きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関東鉄道常総線・取手~寺原間を歩く(1)

正月に帰省したとき、父にもらったインゲンの種がようやく芽吹いた。3週間くらいかかったし、発芽率も悪かった。このGWの帰省でこの話をすると、実家でも同様だったらしい。寒冬と遅い春の訪れが、家庭菜園にも影響しているようだ。今回は、苺の苗とオクラの種をもらった。一方で茄子とピーマンの苗を買った。各65円。都会でこの値段は有り得ないよね。
なーんて平和な話ではあるのだが、実家の村は茨城のホットスポット。先日、地元産の椎茸とタケノコが放射線基準値を超えたと役所から発表されて、騒ぎになっているようだ。しかし、原発事故からすでに一年。そういう情報のなかった去年の春もタケノコ掘って食ったわけだし、絶対去年の方が濃ゆかったんだから、今さらビビったってもう遅い。まああれだ、年寄りは症状が出る前に寿命が来るらしいから心配いらんぞ…というわけで、今年もタケノコ掘って食った |∀・) 掘りたては、多少のセシウムなんぞ屁とも思えなくなるほど旨いのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな帰省の足で、今回は関東鉄道常総線の沿線を歩いてみた。
常磐線の取手から分岐する常総線は、旅客線としては、東京から最も近い非電化路線だ。それだけに、非電化とはいえ、通勤路線としての体裁を整えている。

DSC_9293.jpg

取手駅西口である。右下のバスが、実家方面へ行く系統だ。子供の頃は谷田部行きだったが、TXができて、大半が守谷行きに変わった。それにしても寂れた('A`) 休日の昼間だというのに人影が疎らだ。かつて、このパチンコ屋の場所は西友だった。東急ストアや、東口にはイトーヨーカ堂もあって賑わったものだった。

DSC_9301.jpg

取手の衰退は常総線の運行にも響いている。かつて普通にあった4両編成はすでになく、現在は2両か単行で運行されている。減車されたというものの、昼間でも毎時3~4本の運転本数が確保されているのは立派だ。

DSC_9303.jpg

長いこと近くに住んでいたのだが、この区間を歩いて撮ったのは初めてだったと思う。田舎でも都会でもない中途半端な風景しかあるまいと思っていたが、意外と味わいがあるのだった。ここは非電化で複線という、全国的にも珍しい区間。架線がないので上から撮ってもすっきりしており、同じ複線でも、電化路線より広々して見える。

DSC_9316.jpg

常総線は、国道294号と並行して、しばらく取手の市街地の中を走る。市街地とはいうが、都会のそれよりゆったりしており、緑も多い。

DSC_9329.jpg

取手は起伏の多い地形で、これが発展を妨げてしまった部分もある。そこを、精一杯都会ぶった気動車が過ぎていく。一見、電車と変わらない姿だ。
常総線が電化されなかったのはローカル線だからではなく、柿岡の地磁気観測所(石岡市)の存在のせいで、直流電化ができなかったからだといわれている。TXの場合も、守谷から先は交流電化なのだが、交流は金がかかり、地方私鉄の手に余るのだ。茨城の鉄道網が貧弱なのは、この観測所のせいとみて間違いないが、長年にわたり同じ場所でデータを取る必要があるんだそうで、移転もできない。設置当時はそんな心配は無用のど田舎だったのだから、文句ばかりも言えない。
直流電化が実現していれば、常磐線の15両編成のうち付属5両を常総線に直通させ、守谷や水海道まで乗り換えなしで行ける。そうすればTXと勝負ができるし、取手もここまで衰退しなかったろうなとか妄想している。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 沿線散歩 | 14:14 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

以前、水海道にあるお寺の住職の本をつくったとき、何度か、取手経由で関東鉄道常総線に乗ったことがあり、取手で途中下車してお昼を食べたこともあります。
あの頃は確か東急ストアがあったような気がしますが、今はもうないんですね。
それでも写真を見ると、ミスドはありますね。
取手あたりだと、商圏としては広いものがありながら、ちょっとした買い物は都心か柏や松戸あたりに出てしまうでしょうから、商売はやりにくいんだろうなと思います。そのあたりが、地方の中堅都市の衰退につながっているような気がします。

| タラ坊 | 2012/05/02 09:55 | URL |

タラ坊さん

そう、ミスタードーナツは残っていますね。この店は古いんです。私は生まれつきの貧乏人なので、バスを待つとき、すぐ脇にあるこの店をいつも眺めながら、でも入ったことは一度もありませんでした('A`) このバス系統も、当時と比べると、通勤時間帯なんか半減していますね。
茨城県人にとって、取手は憧れでした。規模こそ小さいですが、柏に負けない賑わいがありました。それが衰退したのは、車社会に適応できなかったからだといわれています。古い街で、駐車場が貧弱なのです。守谷には地図に載るような市街地がありませんが、それは、それぞれの店が巨大な駐車場を備えているからです。各データでポジティブなランキングの上位を占める守谷ですが、その街並を実際に見ると、味わいらしきものはありません。車がなくては見てまわれない街というのが、そもそも不自然だと感じます。

| イノテツ | 2012/05/02 15:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1178-d9233e46

TRACKBACK

まとめtyaiました【関東鉄道常総線・取手~寺原間を歩く(1)】

正月に帰省したとき、父にもらったインゲンの種がようやく芽吹いた。3週間くらいかかったし、発芽率も悪かった。このGWの帰省でこの話をすると、実家でも同様だったらしい。寒冬と遅い春の訪れが、家庭菜園にも影響しているようだ。今回は、苺の苗とオクラの種をもらっ...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/02 04:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT