きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012年春、鎌倉<その③>

さて、久しぶりに材料を集めてきたので、鎌倉ネタで3回も引っ張ってしまったが、今回で最終回である。
前回、鎌倉駅にほど近い妙本寺に寄った話を書いたが、そこから再び鎌倉駅に戻ってきて、江ノ電鎌倉駅のホーム際(窓から江ノ電のホームが見える)にある「café RODINO」という喫茶店に入った。このところ鎌倉へ来るといつもここで昼を食べていて、今回もここで、ツナとトマトのスパゲッティー(コーヒー付きで650円)を食べ、昼にした。しっかりしたケチャップ味が、私好みだ。
お腹が落ち着いたところで、満開の桜並木の続く若宮大路から鶴岡八幡宮を経て、イノテツ氏らと待ち合わせている北鎌倉駅へ向かって歩いた。

北鎌倉駅①

北鎌倉駅②

北鎌倉駅の周辺も桜の花で彩られていた。
約束の午後1時半、イノテツ氏や出版社の人、それに訪問先の人と改札口で落ち合い、訪問先の人に案内されて、円覚寺の先から細い山道に入り、六国見山方向に向かう。
落ち葉の堆積した道はフワフワで、これも久しぶりに味わう感触だ。
しばらく行くと、畑が広がるところに出る。
その一角に訪問先の人の所有する畑があり、そこを訪ねるのが今回の鎌倉行きの目的であった。

畑

その畑では、無肥料、不耕起、草生の自然農が実践されている。
有機農法の場合だと鶏糞に藁を発酵させた堆肥を使ったりするが、そこでは、そういったものもいっさい使わず、野の草と土中の微生物に養分供給を任せた野菜づくりをしているという。
そうした自然農に関してはいくつか類書があるので、どういう切り口で、この北鎌倉の地で実践されている野菜づくりを本としてまとめるかが検討課題として残ったものの、それはともかくとして、久しぶりに気持ちの好い1日を過ごせた。
後日、その畑で摘んできた土筆やスギナ、椎茸などで炊き込みご飯をつくり、それをおにぎりにした。

おにぎり

せっかくなので、ワイルドな雰囲気にしようと、家の小さな庭の草むらに、おにぎりをのせた竹かごを置いて写真を撮ってみた。
土筆は中に埋没してしまって見えないのが残念だ。
なお、ニンジンだけはスーパーで買ってきたものである(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:11 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

私は、あの方に大変共感し、ああいう考え方が、より多くの人と共有できればいいなと強く思いました。今回の版元にもすでに類書があり、それは具体的な栽培方法を作物別に述べたものです。その著者も、大規模にやっているわけではない点が似ています。
日本の農業が外国と渡り合うには大規模化しかないと思っていましたが、もうそういう時代は終わったんだと、考えが変わりました。そもそもその方向では、こんな狭い国土でかなうはずがありません。これからは個人とか家族、近所レベルの範囲で自給するための耕作というのが増えていくのかもしれません。アメリカとか農協とか、それを許さない勢力はあるでしょうが。

ぽってりしてて、おいしそうなおにぎりですね。土筆は苦労して採取、下処理しても、調理するとしぼんでしまうんですよね('A`) 根菜類の栽培は素人には難しいです。私も、二十日大根くらいしかやりません。

| イノテツ | 2012/04/23 22:26 | URL |

イノテツ様

私も共感する部分が多かったです。
確かに、アメリカと同じようなことをやっても日本は勝てるわけがないですから、日本は日本ならではのもの、新潟魚沼産のコシヒカリとか、サクランボの佐藤錦とか、大規模農法ではできないものをやっていくか、イノテツ氏が言われるように、近所レベルの範囲で自給するための農業という形でしか生き残っていくことは難しいかもしれません。
その近所レベルの範囲ということをひとつのコンセプトに、日本の明日の食を考えるヒントを提示できるような本にしたらどうだろうかとか、あれこれ考えていますが、まだ考えがまとまりません。
椎茸は美味しかったですね。ただ椎茸の風味に負けてしまって、土筆は美味しかったんだかどうか、もうひとつよくわかりませんでした。
スギナはその歯ごたえで存在感を主張していました。

| タラ坊 | 2012/04/24 16:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1175-64b93f52

TRACKBACK

まとめtyaiました【2012年春、鎌倉<その③>】

さて、久しぶりに材料を集めてきたので、鎌倉ネタで3回も引っ張ってしまったが、今回で最終回である。前回、鎌倉駅にほど近い妙本寺に寄った話を書いたが、そこから再び鎌倉駅に戻ってきて、江ノ電鎌倉駅のホーム際(窓から江ノ電のホームが見える)にある「caf

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/02 04:01 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT