きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被災の仙石線を歩く(3.電車区間)

体調が思わしくなく、以前のような頻度ではなくなったが、それでも時々、仕事の後、皇居へジョギングに行く。昨日は、近くを走っているねえちゃんの話し声が聞こえた。「ここ、いいコースだけど暗いのよね」「もっと明るくすればいいのに」。もう、去年の3月に起こったことなど、きれいさっぱり忘れているのだろう。
震災直後のこの辺りは、本当に暗かった。それがようやくここまで回復してきた。減便されていた電車の本数だって元に戻った。だがそれは、原発が動かせない中、休んでいた火力発電所を再稼働して賄っている電力だ。そもそも、火発が環境に悪いからといって原発にシフトしてきたんじゃなかったのか。自然エネルギーへの転換は既定路線として、それは今日から実用化できるのか。
節電を続けるべきだ。ランナーの癖してこんなことを言うのも気がひけるが、あそこ、夜になったらランナー以外の歩行者なんて殆どいないんだってば。いわば不要不急の照明なんだから消して構わん。皇居ランナーは(私を除いて)元気な人ばかりだから大丈夫。少々の不自由があってこそ、萎えた生命力も呼び覚まされたりするしな。これからの時代は、自らの生命力が頼りになっていくんだぜ。
あ、でもそうすると、俺は生き残れんな_ノ乙(、ン、)_

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_7256.jpg

列車代行バスは松島海岸駅まで運行されるが、電車の運転は隣の高城町まで再開されている。バス停と駅が離れているとか、観光客の利便性とかを考慮してこういうことになっているのだろう。津波はここにもきたらしいが、野蒜や東名と違って湾内の小島に守られてパワーがそがれ、大きな被害はなかったのだという。

DSC_7262.jpg

もう夕方だ。観光は明日に回すことにして、高城町駅を見に行く。列車で行ける区間には全部乗っておきたいというのが乗り鉄の本能だ。

DSC_7269.jpg

ホームの仙台方から見えるのがこの霞ヶ浦トンネルである。短いトンネルで(42m)、先に松島湾が見える。私は水戸生まれで、長く茨城県人だったので、意外なところで意外な名前を見た気がした。私にとって霞ヶ浦といえば、日本で2番目に広いという、あの臭い湖のことだ。一方、ここ(厳密には塩竈)には「浦霞」という有名な地酒があるわけだが、実家の父も一瞬この名前を霞ヶ浦と間違え、茨城の酒だと思ったらしいw

DSC_7285.jpg

高城町についた頃には見事な夕焼け空だった。矢本駅同様、ここ高城町駅でも、不通になっている隣駅・手樽の表示が隠されているのだが、微妙に透けて見える辺りが、一層悲しみを誘う。

DSC_7289.jpg

写真からは伝わってこないと思うが、相当寒かった。この時点で氷点下だったと思う。通常なら改札を出て駅舎の撮影もとか思っただろうがそんな発想は全くなく、とりあえずホーム撮りだけして、さっさと列車の中に逃げ込んだ。仙石線の205系は、ドア開閉ボタンが追加装備されているので助かる。
ここで、まとめの動画をどうぞ。(つづく・イノテツ)


スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 03:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

3枚目の霞ヶ浦トンネルの写真はいいですね。
かつて信越本線に乗ると、横川~軽井沢間には数多くのトンネルがあり、トンネルを抜けるごとに風景と天気が変わったものですが、ここは「トンネルを抜けると海だった」という感じですね。
動画を見ると、沿線風景自体は東京近郊とたいして変わりませんが、車両はわりときれいですね。
皇居を走っている人は、比較的大企業に勤めている人が多いかと思うので、会話を聞いていると(ただ単に耳に入ってくるだけで、別に聞いているわけではありませんが)、ちょっと、やはり世界が違うなと思うことが間々あります。

| タラ坊 | 2012/01/21 17:36 | URL |

タラ坊さん

実際、沿線を歩いていて悲惨なものを見たのは限られた地域でした。10ヶ月が経ち、津波を受けても町が残った地域は、復旧が進んできたのでしょう。もっとも、この一帯は特に死者・不明者の多いところです。彼らの命の上に復興が成り立っていくことを心に留めたいと思います。
さて、松島観光は次回に引き延ばすことにしました |∀・) 初めて行きましたが、綺麗なところです。電車も山手線の中古なので、比較的新しく綺麗です。この辺のことにも、次回触れようかと思います。

皇居ランナーが一様に醸す、あのテンションにはついていけません。ああいう性格だから大企業にも入れたのでしょう。羨ましいけれど、憧れはしません('A`)

| イノテツ | 2012/01/21 21:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1122-c169e5a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT