きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

面白い外人と出会った

リビブの宿では、けっこういろんな外人と話ができた。

大抵はどこからきたかとか、どこがよかったとか、他愛もない話が多いのだが、印象的だったのがアメリカ嫌いの二人のアメリカ人。
1人は英語を教えながら世界中を周っているという。この宿に3ヶ月いて住みついているらしい。
これ読んだことあるか、というのでノートpcを覗き込むとシオンのプロトコル。
昔ネットで読んだことがあるが、ユダヤ民族が世界を支配するために作ったというマニュアルで、それ系の人(私もだが)が喜びそうなことが書いてあった。

シオンのプロトコル自体はナチスドイツがユダヤ人を悪者に仕立てるために書かれた偽物の書だという説が有力だ。
また、世界征服などという、仮面ライダーのショッカーみたいな組織が本当にあるのか、もしそれがあったとして長期間そんな組織が維持できるのか、ツッコミどころはたくさんある。
ただ、人間のエグい部分を鋭く観察、指摘していて、いまだに通用するというか、1世紀ぐらい経っているにもかかわらず、ここに書かれているように世の中が動いている気がする。偽物か本物かわからないが、不気味な書である。

この書で印象に残っていたのが、民主主義は実は支配のための手段という部分だ。民主主義は正しいから政治に取り入れる、という当たり前で退屈な話を小学生の頃学んだが、シオンの書ではまったく異なった見方をしていて、へーと思った事がある。

そんな複雑なことを英語でいう能力がないので、とりあえず、この書では民主主義は偽物だとかいてあったという話をしたら、アメリカでは実際メディアを使った支配が行われているという。
アメリカではメディアがブッシュといえばブッシュだし、オバマといえばオバマになる。これってデンジャラス、 今はメディアが民主主義を悪用して、世の中をコントロールしているという。

思っていたことを、直接アメリカ人の口から聞けて一つ裏付けができたという感じだ。民主主義は脆く悪用されやすい。何しろヒトラーを生んだのも民主主義だ。
アメリカは自由と民主主義の総本山として戦後世界中にこれを広げてきた。しかし、今は支配と偽民主主義の国になってしまっていると思う。特に911以降変わってしまった。

もちろん日本でも状況は同じと答える。テレビを投げ捨てちゃった知り合いがいる(イノテツさんのことですが)と答えたら笑って、That smartと言っていた。

もう1人アメリカ人もアメリカが嫌いとのこと。職業はプログラマーで、ネットでプログラムやWeb制作の仕事を引き受けるという。出力もネットなのでどこでも仕事ができる。ウクライナは物価が安いので、こういう仕事のやり方は賢いというか、羨ましいというか、つくづくネットの時代なんだなーと思った。

彼によると、今のアメリカをおかしくしたのは銀行システムとのこと。といっても中小の銀行ではなくて巨大銀行とそれをコントロールするFRBやECB、さらにそれらの上にあるBISだという。
また、アメリカでは10万円とか、1億円くらいを盗むと捕まるが、1000億円盗むと捕まらないのだそうだ。
人々はこのおかしなシステムに気づき始めていて、数年のうちに大きな変化があって、ペーパーマネーは価値を失うだろうとのこと。

正直、私もアメリカ人は好きだがアメリカの政府や巨大メディアは嫌いだ。考えてみたら、それは日本についても同じ。この宿はお国の体制が嫌いな人間を引き付けるらしい。 (アホキ)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 01:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほどー、単なる観光旅行では会えないような人と出会えていますね。面白そうです。

ドイツのナチス政権も、日本の民主党政権も、民主的な選挙を経てできました。民主主義の恐ろしさは、この二つの例だけで充分理解できます。
聖人君子のもとで行われる独裁政治が理想だと思いますが、そんな人物がそう現れるものではないことは、世界を見回すと一目瞭然です。であれば、現在の日本の形は、次善の策として悪くはない制度に思えます。悪いのは、真摯に権利に向き合わない国民なのでしょう。

一方でメディアは、常に公正な立場から情報発信しなければならないのに、明らかに偏った報道をします。根も葉もない大嘘までつきます。それを批判・議論するようなネット上の掲示板は、週末や大型連休の前など、絶妙なタイミングでサーバが落ちます。いやー、実に怖いですね。

| イノテツ | 2012/01/22 02:31 | URL |

アホキ氏の文章を読んでいて、野田知佑の「旅へ─新・放浪記」を思い出していました。
その本では主にヨーロッパ各国でのことが書かれてありましたが、やはり、同じように各国の安宿(野田さんが利用していたのは主にYHでした)で同宿になった、各国から来ている人たちとのことが書かれてあり、たいてい「これ読んだか?」というような本の話からはじまる、というようなことが書かれてありました。
最後の「お国の体制が嫌いな云々」は、私もそうなのかもしれないと思いました。
私は左翼だと言っていますが、単に体制にくみしたくない(そのくせテレビは買ってしましましたが)だけで、日本がもし社会主義国だったら、きっと「フリーダム」と叫んでいただろうなと思います。

| タラ坊 | 2012/01/22 13:45 | URL |

イノテツさん タラ坊さん

ウクライナを出たあといったんベラルーシに行きポーランド、チェコ、ドイツ、オーストリアと回りました。先進国に近づくに連れて、便利で綺麗になって行くので時間旅行をしているようでもあります。
しかし先進国に近づくに連れて物価が上がり、人びとの目から希望がうせていっているように感じます。
あくまでも私の感想なんですが、後進国とか中進国の方がいろいろ問題はあるにせよ楽しくテンションも上がります。先進国に近づくに連れてテンションが下がってしまいます。そんなわけで、レス遅れてすいませんでした。

イノテツさん

>週末や大型連休の前など、絶妙なタイミングでサーバが落ちます。いやー、実に怖いですね。



そんなことがあるんですね。
もっとも、このあいだ同室になった中国人の話しではツイッターかなんかのアプリケーションが使えないといって中国版を見せてくれました。
おそらく日本ではもっと巧妙な形で管理しているんだろうとおもいます。すくなくともインターネット上の情報は当局にはだだ漏れでインターネットもあっという間に管理下になってしまいましたね


タラ坊さん

>最後の「お国の体制が嫌いな云々」は、私もそうなのかもしれないと思いました。

先進国からきた人と話すとカナダ、オーストラリアはのぞいて、どこもうまく行ってないということです。この先よくなる材料より悪くなる材料のほうが多いからとうぜんなんでしょうが、やはり行き詰まりの時代ですね。

| アホキ | 2012/01/24 17:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1123-6b13d948

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT