きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平渓線

RIMG6913s.jpg


台北から東に一時間ほど行くと内陸に向かって短い路線があります。平渓線という名前の通り、それほど深くない渓谷にそって線路が敷かれています。沿線は滝や森、川など自然が豊かでほっとします。

RIMG7024s.jpg


街並みもいい感じで古く、屋台村みたいな食べ物屋が並んでいます。線路と人家が近く、軒先すれすれのところもあります。列車はディーゼルかーでのんびりゆっくり。

RIMG5517s.jpg

一応通行禁止の看板はありますが、住民は平気で線路を渡っていきます。線路脇で写真を撮っていたらおばさんがニコッと笑って線路の向こう側へ渡っていきました。子供たちが線路の上で遊んでいたり、 観光客も待ち時間に線路におりて写真を 撮ったりしています。駅員も列車がこないときは、見て見ぬ振りです。
走っているのが一時間に一本程度のゆっくりしたディーゼルカーだからでしょうが、線路と直接触れあえる場所があるのは今となっては貴重です。
平渓線は乗り放題の一日券があり52元( 150円くらい)と格安で丸一日楽しめます。(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:37 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

平渓線という名前は聞いたことがあります。おそらく、鉄道雑誌に載っていたのでしょう。首都から一時間、渓谷を行く盲腸線といえば青梅線! ですが、様子は大分違うようです。沿線の植生にすでに東南アジアを感じさせますね。見るからに湿度が高そうなのも、一層雰囲気を出しているようです。山に入り、自然に親しむこともできそうです。
線路すれすれに店を出すとか、日本では望むべくもありませんが、せめて車両だけはどうにかしろよと、今回の写真を見て、改めて思いました。青梅~奥多摩間の区間運転用が、なんで重通勤路線用のE233系なのかと。もうちょっと観光客に気を遣うべきですね。

| イノテツ | 2012/05/02 07:07 | URL |

ちょっとわたらせ渓谷鉄道みたいでいいですね。
鉄道と人との関係の密接感というか、おおらかさにうらやましいものを感じます。
そのおおらかさは、何かあっても「自己責任」で、日本のように他に責任を転嫁しないというところからきているような気もします。
それはそうと、イノテツ氏のコメントを読んでいて、ああ、そうか、私が奥多摩方面にあまり足が向かないのは、青梅線のつまらなさに、もしかすると起因しているのかもしれないと思いました。

| タラ坊 | 2012/05/02 09:38 | URL |

イノテツさん タラ坊さん

距離的にはまさに青梅線という感じです。私も青梅線はいまいちで、いわれてみれば確かにあの電車のつまらなさはありますね。非電化でディーゼルかーなんかがはしっていたらもっと足が向いた気がします。あと、何度も言って申し訳ないですが、料金が高いっす。アジアや東ヨーロッパを旅すると日本の鉄道料金はぼったくりバーのように思えます。

| アホキ | 2012/05/03 09:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1177-c89a07ee

TRACKBACK

まとめtyaiました【平渓線】

台北から東に一時間ほど行くと内陸に向かって短い路線があります。平渓線という名前の通り、それほど深くない渓谷にそって線路が敷かれています。沿線は滝や森、川など自然が豊かでほっとします。街並みもいい感じで古く、屋台村みたいな食べ物屋が並んでいます。線路と人...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/02 04:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT