きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界一長いトロリーバス

ちょっとシリアスな話が続いたので、軽い話題を。ヤルタからシンフェロポリまで世界一長いトロリーバスが走っているという。全行程80km、2時間半、料金 120円くらい。乗らねばならない。

31.jpg
地図でみるとシンフェロポリーヤルタは近いのだが、それなりに距離がある

車はボロボロかと思いきや、低床式の新車も投入されている。加速時スィーンスィーンと最近の電車と同じ音がするのでVVVF制御だろう。
また車高から考えてタイヤはダイレクトドライブと見た。バスにしてはかなり低い床を実現している。発停車も滑らかだ。


32.jpg
LRTのような低い床。プラットホームを作れず、また急発進急停車の多い
トロリーバスのような乗り物にこそVVVFやダイレクトドライブは向いている


もちろん 古いタイプの高床式トロリーバスも頑張って走っているが、長時間になると、やはり新しい車のほうが楽だ。

【クリミア半島】
クリミア半島といえばクリミア戦争で有名だ。戦争と平和を書いたトルストイ がこの戦争に参加していたり、トロイの遺跡を発掘したシュリーマンはこの戦争で物資を調達して大儲けしている。ナイチンゲールの献身的な働きもこの戦争での出来事だ。みんなネットで知ったのだが、、、

幕末に列強のうちアメリカだけしか日本に開港を迫ってこなかったのもこの戦争のおかげという。英仏伊、ロシアなどの他の列強はクリミア戦争で日本まで手が回らなかったからだ。もしこの戦争がなかったら、列強は取れるところから日本を侵食して虫食い状態になっていたかもしれない。

密航を企てた吉田松蔭の話も面白い。乗り込もうとしていたロシアの軍艦が出航してしまい、最初の密航に失敗したという。クリミア戦争勃発のため敵国となった英国に攻撃されるのを恐れたロシアの軍艦が、日本を離れてしまったのだ。もしクリミア戦争がなければ、松蔭の密航計画は成功していたかもしれない。

ネットで調べてみると、けっこういろんなことがこの戦争につながっていてワクワクするので、もう少し書いてしまう。

そもそもどんな戦争だったのか?
クリミア地方を治めていたオスマントルコ帝国の弱体化がすべての原因らしい。その隙を狙ってロシアが攻撃を開始。いわゆるロシアの南下政策というやつだ。その勢力拡大を止めたい英仏伊がオスマントルコを応援し、1対4の戦いとなったという。

そんな歴史を抱えつつ、世界一長いトロリーバスはクリミア半島の海沿いをゆっくり走る。断崖絶壁とまではいかないが、丘陵地帯の高いところに道がある。眼下に海や街が見えたり、海の向こうに島影が見えたりで景色がいい。このコースはあまり紹介される事が少ないと思うのだが、おすすめだ。(アホキ)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 13:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2時間半乗って料金は120円、安くていいなぁと、思わず嘆息が出てしまいました。
アメリカ人が、東京のホテルのオレンジジュースの値段はクレイジーだと言っていましたが、ひょっとして日本というのはモノの値段が世界一高いんじゃないだろうかと思ってしまいます。
クリミア戦争の話、面白いですね。
私は歴史好きなので、興味深く読みました。

| タラ坊 | 2012/01/07 19:42 | URL |

日本の物価が世界一高いというのは、実際そうなんじゃないでしょうか。散々豊かなどといわれているのに、てんで実感がないのは、この物価の高さのせいです。消費税は、その高い物価に対してかかるのですから、単純に税率だけで外国と比較できないわけです。
トロバスは結局日本では普及せず、現在では立山のアルペンルートで運転されているのみです。交通量の多いところでは力を発揮できない乗り物なのでしょう。一方、エンジンや燃料を積まないでいいですから、低床化はしやすいんでしょうね。トロバスに乗って80km、ちょっと不思議な感じです。

| イノテツ | 2012/01/07 23:34 | URL |

タラ坊さん イノテツさん


ウクライナの交通費の安さはべらぼうという感じで、これだけ安いとちょっとした距離ならケータイ電話よりも直接行ったほうが安くすむなんてことも多々あります。

全体的な物価もかなり安いと思いましたが、アジアを旅してウクライナまできたという日本人に言わせるとそんなに安くはないそうです。

このトロバスはけっこう本数も多く利用者はたくさんいました。ゆったりのんびりで幸せだなーと感じました。

クリミヤに関しては、バラバラだったいくつかのことがクリミア戦争というキーワードでつながったのは面白い経験でした。

| アホキ | 2012/01/09 00:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1114-502a1845

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT