きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾の鉄道

なんだかごぶさたしてしまいました。今は台湾の東海岸の花蓮というところにいます。

台湾はご存知のように島をぐるりと鉄道が一周してます。主要な都市は西側にあり交通量が多く鉄道は電化されています。一方東側は閑散としていて結構古い車両が走ってます。

花蓮は東海岸の主力な都市ですが、電化と非電化区間の分かれ目になっており、いろんなタイプの列車をみることができます。

日本の特急に相当する自強号は二種類あり、電化区間用の流線型電車と非電化区間用のディーゼルカーがあります。


RIMG3777s.jpg
ディーゼルタイプの自強号

急行列車に相当するきょ光号は客車を機関車が牽引しています。こちらは電化区間も非電化区間もディーゼル機関車が牽引してます。電気機関車もあるのかもしれませんが私は見ませんでした。



RIMG3898s.jpg
ディーゼルのきょ光号


また鈍行列車も同様に非電化用と電化区間用があります。

RIMG3297s.jpg
ディーゼルの鈍行列車


今は日本でいうと5月から6月ごろに相当し、晴れるとかなり暑くなります。また蚊などの虫も多く待ち時間は蚊取り線香が欠かせません。

蚊取り線香を使わずにいたら、左手だけで50数カ所喰われてました。やはり亜熱帯ですね。

ディーゼル機関車が牽引する?光号や鈍行列車はなかなか味があります。とくに鈍行列車の客車の扉は手で開け締めする方式で、最後尾はデッキから後ろがそのまま見えます。座席はクロスシートで柔らかく、意外と座りごこちは快適でした。


RIMG3729s.jpg
扉は手で開け閉めする


RIMG3731s.jpg
隙間だらけの連結部
(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ディーゼルのきょ光号、なかなか味がありますね。
古いものが切り捨てられ、なんでもかんでも新しいものだらけの日本の風景の「軽さ」に比べ、風景に「重み」と「風格」が感じられます。

| タラ坊 | 2012/04/22 13:27 | URL |

このDL客車列車かっこいいですね。津軽鉄道を思い出しました。あそこは客車2両編成ですが('A`) そういえば昔、友人が台湾に行ったときも、さっさと東海岸に移動したそうです。彼曰く、「台北はきれいなねえちゃんが多かったが、それ以上の印象はない」とのこと。私も、東海岸に行ってみたいですね。
蚊が媒介する南方系のやばい伝染病とか、台湾が北限だったりします。これからさらに南に行かれるでしょうから、蚊にはお気をつけください。

| イノテツ | 2012/04/23 22:02 | URL |

タラ坊さん

最初西のほうから回っていたんですが、東のほうが味がありますね。
もっと早く来ればよかったと思ってます。どこの国でも同じですが人が多いところはどうしてもビジネスライクになりがちで、あまり大きくない街のほうが楽しいです。
毎度同じようなことを書いてますが、新しけりゃいいってもんじゃないですよね!
古いものと新しいものを同居させればいいのに捨ててしまうものだから、軽薄なものになっている気がします。



イノテツさん

きょ光号(ちゃんと漢字あるんですがwindowsだと表示されません)は結構長大編成で、人もたくさん乗ってます。料金がそんなに高くなく座席の間隔は広いし快適です。
日本でもこれくらいの料金設定でこれくらいの車両だったらもっと利用客が増えるんじゃないかと思いました。
女性は花蓮や高雄のほうがきれいな気がするんですが...まあ好みかなぁw
たしかに蚊には気をつけないといけないと思っているんですが、刺されるときはどうしようもないというか50箇所もさされると麻痺してしまいますねw
ご心配ありがとうございます。

| アホキ | 2012/04/23 23:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1174-eaee8d49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT