きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東北の鈍行をひたすら乗り継ぐ

DSC_7035.jpg
福島駅にて

今回は、青春18きっぷのみを使い、最初に接続する普通列車に乗継いでいく、以前やっていたスタイルだ。福島で乗り換えた仙台行き、続く小牛田(こごた)行きも719系。719系は、このお見合い型シート配列に特徴があるわけだが、次の721系では通常のボックスシートに戻っている。あまり好評ではなかったのだろうか。こうした変遷を見て、ひとつだけはっきり言えるのは、JR東日本には転換クロスシートを導入する気が全くないということだ('A`)

DSC_7046.jpg

車窓は晴れと雪とを繰り返し、景色は概ねうっすら雪化粧といったところ。豪雪の日本海側とは対象的だ。列車は吉田川を渡っていく。

DSC_7053.jpg

まあ何にしろ、小牛田まで全く701系に当たらなかったのはラッキーだった。
ここは陸羽東線と石巻線(気仙沼線)を分けるジャンクションで大きい駅だが、新幹線の駅が古川にできために、すっかり影が薄くなってしまった。地元民と鉄ヲタ以外には“こうしだ”と読まれても仕方あるまい('A`)

DSC_7049+.jpg

前回の雰囲気から想像できるように、ここでは石巻線に乗り換え。震災で多くの区間が運休している石巻線・気仙沼線は、臨時のダイヤが紙で貼られていた。

DSC_7056.jpg

だが、意識しない限り、駅の雰囲気はいたって平和だ。すげえ寒いが。

DSC_7064.jpg

ああ、国鉄形のキハはいいなあ。しばし恍惚(^q^)

DSC_7067.jpg

古い木造駅舎も健在だ。今回の震災は、震度こそ大きかったものの、建物を壊すタイプの揺れではなかったそうだ。津波を受けなかった木造駅舎の被害は意外に軽微で、安堵している。

DSC_7072.jpg

気仙沼線が分岐する前谷地駅。気仙沼まで行かず、当初の部分開業状態なので実質柳津線である。柳津までの運転では、まとまった需要も期待できないだろう。BRTによる復旧(平たくいうと廃止)という不気味な噂もある。
再び快速南三陸に乗ってみたい。そんなことを思いつつも、今回はこの列車に乗り、このまま石巻へ向かった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 17:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も、昔、磐越西線の猪苗代から郡山経由上野まで各駅停車を乗り継いで帰ってきたことがあります。
当初、郡山から新幹線に乗るつもりでいたのですが、郡山に着いたら向こうのホームに黒磯行きの列車が停まっていて、思わずそれに乗ってしまい、黒磯からは宇都宮行き、そして上野行きと次々と乗り換えがスムーズにいって、結果、そういうことになってしまいました。
寒そうですが、3枚目の雪景色いいですね。
木造駅舎も惹かれます。

| タラ坊 | 2012/01/12 16:30 | URL |

タラ坊さん

冬の東北、シャレじゃなく寒いですが、やはりいいものです。例年、この時期は四国への墓参りに充てるのですが、それを倉敷取材の流れですることができたため、今回は東北に行けました。
三枚目は小牛田駅の構内ですね。この広い構内が昔日の栄光を語っており、寂しげなんですよね。東北本線そのものが、盛岡までの路線になってしまいました。

| イノテツ | 2012/01/13 02:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1116-bad12124

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT