きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

D90の入院、そして退院。

台風が来た、雪が降ったといってはわざわざ出かけ、撮影してきた。そういう無茶を重ねたせいか、D90のボタンが効かなくなった('A`) 撮影はできるのだが、フォーカスポイントが動かせない。貧しい時節だが、カメラはちゃんとしておきたいと思い、修理代を工面した。

DSC_7775.jpg

ニコンのサービスセンターは新宿にある。28階なので眺めがいい。
鉄道が最もよく見えるのは、この、大ガード周辺を見る辺りだろうと思うが、いかんせん看板類が醜悪だ。左奥には解体工事中のコマ劇場跡が見える。時代が下るほど、街そのものが劣化していくなあ…。

DSC_7774.jpg

私が子供の頃、2012年といえば夢の未来だった。乗り物に車輪なんかついてるわけがない。ねえねえ、今度のGWどこに行く? じゃあ火星行かね? みたいな。当時の漫画とかにそんな風に書いてあった。現実には、随分としけた「未来」だったわな('A`)
そうは言うものの、鉄道にはやっぱりレールと車輪がないとサマにならん。また、この前近代的なごちゃごちゃっぷりが魅力だったりもするわけで、しけた未来でこれ幸いとかも思ったりしている。

DSC_7780.jpg

…などと不自由なカメラで数枚撮影した後、修理に出した。前述のように無茶な使い方をしたと正直に話したら、修理不能のケースもあると脅されたが、今日、無事に戻ってきた。よかったよかった。

しかしまあ、登山をしたり、嵐などの現場に突っ込む機会の多い私の場合には、より小型で、防水防塵のきくタフなカメラの方が合っているように思う。各社からミラーレス一眼が発売され、種類も増えてきた。現在はまだレンズが少ないようなので様子見だが、将来、買い替えるときにはこのジャンルになるのかなと思ったりしている。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

しけた未来か、素晴らしい未来かは結局心の持ちよう
のような気がします。すくなくとも絶対的な幸福とか
絶対的な不幸なんてのは存在しないわけで、あくまで
これまでと比べてどうだったかという相対的なものですね。

日本はこれまでがよかったから今や今後を不幸に感じる人も
多いと思いますが、いままで貧しかった国に行ってみると
逆を感じます。

カメラ直って良かったですね。


| アホキ | 2012/02/14 15:37 | URL |

アホキさん

ここでいう「しけた未来」はあくまでビジュアル上の話です。子供の頃、2012年というと、すでに透明チューブ状の道路が空中を通り、ウエットスーツみたいなのを着た未来人が浮上式の乗り物で移動してないとおかしい頃合いだったのです。現在の新宿、当時の私が見たら確実にがっかりすることでしょう('A`)

幸、不幸はまた全く別の話で、私は、幸せとは個人がそれぞれの価値観で判断する絶対的なもので、相対的なものであってはならないと考えます。世間のほとんどの人が、幸せを相対的に判断します。私もまた、それに流されてしまいますが、これこそが不幸の元なのです。ここに気付き、実践できた人から幸せになれます。そういう人が増えるほど、加速度的に幸せになれるはずです。きっとこれから、物質的な豊かさが失われていくにつれ、社会的に理解されていくことでしょう。

ビジュアル的にはしけていても、そういう未来を望みたいと、今、歳を食った私は思っています。

| イノテツ | 2012/02/14 16:48 | URL |

「2001年宇宙への旅」という映画がありましたね。公開されたのは1968(昭和43)年でしたが、そのときは、2001年という未来はSFの世界だったんですね。
いまや、その2001年をはるかに超えています。
10代のころ、60歳になった自分というものを想像することはできませんでした。
「時代が下るほど、街そのものが劣化していく」とお書きになっていますが、齢を重ねるほど、人間が劣化していく(肉体的なことだけではなく)、という感じはあります。

| タラ坊 | 2012/02/14 18:33 | URL |

タラ坊さん

続編に「2010年~」というのがありましたね。我々は、本当に「未来」を生きています。私は前のアパートに2009年までいましたが、「やれやれしけた未来だぜ」と笑ったものです。そしてまた、そんな暮らしを楽しんでいました。あの部屋に戻りたいと、時々思います。
うーん、正直、歳ばっかりとりやがってこのガキが、みたいなのがいることも事実ですよね('A`) 歳を重ねるほどに、人格的成長に個人差が出てしまいますし、「劣化」を促すような出来事に出会ったりもするのでしょう。そんな中で、自分は大丈夫だろうかと反芻できる人は素晴らしいですね。

| イノテツ | 2012/02/15 00:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1138-945ca4f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT