きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オデッサの安宿

ウクライナでの安宿探しはわかりにくいことが多く、アドベンチャーゲームみたいなところがある。慣れてくると、宝探しみたいで楽しいが、オデッサでは手間取った。看板が全く出ていない。ネットがなければここが宿だということは絶対わからないだろう。
ブダペストの宿のビルもボロかったが、ここオデッサの宿のビルはさらに輪をかけてぼろく、日本人の基準からすると廃墟に近い。しかも入り口はきたなく、へんな臭いがする。うー、うんことションベンだ。
ネットではオデッサで一番評価のいい宿なのだが、、、、

27_20111217084327.jpg
宿はますますぼろくなっていく。
壁には大きな亀裂があり一部崩れ落ちている。1902年に建られたという。


宿のオーナーは2mはあろうかというイギリス人。プロレスラーのような体格に強面だが、優しくて親切だ。ほかに女の従業員が一人と人なつこい猫がいた。
このネコは人が入ってくると適当に擦り寄って来て3分くらい甘えて去って行く。夜中に一人でサビしそうにして居るとやってきて相手をしてくれる。客の差し出すものはほとんど食わないのでエサ欲しさで来ているわけでもないようだ。
前世は京都かどこかの旅館の女将だったんじゃないかと思うくらい、お客との距離感の取り方が絶妙だ。自分の立場がわかっているというか、ひょっとしてこのネコ「もてなし」というものを心得ているのではないかという気がする瞬間があった。従業員によると、このネコもスタッフの一員だとのこと。

宿も外はボロいが、中はリニューアルしてあり清潔だった。ただ外側がここまでボロいといろいろトラブルは尽きないようで5泊の間に停電一回、シャワールームの水漏れ一回。オーナーはこれがウクライナだといっておどけていた。
また、ビル全体の管理人がいないのか入り口のフンをだれもかたずけようとしない。1日たっても2日たっても3日たってもそのまま。4日めには乾いて風化していた。それにしても無頓着というかおおざっぱというか、ラフすぎる。

客は少なく12人泊まれる部屋に平均2人くらい。いくらオフシーズンとはいえやっていけるのか心配になる。よく見たら宿の中に、この宿そのものを売るという for saleの貼り紙があった。ネットで評判がいいのはオーナーの人柄とネコのような気もするが、ここを手に入れオーナーとしてやっていくのはそうとう大変と見た。(アホキ)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 08:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1902年築というと、ゆうに100年以上はたっていることになりますね。う~ん、すごい。こういうものが宿として今も現役で営業されていることもすごいとしかいいようがありません。
ここまでボロイとちょっと、という感じがしないでもありませんが、日本だと建築基準法だとか消防法だとかのいろいろな規制があってできないでしょう。
ネコの接客サービスでもっているようなものかもしれないと思いました。
○んこの件も含めて、あまり細かいことにこだわらないおおらかさ、というのは、やはり民族性なのでしょうか。

| タラ坊 | 2011/12/17 11:40 | URL |

これは確かに廃墟に近いですね。屋上に植物があるように見えますが、屋上緑化なんかではなく、直に生えてますよねこれ('A`) 見た目にはこだわらないんでしょうね。うんこくらいは片付けてほしいものですが。
猫って、柄ばかりでなく性格も実に多彩で、そこが魅力ですね。時折、記事のような人間臭い猫に出会います。彼らは人の言葉がある程度は分かり、話を聞いてくれています。聞くだけで、一切応えてはくれませんが('A`)

| イノテツ | 2011/12/18 03:54 | URL |

タラ坊さん、イノテツさん

私はネコを飼ったことがないのですが、こういうネコならいいなーと思いました。人間の言葉が分かるなんて、魔女の宅急便に出てきた猫みたいですね。


古い家を徹底的に使い倒す石の文化みたいなものをかんじます。日本だと地震があるから、こういう建物は絶対ダメでしょうね。自然環境が文化に与える影響力ってやつですね。

ただ、ウンコの件はもう私には理解できませんw

| アホキ | 2011/12/21 05:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1103-7b9f5451

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT