きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3.11の切符③-2 関東鉄道竜ヶ崎線(カラー編)

BRTという言葉は便利だ。以前ならバス転換といっていたのをかっこ良く表現できる。震災を機に気仙沼線・大船渡線・山田線は廃止されてしまうのだろうか。「安上がりなんだし、どーせ客も少ないんだからバスでいいじゃん。なんで鉄道にこだわんの?」みたいなことが新聞1面のコラムに書いてあった。てめー購読打ち切んぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!
確かにもともとがひどい赤字路線だ。金と手間と時間をかけて復旧しても、とても採算はとれまい。だが、鉄道というランドマークを失った町が、急加速で衰退していく例を我々はたくさん見てきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_8199_20120323193852.jpg

前回、白黒写真で紹介した関東鉄道竜ヶ崎線。今回はカラー写真なわけだが、話が前回に続いているわけではない。よって、また竜ヶ崎駅にいる |∀・)

DSC_8206_20120323194225.jpg

レトロである。駅前の雰囲気も昭和の田舎町そのもの。
ちなみに地名は龍ケ崎市で、「ケ」も大文字で書くのが正式だ。私が隣の村に住んでいた当初は特に決まりがなく曖昧だったのを、後に大文字と正式に決めたんだと記憶している。

DSC_8217_20120323195822.jpg

駅に併設されている車両基地。車両基地ではあるのだが、所属は3両のみ。4.5kmの路線を単行で行ったり来たりする1閉塞なので、実際に動いているのは1両だけ、あとの2両は寝ている。1両だけ旧型車が残っていて、週に1度、週末に動くことになっている。

DSC_8245_20120323200328.jpg

それが、このキハ532。キハ532形という、この1両のためだけの形式だ。旧型とはいうが、製造は昭和56(1981)年で、そんなに古くはない。ただし、実は国鉄から仕入れたキハ20の車体を新しいのに載せ替えて「新車」と称している。これは関東鉄道の車両ではよくあること。キハ20は、私がいちばん好きな気動車なので、この来歴を知って、キハ532にも愛着がわいてきた。

DSC_8247_20120323201126.jpg

沿線は、基本的に田んぼだ。今の時季はちょっと絵にしにくいが、夏から秋にかけては見事な景色になることだろう。

DSC_8267.jpg

おおっ、サボが! と思ったらペイントだった('A`) まあ、運行区間はこれ以外にないので、ペイントで充分なんだろう。

今回は茨城県内をときわ路パスで廻ったのだが、竜ヶ崎線はフリー区間から外れているので要注意だ。TXが外れているのは商売上の都合ということで理解できるが、竜ヶ崎線に関しては謎だ。けれど、意外にも濃い路線だったので、また行ってみたいと思った。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 東日本大震災関連 | 20:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BRTはベーコン、レタス、トマトかと^^
まあ冗談ですが、新聞への怒り、いいっすね

正直なところ、地元からしてみれば鉄道は不便だから
というのもよく分かるし、車を使うなというわけには
いかず、どうしたらいいのかわかりませんが
無謀に怒っている人がいてもいいのではと思います

| アホキ | 2012/03/23 22:33 | URL |

アホキさん

本当は、怒りよりも寂しさを感じていました。ああやっぱり、世間の認識はこうなんだろうなという。中でも、「バスなら、津波がきてもすぐ逃げられるぜ」という話には説得力があり、正直、鉄道での復旧を声高にいうほど、鉄ヲタの戯言のようにも思えてきました('A`)
燃料電池によるLRTとか、JR北海道が開発しているDMVみたいなのが導入できれば、ローカル線を存続させ、かつ先進的な路線としてイメージアップできるかもとは思います。ただいずれも実用化にはいたっていません。被災3線が、その実験台になってくれたらなどと、不謹慎な妄想を抱いていたりもします。

| イノテツ | 2012/03/24 06:56 | URL |

関東鉄道竜ヶ崎線懐かしいなあ。JR乗り潰しに飽きてきて茨城県内の私鉄を蹂躙していた頃の話です。その時乗車したのがキハ532形のような気がしてきました。

>イノテツさん
不謹慎な妄想大歓迎です。被災地のガレキを輸送するためにJR貨物に譲渡する。三陸鉄道に譲渡して国から巨額の支援金を取り付けるなどなどいろんな策があろうかと思うのですが…

| まぶりん麻呂。 | 2012/03/24 07:46 | URL | ≫ EDIT

まぶりん麻呂。さん

すると、鹿島鉄道にも行かれたことでしょう。あそこもBRTになりましたね。つべの動画で見ましたが、やっぱりあれに乗りたいとか撮りたいとかは思わないわけです。胸ときめかせてくれた石岡駅が更地になったままなのが辛いです。常磐線ホームも、震災で傷ついてしまいました。

三陸の鉄路をつなげるためにできたのが三陸鉄道です。震災でダメージを受けても、その責任を全うしようとしているのに、JRにはしごを外されてしまった格好ですよね。JRとして維持できないなら、三鉄に移管するのは良い方法だと思います。中でも、釜石~宮古間の山田線は、移管してしまった方が分かりやすい路線図になります。もっとも、これには地元の覚悟が要りますが…。

| イノテツ | 2012/03/24 14:24 | URL |

車両基地の建物、いいですね。
こういう、木造の古びた建物、私は大好きです。
鉄筋コンクリートの建物だと、築50年くらいすると廃墟然としてしまいますが、木造だと味が出てきます。
骨董の世界でよく「風景ができてきた」という言い方をしますが、そんな感じでしょうか。
ちなみに私は、ベーコン・レタス・トマトのサンド、好きです。

| タラ坊 | 2012/03/24 17:01 | URL |

タラ坊さん

被災地を廻って感じたのは、古い木造建築が意外と無事だったということです。立派な屋根瓦が載っているような家屋や、駅前のビルなんかの方が壊れていました。ひたちなかの例だと、那珂湊駅の木造駅舎は無事でしたが、裏のレンガ倉庫は崩れてしまいました。車両基地の建物なんかは簡素なので、こうして味のある姿をとどめていられるのでしょう。

そういえば、ベーコンもレタスもトマトもあまり食いません。よくよく考えれば、洋食そのものをあまり食いません。決して嫌いではないのですが、昔からの習慣みたいなものでしょうか。

| イノテツ | 2012/03/25 03:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1158-a073c870

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT