きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(続)検見川神社参拝記

前回、検見川神社を訪ねた話を書いたが、そこへ行くとき、幕張駅と新検見川駅の間で川を渡るところがあった。なかなか雰囲気がよかったので、帰りに寄ってみることにした。
検見川神社からいったんJR新検見川駅に戻り、駅構内にあったベーカリーカフェでひと休みした後、検見川神社とは反対側に出て、線路際の道を幕張駅方向に向かう。
途中、少し線路から外れてしまうところもあったけれど、ふたたび線路際の道に戻ってくると跨線橋が架かっているところがあった。

跨線橋

左側に見える小高い緑が検見川神社の杜だ。
さらに進んでいくと、車窓から見えた橋に出た。橋の袂に「花見川」と書かれてあった。

花見川

朝から昼過ぎにかけては快晴に近かったものの、夕方近くなって大分雲が広がってしまった。
この川を渡ったのは、幕張駅を出てすぐだったから、ここまで来れば幕張駅が近いはずだ。そう思ってさらに線路際の道をいくと、「薬湯・サウナ・銭湯鈴の湯」という案内表示が道端に出ていた。
へぇー、こんなところに銭湯があるのかと思って、→の方向に道を入っていくと、煙突が見えた。

銭湯

お湯はいささか熱かったものの、入れないほどではなかった。
全体に構えは古びていたが、掃除が行き届いていて、風呂場も脱衣場もきれいだ。
知らない街で、こうして、まだ明るいうちから銭湯に入っていると、なんだか旅先にいるような気分になる(タラ坊)。

スポンサーサイト

| 未分類 | 16:00 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

趣のある銭湯ですね
古くても掃除が行き届いていれば
気持ちがいいもんですね

| アホキ | 2012/05/18 01:32 | URL |

土地勘がなく、検見川と聞いてもどの辺かピンときませんが、花見川というのは懐かしい響きです。かつて花見川区に住んでいたことがあります。川そのものの記憶は少ないですが('A`)
知らない土地を訪ねて土地の雰囲気を感じるには、歩く、私鉄やバスに乗る、チェーンじゃない店に入るみたいなことが効果的でしょう。そういう部分、銭湯は最高ですね。全裸になってその土地に乗り込む感覚ですから、全身で雰囲気を体感できます。以前銭湯巡りをしていた頃も、それを味わうのが目的でした。
平日の明るいうちに銭湯に行ける機会は稀ですが、そんなときの背徳感みたいなのもまたいいものなのです |∀・)

| イノテツ | 2012/05/18 11:25 | URL |

アホキ様

結構雰囲気のよい銭湯でした。
東京あたりだとビル銭湯が多く、いわゆる銭湯建築が今も残るのは北千住とか南千住周辺ぐらいだそうですが、この銭湯の外観もなかなか赴きがあります。
銭湯はやはり清潔感が一番ですね。

| タラ坊 | 2012/05/18 16:37 | URL |

イノテツ様

私も、新検見川にしても幕張にしても、降りるのは今回がはじめてでした。
花見川というのは印旛沼の水を東京湾に流すために人工的につくられた川だそうで、印旛沼放水路というのが正式な名称だそうです。
山歩きに温泉が欠かせないのと同じように、街歩きに銭湯は欠かせないアイテムのひとつですね。

| タラ坊 | 2012/05/18 16:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1185-08b0b6b7

TRACKBACK

まとめtyaiました【(続)検見川神社参拝記】

前回、検見川神社を訪ねた話を書いたが、そこへ行くとき、幕張駅と新検見川駅の間で川を渡るところがあった。なかなか雰囲気がよかったので、帰りに寄ってみることにした。検見川神社からいったんJR新検見川駅に戻り、駅構内にあったベーカリーカフェでひと休みした後、検...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/19 02:59 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT