きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地味な保線作業

頼みにしていた入金が遅れると通知がきた('A`) 一方、出て行く金は容赦なく期日通り。今月も赤字確定で、困窮には底がない。

DSC_7535.jpg

とはいえ肉を食いたい。以前、困窮に喘いでいたときは臓物系に手を出したものだったが、調理が面倒な上に、思うほど安くない。
そこで現在は鶏むね肉をよく食っている。これは安い。だが、淡白でボソボソという弱点がある。それを克服したのが、写真の「鳥はむ」。某巨大掲示板で考案・研究されたものが、のちにメディアで紹介され、有名になった。旨い。しかも、私でも作れるくらい簡単。ここでは粗挽き胡椒とバジルを加えているが、好みのスパイスを使うなどしてアレンジが楽しめるし、おすすめだ。レシピは「鳥はむ」で検索してみてね |∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長らく都電の沿線に住んでいると、いろいろな保線作業を見る。終電後、軌陸車が出動して、作業しているのは、前に住んでいたアパートからよく見た。あるいは、先日も書いたようなレールや枕木などの交換みたいな工事もある。
だが、普段行われている、もっと地味な保線作業もあるのだ。

DSC_6320.jpg

実験中の緑化軌道への水やりである。緑化軌道は鹿児島市電ですでに実施されており、当地では専用の散水車が造られたが、東京ではまだこんなだ('A`) もっとも、これは少し古い写真。その後、実用化への言質を取ったみたいな荒川区長の発言もあったし、進展していくことを期待したい。

20120201134621.jpg

軌道に専用の竿をあてがって、架線の高さをチェックしてるんだろうと思う。こういうのは、普通の鉄道だと検測車というのが出動して、走りながらやるわけだが、都電の場合は規模も小さく、この牧歌的な方法のほうがむしろ安上がりなのかもしれない。

DSC_7751.jpg

そして清掃。他に、生垣の剪定や除草なんかも、地味な保線作業に加えられると思う。私は、こういう作業を見るのが好きだ。線路が大事にされていると感じる。もしバイトでこういう仕事ができるなら、やってみたいなあと思ったりもする。

DSC_7753.jpg

作業員が通り過ぎると、入れ替わりに電車がやってきた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 13:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

困窮度は私も同様で、諸支払いをクリアできるかどうか、毎月冷汗ものです。
鳥ハム、美味しそうですね。
安いので私もよく鳥むね肉を買い、1日目は照り焼きに、2日目はチキンライスに、そして3日目は親子丼と、それで3日もたせます。
鳥ハムも今度やってみましょう。
保線作業という地味な仕事があって列車が走っているわけで、そういう地味さという点でいうと、編集という仕事もそうだなと思います。
編集というのは人気の職業だそうですが、大手出版社のエディターは別にして、大方は地味な作業をコツコツとやっている編集者が大半だろうと思います。

| タラ坊 | 2012/02/07 17:04 | URL |

私もこういう地味な作業を見ているのが好きです。アルバイトがあればやってみたいですね。ただ、先日タモリクラブでやってましたが、実際やるとかなり大変な作業のようで、集まった鉄道マニアたちはみなへなへなになってました。何の仕事でもそうですが、やるのと見ているのでは違うのでしょう。

私も貧乏旅行中は鶏肉にはお世話になりましたが、鳥ハムは知りませんでした。
ほんとうまそうですね。写真だけ見ると高級ハムと勘違いしそうですw

| アホキ | 2012/02/07 18:20 | URL |

先日は楽しいひとときをありがとうございました。

おっ! 出ましたね、粗食シリーズ。
なんだか砂浜に落とした魚肉ソーセージのような(笑)
貧しいときは豆腐、納豆、モヤシに限りますぜっ。

都電の日常、いいですねぇ。
こうゆう光景も気持ちがまったりしていないと捉えることができません。
そんな意味からいえば、窮すれど心は晴れやかなのかもしれませんよね。
沿線にお住まいのイノテツさんがちょっとだけ羨ましく思えました。

| くろくま | 2012/02/07 22:26 | URL | ≫ EDIT

タラ坊さん

鶏むね肉をいかに旨く食うかについては、いろいろ研究があるようです。最近では、めんつゆとマヨネーズを混ぜたものに漬け込んでから焼くと旨いという報告があり、好評らしいです。
ぶっちゃけ、編集者は割に合わない仕事だと思います。本を作る中で、監督であり調整役であり、かつアイデアと皿のような目を求められながら、クレジットされることがありません。この業界には編集者志望で入りましたが、知れば知るほど、自分には無理と思ってしまいます('A`)


アホキさん

水やりの写真は夏に撮ったものですが、私が夏にこの格好でいたら、1時間で熱中症でしょう。そもそもこの人たち、ずっと線路を歩いているわけです。私の場合、線路を歩いた最長距離は3km程度(コラコラ)。足下が悪いのですごく疲れるんです。作業しながらだとなおさらですよね。見てるだけのほうが幸せなのかもしれません。
鳥はむは、工程そのものは簡単ですが時間がかかります。旅人が作れるものではないと思うので、今のうちにお試しくださいw

| イノテツ | 2012/02/08 01:51 | URL |

くろくまさん

先日は本当に楽しませていただきました。体調が万全ではなかったのが残念です。次回はもっとじっくり飲みたいです |∀・)
ははっ、魚肉ソーセージですかw でも、このピンク色は無添加で出ているんですよ。自分で作ると、怪しい添加物が入らないのがいいですよね。豆腐、納豆、モヤシ、私も世話になっております。
そうですね、親からは「おまえは暢気すぎる」と言われます。もっとも、フリーランスをやる上では、そのくらいでないと心が壊れますから、あるいはフリー向きなのかもしれません。
幸か不幸か、私は都電といえば荒川線しか知らない世代です。そのせいか新車も普通に受け入れられるし、昔とは似ても似つかぬ姿になった都電を、違和感なく好きでいられます。

| イノテツ | 2012/02/08 02:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1133-177f0b14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT