きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素面で花見も乙なもの(1)

といって酒をやめたわけでは全くなく、飲んだくれる席を別に設けただけの話なわけだが |∀・) その席で、「そういえば自分、花見をしたことないです」と言われた。「いやいや、ブルーシート敷いて騒ぐだけが花見じゃないよ」と答えた。「ああいう場所はリア充の巣窟だしな」。花を見ることが花見なんです。花を見て綺麗だと思えさえすればね。そうじゃないのが、ブルーシートの上にすらいっぱいいるんだから。
どんちゃん騒ぎは苦手だ。酒を飲むのも二人とか、多くても四、五人程度、一目でメンバーが全員見えるくらいの範囲でしみじみやりたい。去年の花見はブルーシート敷いたけど、三人だった。

DSC_8620.jpg

なんてことで、今年は素面で、撮影しながらの花見となった。今年は開花が遅れたが、満開が週末と重なり、特に日曜は好天にも恵まれて、絶好の撮影日和だった。
ここは、以前にも紹介した大塚・空蝉橋のたもと。都内には、紹介されない桜の名所がたくさんある。ブルーシートが敷けないからだろう。こういう場所では、純粋に花を愛でたい。ただ残念なことに、都電と合わせて撮れるこの場所の桜は、終日日が当たらない。振り返れば連れ込み宿が聳えており、見事に日差しを遮っているのだった('A`)

DSC_8629_20120410215750.jpg

8800形がデビューした時、側面の塗装デザインを見て、「これはラッピング広告に対応したに違いない」と某巨大掲示板に書き込んだが完全にスルーされた。そのラッピング広告が、最近始まった。写真は8808だが、側面に違和感ない形でラッピングされている。「それ見たことか」と書き込もうとしたら、今度は巻き添え規制で書けないでやんの('A`)

DSC_8758.jpg

沿線を、飛鳥山へ向けて歩いていく。普段は庭木の一本としてすっかり埋没しているのが、この時期だけひときわ輝きを見せる。「おお、こんな処に桜が!」なんて今は喜んで撮ってるけど、花が散った頃にはまた綺麗に忘れて、庭木の一本に戻るんだよな。

DSC_8777.jpg

どれ、今日は、この写真を大きくしてみよう。ここは、撮影ポイントとしてはあまり知られていない踏切。このときも誰もいなかった。まっすぐな線路の向こうに、飛鳥山の桜が壁のように見える。大望遠を使うと、圧縮効果でそれを強調できるのだ。実際に飛鳥山に近づくと、この圧縮効果が狙えなくなってしまう。…なーんて偉そうに書いてるけど、私自身、この場所をみつけたのは去年の夏。桜の時期に来たらすげえだろうなと想像しつつ、その時期から最も遠いことに気付いて地団駄踏んだものだった。
このときは、滝野川一丁目、飛鳥山の2電停に、9002をメインとする4両が停車する理想的な図に遭遇、私の技術はまずかったが、まあいいことにした。

DSC_8779.jpg

踏切の遮断機が下りるのを見ながら、望遠レンズを通常のに付け替え、やってくる9002をすかさず撮影。うわ、なんて効率的w なお、系統板には「桜」印。最近の交通局はサービスがいい。

DSC_8784.jpg

この時期、みんなが桜ばっかりに注目するので、ユキヤナギがへそを曲げていた(ように感じた)。もちろんこちらも、見事な咲きっぷりだった。やはり、最も心躍るのは、どんなにひねくれようが春なのだ…というわけで、写真ネタがまだあるので、もう1回引き延ばします |∀・)(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 22:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

滝野川一丁目にあるトレインビューカフェを訪れた時には、飛鳥山の桜を狙うことは想定していませんでしたので驚きです。来年は望遠でこのアングルを試してみようと思います。

| まぶりん麻呂。 | 2012/04/11 06:00 | URL |

まぶりん麻呂。さん

おお、トレインビューカフェ。私もこの日、前を通りました。あそこなら見るだけでなく、音や響きまで体感できることでしょう。もっとも外のテーブルは一つなので、ちょっと運が必要かもしれませんね。
今回うpした踏切は望遠(ここでは300ミリ)が必要なためにあまり知られず、穴場のようになっているのかもしれません。うねうね曲がった路地の途中にあり、分かりにくいですが、ぜひ探してみて下さい。

| イノテツ | 2012/04/11 12:56 | URL |

300mmですか!マクロ付単焦点の中望遠レンズを購入してテレコン付けないと駄目ですね。サンニッパはもちろんですが、レンズを当分買う金銭的余裕がないので、手持ちの70-200mmにテレコンを付けることも最近検討しています。花の写真が好きなので是非ともマクロ付が欲しいのですが、キャノンマウントでおすすめありますか?以前愛用していたシグマの90mmが懐かしいです。

| まぶりん麻呂。 | 2012/04/11 13:28 | URL | ≫ EDIT

4枚目の踏切のところの写真はなんだかすごいですね。
手前の桜の花びらが落ちた線路もいいです。
その時季だけ存在感を示す木として、ほかに金木犀がありますね。秋になってその香りが周囲に漂いはじめると、その存在に気づくけれど、香らなくなるとまた忘れてしまいます。

まぶりん麻呂。さん、私も以前は花の写真ばかり撮っていました。そのときもっぱら使っていたのが、シグマの90ミリマクロでした。

| タラ坊 | 2012/04/11 17:01 | URL |

まぶりん麻呂。さん

200mmあれば大丈夫、充分圧縮効果も狙えますしね。で、後でトリミングしちゃえばいいのではないでしょうか |∀・) テレコンは昔使ったことがあるのですが、ピントが合いにくくなったり画質が落ちたりがイヤで、結局持ち歩かなくなってしまいました。今だと、もっといいのが出ているんでしょうか。
すみません、キャノンのことはよく分かりません。私もまだまだペーペーです('A`)

| イノテツ | 2012/04/11 22:26 | URL |

タラ坊さん

金木犀の香りに季節を感じていると、子供が「あっ、便所の匂いだ!」と言って通り過ぎたという、あの話が頭を離れませんw うちの近所にも何カ所か植わっている場所があるのですが、花の時期以外はどこへ行ったやら、全く思い出せません。
マクロレンズは私も欲しいですね。通常のだと、何しろ寄れないので。高山植物なんかは小さいのが多いので、特にそう思います。

| イノテツ | 2012/04/11 22:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1169-d4cc1396

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT