きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クレバーニュの森

R0023171.jpg
リビブの北西部200kmくらいのところにある樹のトンネル。

クレバーニュの森のトンネルは「The Tonnel of love」 で紹介された場所だ。

http://nylongirls.jp/lite/archives/4847954.html

私はツイッターで知ったのだが、なんとウクライナにあり、それもリビブからそう遠くない。ぜひ行ってみたくなった。いつもの事だが、ロシア語がわからず、たどり着くまでにけっこう苦労した(4回かかった)ので、行き方を紹介しよう。
といってもクレバーニュの鉄道駅からは歩いても15-20分くらいのところにあった。

グーグルマップだとだいたいこんな感じで大まかな道と線路のみが表示される。

36_20120126100331.jpg

駅周辺は細かい道が多い。駅に降りたら線路を渡って反対側にでる。野原のなかに小さな道があるので右に曲がり少し行くと、左手にカーブする支線が見えてくる。支線に沿って小さな道があるので、図のように歩いて行くと踏み切りに出る。この踏切から北を望む方角だ。レンズは望遠レンズが必須。

ところで、クレバーニュ駅にはどうやって行くか?
近くの街に安宿が見つからなかったので、200kmくらい距離はあるのだが、リビブから日帰りで行く事にした。ファーストクラスで片道500ー600円程度、セカンドクラスだとさらに半額くらいになる。

【行き】
リビブ発 9:32
ズダルブニウ着 12:00ごろ
ズダルブニウ発 14:49
クレバーニュ着 15:44

【帰り】
クレバーニュ発 16:40
ズダルブニウ着 17:40
ズダルブニウ発 17:55ごろ
リビブ着 21:00ごろ

リビブ近郊は割と英語が通じる人もいるのだが、そうでない人もいる。切符を買う時はあらかじめ行き先を書いた紙を用意しておくとスムーズだ。地名の対応表を用意したので、ご参考まで。

ウクライナ語 英語  日本語
здодбунів. zdolbuniv  ズダルブニウ
клевань. krevanyu  クレバーニュ
пучьк. ruchuk  ルーツカ
дьвів lviv  リビブ

また、ズダルブニウ-クレバーニュ間は日本のローカル線のような雰囲気で、切符は列車に乗って車掌から買えばいい。

【早く着くには】
ここを貨物列車が通るのは15時前後。私が行った時は、15:15と15:45 だった。貨物列車と撮りたいなら、もう少し現場に早く着かないといけない。
残念ながら鉄道だと本数が少ないので、ちょっと疲れるがバスで行く方法も紹介しよう。

リビブ市内のはずれにあるAC2というバスターミナルからルーツカというところまで行って、そこからクレバーニュ行バスに乗る。バスは朝早くから小一時間おきにでている。

本数が多いので、鉄道ほど時間にシビアという訳じゃないが、私ががいったときは
7:17 リビブAC2発
10:10 ルーツカ着
10:55 ルーツカ発
11:55 クレバーニュのバス停着

というスケジュールになった。
注意したいのは、クレバーニュのバス停が全部で4つくらいあること。中心となるクレバーニュセンターで降りてしまうと、鉄道駅までかなりの距離を歩く事になる。私は一度ここで下りてしまって、散々迷った挙句、別の駅についてしまった。
バス停の名前がよくわからなかったのだが、クレバーニュセンターから2つ先のバス停だ。時間にして10分程度。

35.jpg

この図でいうとバス停Bが一番近い。駅までほぼ一本道だ
それでもバス停Bから鉄道駅まで歩くと30分くらいある。二度目に行ったときは、幸いな事にここから鉄道駅まで行くバスがあった。鉄道駅からは前回紹介した通りで、遅くても13:00には現場に到着できる。

帰りは鉄道を利用するとして、こちらもすでに紹介したように16:40まで時間が取れる。因みにズダルブニウからリビブまではセカンドクラスでも簡易寝台なので、バスで帰るよりかなり楽だ(アホキ)
スポンサーサイト

| 海外鉄道紀行 | 10:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

宮澤賢治の童話に出てきそうな、なんだか不思議な雰囲気のある風景ですね。
線路の向こうのトンネルが異次元への入口のような、そこへ誘っているような、そんな感じを受けました。
とても印象的です。
黒澤明の「夢」というオムニバス映画のなかにもトンネルを舞台にした作品がありましたが、トンネルのこちら側とあちら側で時間軸がずれるということもありそうな気がします。

| タラ坊 | 2012/01/26 16:52 | URL |

私は印象派の絵画のようだなと思いました。
レールの幅が異国情緒を醸していているんですよね。この場合、日本の狭軌では旅愁感が先に立ち、それはそれでたまらない雰囲気なのですが、外国の標準軌だと、それより、のんびりした牧歌的な雰囲気が先に立ちますね。日本で標準軌のローカル線といえば、田沢湖線くらいでしょうか。でもあそこもこまちが通るし、雰囲気じゃないかな…。いか~にも外国のローカル線! という感じで、どうせ行くなら、こういうところに行きたいなと思わされます。

| イノテツ | 2012/01/27 04:13 | URL |

タラ坊さん イノテツさん

日本に戻ってきました。完全に時差ボケです。
まさに絵画のような写真ですね
私も実際に見るまではCGか合成写真と
思ってました。
しかもこのトンネル、けっこう長くて数キロはあるんじゃないかと思います。歩いてみたんですが抜けきれず途中で引き返しました。

時間がずれると言う感覚は確かにありますね。
宮崎駿さんみたいな人なら、確実にここから
なにかインスピレーションを
得られるのではないだろうかと思います。

ここはもう一度緑の季節に行ってみたい所です










| アホキ | 2012/01/28 16:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1125-cdab6761

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT