを99%だとは思いません。1割程度の底辺なのですから('A`)
政府のこれまでの対応が悪すぎたために、世間にも早晩地獄が訪れます。ですので、今のうちから体を鍛えたり、野菜を育てる知識を得たりしておいた方が良いと思っています。昔の生活に回帰していく感じですね。

これからの季節は、里山のシーズンですね。葉が落ちて展望が良くなります。年内に、どこかへ行っておきたいと思っています。

| イノテツ | 2011/12/09 17:01 | URL |

イノテツ様

人件費抑制のために企業が正規雇用から非正規雇用へと転換していったことに対して、反貧困ネットワークの湯浅誠さんが、このままだと、社会を動かしていく原動力である中間層が日本からいなくなるというようなことを言っており、それは、これからの日本をどうするんですか、という問題なんだけれど、政府にも経済界にもそういう認識がないというようなことを言っていました。
場当たり的、その場しのぎというのは私の人生そのものですが、国はもう少し中・長期的なビジョンを持って欲しいし、企業は社会的な責任を果たして欲しいものだと思います。
里山、いいですね。私もどこか行きたいなぁと思います。

| タラ坊 | 2011/12/09 18:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1094-e88c3afb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT